勉強会に参加して、紹介を引き寄せる方法

異業種交流会ではなく勉強会というのが重要です。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
私が独立してから2年半は、仕事があまりなく、赤字が続いていたということは、
今まで何回もお伝えしてきました。
その2年半の間、主にしてきたことは、
自分が、いかに「融資に強い」ということアピールしまくる
ということでした。

「カネ無し」「人脈無し」「資格無し」「経験無し」の4無し状態で独立したため、
独立当初は顧客を獲得する術が全くありませんでした。
もともと金融機関に勤めていて、現場でバリバリ働いてきたので、
「融資に強い」という自負はありましたが、誰もそれを知りません。

「資金調達コンサルタントです」と名乗っても、
ただの「胡散臭い、自称コンサルタント」としか見てもらえませんでした。

せめて、資格でもあれば、説得力が増したのでしょうが、資格のない私には、どうするすべもありません。

とにかく、
ヒガシカワは、融資に詳しいのだな
と多くの人に認識してもらう必要があることを感じたため、自主セミナーを行うことにしました。

当時、貸し渋りや貸し剥がしがとても横行し、それに翻弄されている中小企業が多かったため、
「貸し渋り、貸し剥がしにあわないために」
というテーマで、週に1回、1年間は続けようという決意でセミナーをはじめたのです。

最初のセミナーでは、10人の参加者がありました。
受講料が1,000円、会場費が4,600円でしたので、5,400円の黒字でした。
当時の私にとって、5,400円の黒字は、とても大きなものでした。

セミナーをした経験はほとんどなく、内容も洗練されたものではなかったため、
そのセミナーから相談はありませんでしたが、そのときは満足感を覚えていました。

翌週の自主セミナーは、受講者がありませんでした
心が折れかけましたが、
1年間は何があっても、セミナーを毎週続ける
と決めていましたので、何とか、その次の週も続けました。

翌々週は、3名。その次の週は2名と、赤字が続きました。
「なかなかうまくいかないな」
と落ち込んでいたところ、セミナーの受講者の行政書士の方から、
うちの勉強会に参加しませんか。
と誘われました。

その勉強会に、何度も参加して、多くの士業の方々と知り合いになれました。
何度も接していると、お互いのことがよくわかってきます。
この人は、元金融機関出身で、融資に詳しい人なのだな
という認識を持ってもらうことができました。

その勉強会に5回目ぐらいに参加したときに、主催者から
うちの勉強会で、融資に関するセミナーをしてもらえませんか。
というオファーがあったのです。

講師料はなかったものの、自分で集客をせずに、多くの人の前で話をする機会を
もらえるということで、一も二もなく、その提案に飛びつきました。

その勉強会の参加者は20名ほどでした。
その勉強会で話をする頃には、すでに30回以上も、同じセミナーをしていたため、
話し方や内容も、だいぶこなれてきていました。

20名という大人数(当時の私にとっては、20名でも大人数だったのです)の前で話をするのは、
初めてでしたが、渾身の力を振り絞り、会心のセミナーができました。

セミナー後、ありがたいことに、受講者の税理士から、
私の顧問先の経営者が、今、金融機関からの融資がうまくいかず困っているのですが、
相談に乗ってもらえませんか。

という相談をいただいたのです。

まさか、そのような展開になるとは思っていませんでしたが、チャンスだと思い、引き受けました。
資金調達のサポートをした結果、難なく融資してもらうことができたのです。
それまで、その経営者は、取引金融機関との折り合いが悪く、
なかなか融資してもらえていませんでしたが、私が手伝ったことで、スムーズに進んだため、
とても、感謝してくださいました。

そして、少額ながらも顧問契約につながったのです

勉強会に何度も参加し、自分のことを知ってもらうことで、
その参加者や、その参加者の知り合いから相談してもらえるようになる
ということを知りました。

そこから、士業が多く参加する勉強会に積極的に参加するようになり、そういった勉強会で、
講師を務めさせてもらう機会を増やしていきました
そうすることで、参加している士業の方々から、クライアントの相談をいただける回数が増えていき、
それに伴い、顧問先も増えていった
のです。

勉強会に何度も参加することで、同じように何度も参加している方との距離が縮まります。
そこで、講師を務めることが出来れば、更に自分の得意業務についてのアピールができます。
その結果、相談件数が増え、それに伴い顧問先数も増えることになります。

異業種交流会では、このようなチャンスは、なかなか手に入れることはできませんが、
勉強会なら、このような道筋を作っていくことはできると思います。

紹介を引き寄せたいのであれば、
士業やコンサルタントが参加する勉強会に何度も出席されることをお勧めします
もし、そういう勉強会がないのであれば、
自分で、勉強会を主宰するのも、ひとつの方法だと思いますよ。


異業種交流会ではなく、勉強会への参加を勧める理由は、
異業種交流会に参加している方は、自分の話ばかりする人が多いが、
勉強会に参加している人は、相手の話を聞こうとしている人が多い

からです。

自分の話ばかりする人は、参加の目的が「売り込み」ですので、
相手に対しての関心をはらっていません。こちらのことを知ろうとしないのです。
なので、相談や紹介につながることはほとんどありません

しかし、勉強会に参加される方は、参加の目的が「学ぶ」ということですから、
人の話に、よく耳を傾けてくれます
こちらのことを、知ろうとしてくれるため、相談や紹介に繋がることが多いのです。

すなわち、勉強会に参加する方が、異業種交流会より、紹介を引き寄せやすいのです

そんな、勉強会で紹介を引き寄せるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 11月1日(木)、2日(金)、5日(月)、20日(火)、22日(木)、23日(金)
 
(大阪) 11月7日(水)、8日(木)、27日(火)、28日(水)、30日(金)、12月3日(月)
 
※12月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

藤堂武久弁護士/中小企業診断士インタビュー【5】 「ダブル資格の活かし方は?」

東京都千代田区で独立開業している藤堂武久さん。 弁護士であ...

顧客獲得に繋がる5種の人脈

独立を考えているのなら人脈の棚卸は必要ですね。 こんに...