本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

M&A支援機関 申請書類見本 プレゼント

ということは、このレベルの申請書類でいいってことですね。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
2021年9月16日(木)16:41に、【M&A支援機関登録事務局】から、
「M&A支援機関登録制度」への登録完了通知」が届きました。
これで晴れて、株式会社ネクストフェイズもM&A支援機関となったわけです。

募集開始となったのが、8月24日(火)。翌日の25日とかなり早くに登録申請した結果、「通し番号」は「17」番となりました。

申請書類の見本をプレゼントします

今回のM&A支援機関の登録にあたっては、ブログやメールマガジン、YouTubeで積極的に情報を発信してきました。
その情報を見た多くの士業・コンサルタントの方から、
M&A支援機関に登録したいのですが、「事業概要書」と「料金表」の作り方がわかりません
という相談をいただきました。

そこで今回、ネクストフェイズが登録申請にあたって提出した「事業概要書」と「料金表」の見本をプレゼントさせていただきます。

「えっ、この程度でいいの?」と驚くようなレベルですが、それでもよろしければ参考にしてください。

【ネクストフェイズ コンテンツプレゼント】ページからダウンロードしていただけるようにしました。こちらからお申し込みいただけます。
 

M&A支援機関登録制度について

【M&A支援機関登録制度】については、8月16日(月)のブログ
【【速報】M&A版認定支援機関の登録受付が2021年8月中旬から開始】
にて詳しく説明していますので、そちらをご参照願います(動画でも解説しています)。
 

 
また、申請方法については、8月26日のブログ【【速報】【M&A支援機関登録制度】募集開始となりました】で解説していますので、それぞれご参照願います。
 

今回のM&A支援機関登録制度の公募期間は令和3年9月21日(火)まで

M&A支援機関の登録制度は今回はじまったばかりです。
第1回の募集期間は9月21日(火)までとなっています。
「M&A支援機関には制度開始当初から登録しています」とアピールすることができれば、M&Aアドバイザーとしてブランドにすることができるでしょう。

今回プレゼントする「事業概要書」と「料金表」を参考にして、当該資料を作成し、法人なら「履歴事項全部証明書」、個人なら「住民票」(いずれも発行3ヶ月以内のもの)さえ用意出来ていれば、15分もあれば登録申請できます。

あと4日間しかありませんが、4日もあれば登録申請には十分間に合います。
是非、第1回の募集で申請していただければと存じます。
 

ネクストフェイズのメールマガジンで最新情報を入手してください

中小企業に有益な情報をいち早く提供しているのが、ネクストフェイズのメールマガジンです。

ネクストフェイズのメールマガジンでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の影響等で資金繰りに悩む顧客に伝えたい最新情報、借りたいときに借りられる企業になるための金融機関とのつきあい方などを中心にお送りしています。

中小企業経営者・個人事業主など顧問先へのアドバイス、見込み客に対する自然なアプローチトークにお役立ていただき、「頼りになる」「信頼できる」「新規客を紹介してもらえる」「営業の要らない」士業・コンサルタント
として、多くの事業者への貢献にお役立てください。

※ネクストフェイズのメールマガジン
【「依頼を確実に引き寄せる繁盛士業への道」メールマガジン登録】

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る