本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

「ものづくり補助金」「IT補助金」の募集が閣議決定されました

2019年もたくさんの補助金が募集されるようです

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
12月8日(金)に、安倍内閣の臨時閣議が行われ、2兆円規模の「新しい経済政策パッケージ」が
正式決定しました。

この中の「生産性革命」に向けた施策で、

(1)中小企業・小規模事業者の投資促進と賃上げの環境の整備
赤字などの厳しい経営環境にある企業も含めた中小企業・小規模事業者の生産性革命を
実現するための抜本的な対応として、集中投資期間中、生産性向上のための新たな設備投資を
強力に後押しするため、自治体の自主性に配慮しつつ、固定資産税の負担減免のための措置を講じ、
これに合わせて、「ものづくり・商業・サービス補助金」等の予算措置を拡充・重点支援する

とあり、「ものづくり・商業・サービス補助金」が募集されることが明記されています。
また、その下段では、

「生産性向上に必要なIT・クラウド導入を、強力に支援する。また、ITツール、
IT事業者の実績等の「見える化」や、身近な支援機関による経営改善支援等、
地域での支援体制(プラットフォーム)を構築する。これらの取組により、
3年間で全中小企業・小規模事業者の約3割に当たる約100 万社のITツール導入促進を目指す。

ともありますので、来年も「IT補助金」が募集されることも予想できます

詳しい内容は、内閣府が発表した
「新しい経済政策パッケージについて」の
http://www5.cao.go.jp/keizai1/package/20171208_package.pdf
第3章生産性革命 1.中小企業・小規模事業者等の生産性革命
をご参照ください。

以前のブログ
「来年も「ものづくり補助金」は募集されます!」
https://www.npc.bz/hojokin/20171128

でも、お伝えしましたが、
「ものづくり・商業・サービス補助金」の募集開始は2月下旬から3月上旬になることが予想されます。

今から準備しておけば、申請書を書き、ブラッシュアップするのに十分な時間がとれます。
今なら2ヶ月以上のアドバンテージになりますので、是非、準備に取りかかっていただきたいと思います。


補助金に関する情報提供→申請のサポート→補助事業計画のフォローアップ、という
プロセスを経ることができれば、最終的には、顧問契約を獲得することは難しくありません。
しかし、そこには、顧問契約に到るためのしくみを作る必要があります。

そんな補助金のサポートで顧問先を獲得するしくみを作るためのヒントが手に入ります。
 
 
●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

(東京) 12月25日(月)、26日(火)、1月8日(月)、9日(火)、10日(水)
  
(大阪) 12月23日(土)、27日(水)、1月11日(木)、12日(木)、24日(水)
 
※1月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください


関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る