本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

士業の営業が難しい7つの理由

士業の多くが「営業が下手」だと言われています。
なぜ、営業が下手なのかというと、士業が行う業務の関係で、営業すること自体が難しいからです。

かといって、これからどんどん競争が激しくなる環境では、「難しいから」といって、
避けて通るわけにはいけません。
まず、「士業の営業が難しい理由」を把握して、対処法を考えなければなりません。

先日、中小企業診断士で「株式会社リアルコネクト」の小倉さんの
「士業のための『営業処方箋』
というセミナーを受講しました。

そこで、小倉さんは「士業の営業が難しい理由」についてお話されていたので、
ここで紹介させていただきます。

士業の営業が難しい7つの理由
1.士業である以上売り物が同じ
2.信頼される先生業としての立ち居振る舞いと営業活動とに齟齬がある
3.ナンバーワン戦略・オンリーワン戦略の根拠が作りにくい
4.機密性が高く・スイッチングコストが大きいため、後発の参入障壁が高い
5.営業を行うタイミングを見計らうのが極めて難しい。
6.売り物に大きな変化がない。商品情報の改定などのフレッシュな情報が少ない
7.強みが個人に属するため、強みトークが自慢に聞こえる

どうでしょう?
でも、これらの理由を克服する方法があるのですよ。

小倉さんは、それぞれの理由を克服するための方法についてもセミナーの中で述べられていました。

その方法は、次回以降にお伝えさせていただきます。

「士業の営業」を克服するためには、同業者があまりやっていない「付加価値サービス」
提供する必要があります。

「付加価値サービス」は、ターゲットとなる顧客のニーズを満たすものでなければ、
「選んでもらえる士業」にはなれません。

「融資に強い」というノウハウは、多くの経営者のニーズを満たす「付加価値サービス」になり得ます。

そのノウハウを獲得するヒントが手に入ります。

●「融資に強い税理士になる方法」セミナー
https://www.npc.bz/fstc/
 
●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
https://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 12月11日(金)、12日(土)、1月7日(木)、8日(金)、11日(月)
(大阪) 12月3日(木)、4日(金)、5日(土)、23日(水)、24日(木)

※「融資に強いFP・士業になる方法」セミナーと「融資に強い税理士になる方法」セミナーは、
日程を統合しました。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る