本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

捨てる勇気とやめる勇気

何かを捨てなければ、新しいものは手に入らない。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
売上の増えない士業の共通点」の一つに、「日々の忙しさを理由にしている」というものがあります。

売上が上がらない状態の時は、心がとても不安になります。
なので、スケジュール帳を埋めることで、心の安寧を求めます。
その結果、「する必要のない仕事」や「単価の低い仕事」の割合が増えてきます。
バタバタしているけれど、貧乏」という、いわゆる「バタ貧」の状態になってしまうわけです。

独立当初は、それでもいいかもしれません。
単価が低くても、売上が上がれば、何とか食べていくことはできますので。
でも、その状態が続くと、「食べてはいける」ものの、余裕がないため、
「心が渇いてくる」ようになります。

「今の状態を続けていてはいけない」とは思うのですが、確保できているわずかな売上を
失うことが怖くて、「バタ貧」状態を続けてしまうという方は、少なくありません。

バタ貧状況から抜け出すために必要なことは、「捨てる勇気」と「やめる勇気」です。
今までと同じことを続けていても、新たな売上には繋がらないですから、
売上を増やすためには、新たな試みを行う必要があります。

新たな試みを行う上で重要となるのが、「時間を増やすこと」と「とりあえずやってみなはれ精神」。
時間は有限ですので、1日24時間以上増やすことはできません。
でも、使える時間は増やすことができます。そのためには、今、持っている仕事や作業、習慣を
捨てること、やめることが必要です。
単価の低い仕事に使っても、単価の高い仕事をとるための準備に使っても、1時間は1時間。
なので、まず、「何を捨てるか」「何をやめるか」を考えます

それらを考えるためには、「自分が大切にしようとしている価値観」という「軸」を
持っておく必要があります。
「儲かる」「儲からない」というのも、価値観ですし、「役に立つ」「役に立たない」というのも価値観。
私の場合は、「面白い」「面白くない」という価値観で判断しています。

私にとっての「面白い」とは、「それが他の人がしていないような新たな試みになっているかどうか」
というのが、そうです。

その軸に照らし合わせると、捨てるべき・やめるべき業務が速やかに判断できます。
そこから浮いた時間を「新しい試み」を行うための準備に使うのです。

保守的な思考をしている人は、「新しい試み」を行おうとしませんし、勧めません。
「どうせやっても無駄だから」とか「新しいことをするのはリスクが高い」と言って、
新たな試みを起こさない方向に持っていきます。

とりあえずやってみて、失敗すれば、その経験を活かして、ちがうアプローチでとりあえずやってみる。
この繰り返しを行うことにより、「新たな試み」が「成功する結果」=「売上の増加」につながるのです。

「捨てる勇気」と「やめる勇気」をまず、しっかりと持つことで、「使える時間」を増やす。
その時間を使って、「とりあえずやってみる」。
これこそが、バタ貧にならないための唯一の方法ではないかと思っています。


「バタ貧」状態から脱出するためには、誰でもできるような価格競争に巻き込まれ易い業務から、
付加価値の高い業務に移行する必要があります。

「経営者が今すぐにでも解決したい経営課題」を解決出来るようなノウハウこそ、付加価値の高い
コンサルティング業務となります。

そんな付加価値の高いコンサルティング業務のできる「融資に強い専門家」になるためのヒント
手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

(東京) 12月25日(月)、26日(火)、1月8日(月)、9日(火)、16日(火)
  
(大阪) 12月27日(水)、1月11日(木)、12日(金)、24日(水)、25日(木)
 
※1月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る