【無料動画】採択率98.9%の「ものづくり補助金」採択のポイント

直近2年間で、97件中96件の採択を勝ち取った専門家が解説します。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
先日、一般社団法人融資コンサルタント協会にとてつもない実績のある、
税理士・行政書士の方が入会されました。
それが、「税理士・行政書士まつはし事務所」の松橋さんです。
松橋さんは、補助金サポートを専門的に行っている方で、その実績を具体的にお伝えしますと、
ものづくり補助金」に関しては、
平成29年度は、43件中43件。平成30年度は、1次が38件中37件、2次が16件中16件と、
97件中96件
という、
とんでもない成果を出されています。
それ以外にも、事業承継補助金に関しては、27件中27件採択されています。

今回、この松橋さんに、
「一般社団法人融資コンサルタント協会の会員向けに、
「ものづくり補助金獲得のポイント」について、話してくださいよ」

とお願いしたとこと、快諾していただけました。

その動画を撮影したのですが、それを見て、
これは、一般社団法人融資コンサルタント協会の会員さん向けだけにお伝えするのはもったいない
と思ったので、急遽、一般の士業・コンサルタント向けに公開することにしました、

それが、下記の動画です。
無料で公開していますので、視聴されたい方は、下記フォームに、必要事項を記入の上、登録願います。

【無料動画】ものづくり補助金 「公募要領から読み解く選ばれるための申請書
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=482474

この動画は、下記の内容となっています。

1.ものづくり補助金に採択される条件
(1)決算状況
(2)過去のものづくり補助金の実績報告の内容
(3)該当する設備かどうかの見極め

2.補助金の目的から読み解く申請書の書き方
(1)補助金は何を“補助”しているのか?
(2)革新性とは何のことか?
(3)地域への還元という視点

3.申請書の作り方の手順
(1)申請にはチームで取り掛かる
(2)申請書に流れを持たせる
(3)各項目の埋め方  

4.説得力ある数字的根拠資料の作成方法
(1)公募要領で求められている数値的要件
(2)要件を満たすためにやるべきこと
(3)数字に説得力を持たせる方法

5.採択される申請書のポイント
(1)読みやすくする工夫
(2)説得力を持たせる

 
これらのポイントを押さえることができれば、確実に
ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金
の採択率を高まることができます。

この動画を、みなさん自身や、みなさんのクライアントの補助金を獲得するための
参考にしていただければ、幸いに存じます。


 
「一般社団法人融資コンサルタント協会」では、
中小企業が資金調達を円滑に行うための知識やノウハウをお伝えしております。

「一般社団法人融資コンサルタント協会」へ入会するためには、
【融資に強いFP・士業になる方法セミナー】の受講が必要となります。

【融資に強いFP・士業になる方法セミナー】を受講するだけでも、
みなさまのクライアントの融資を成功させるための知識やノウハウを手に入れることができます。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 5月8日(水)、10日(金)、17日(金)、28日(火)、29日(水)、6月5日(水)
 
(大阪) 5月1日(水)、15日(水)、22日(水)、24日(金)、6月3日(月)、12日(水)
  
※6月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

平成31年ものづくり補助金(6)採択される申請書のポイント

採択される申請書に必要な2大ポイントは「読みやすさ」と「説得...

平成31年ものづくり補助金(5) 説得力のある数字的根拠資料の作り方

数字に根拠がないと、「夢物語」と思われてしまい、採択されませ...