本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

初対面の相談者との会話をはずませるには

こんにちは。ヒガシカワです。

 

知り合いから「相談に乗って欲しい人がいるのだけど」と紹介されて、相談されるということは、士業という仕事をしていれば、たまにある話です。

でも、初対面の方とは、なかなか話がはずみません。

話をはずませることができなければ、場の雰囲気はよくならず、当然、仕事への依頼にもつながりません。

 

相談者との会話をはずませるために大事なことは「話すこと」ではなく「聞くこと」なのです。

会話のイニシアティブをとることができれば、どんどん会話ははずんでいきます。そのキーワードとなるのが「聞く」ということです。

本当に会話が上手な人は、「はい。なるほど。そうですね」の3言だけで会話を成り立たせることができます。もちろん、少しニュアンスを変えたり声の抑揚やトーンをかえたりはしますが、本当に3言だけで長時間の会話を成り立たせます。

そして会話が終わったときに、相手からこう言われます。

「○○さんは話が上手だね」と。

話上手は聞き上手ということの典型的な例だと思います。

 

積極的に「聞く」ことで、会話の中から相手の本音をつかむこともできます。

面談をするときに一番行ってはいけないことが「売り込み」です。

 

いくら仕事の依頼が欲しくても、言葉の端々に「顧問契約してほしい」感がでていれば、相談者は敏感にそれを感じ取ります。

売り込まれていると思って、次からの面談を敬遠されてしまうかもしれません。

 

この前、相続で悩んでいる方と話をしているときに、

「弁護士や税理士、司法書士など多くの人に相談したけれど、満足できる対応をしてくれる人に全然あわなかった」

と言っていました。

その理由を聞いたところ、

「彼らは皆、『自分の知っていること』ばかりをしゃべって、満足に私の話を聞いてくれなかった」

ということでした。

 

相手の話をじっくり聞いて、相手の本音をつかんでから提案するほうが、信頼につながります。

そして、会う回数が増えれば増えるほど、相手との信頼関係は深くなるので、仕事の依頼が欲しい場合は、1度ですむことを2度3度にあえて分けることで訪問回数は増え、依頼につながる確率は上がります。

もちろん、相手が急いでいるときは一度で解決策を伝えなければいけません。

相手の希望に沿って初めて、よい関係が構築できるのですから。

 

それではどうすれば「聞き上手」になれるのか?

それは、また次回お伝えさせていただきます。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る