本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

補助金を獲得する確率を高めるための「3つの鉄則」と「3つの原則」

先週金曜日に、「小規模事業者持続化補助金」の募集が開始されました。
みなさんもご存知のとおり、販売促進や店舗改装等に使える
50万円から100万円の、とても使い勝手の良い補助金です。

昨年は、30,000社以上の事業者が、この補助金に採択されました。
残念ながら今年は、採択予定件数が12,000社と、若干、狭き門になるようです

昨年と同じようなレベルの計画書では、採択されなくなる可能性が高いということになります。

一昨年、昨年と、小規模事業者持続化補助金の申請書を、たくさん見てきました。
そこから、
「採択される計画書には、ある一定の共通点がある」
ということに気づきました。

その共通点とは、
「3つの鉄則」「3つの原則」をきちんと押さえている」
ということだったのです。

「3つの鉄則」とは、
「一貫性」「具体性」「納得性・ストーリー性」
のことであり、
「3つの原則」とは、
「社会貢献度」「新規性・革新性・独創性」「経済効果」
のことです。

「一貫性」「具体性」「納得性・ストーリー性」のある計画書は、
矛盾がなく、具体的に、根拠を持って書けている計画書
ということになるため、審査の際の基礎的な点数が高くなります

「社会貢献度」「新規性・革新性・独創性」「経済効果」について、
きちんと言及できている計画書は、「付加価値が高い計画」となるため、
審査の際の加点ポイントが高くなります

今までであれば、「3つの鉄則」をある程度押さえることができれば、
何とか採択されていたのですが、狭き門となった今年は、
「3つの鉄則」に加え、「3つの原則」もきちんと押さえておく必要が
あります。

昨年も好評だった、
【小規模事業者持続化補助金をもらえる確率を高める方法】
の2016年版の動画を、現在、準備中
です。
早ければ、今週末に、遅くとも、来週半ばには公開できると思います。

その動画で、この「3つの鉄則」と「3つの原則」について、詳しく説明していますので、
ご興味のある方は。そちらをご覧ください。
動画につきましては、公開次第、告知させていただきます

補助金のサポートは、見込み客を開拓する上で、とても効果的な武器になります。
しかし、補助金のことを全く知らない状態では、その武器をどう使えばいいか、わかりません。

そんな補助金を見込み客獲得の武器にするためのヒントが手に入ります。

●「融資に強い税理士になる方法」セミナー
https://www.npc.bz/fstc/

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
https://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 3月23日(水)、24日(木)、25日(金)、28日(月)、29日(火)
 
(大阪) 3月10日(木)、11日(金)、12日(土)、18日(金)、21日(月)、22日(火)

税理士のみなさん、いま繁忙期ですよね。お疲れさまです! 来年はもう少しラクしたいなあ…とお考えでしたら、銀行から顧客を紹介してもらう方法を試してみませんか。ツボをおさえたおつきあいを続けて関係を構築できれば、金融機関はちゃんとお客さまを紹介してくれますよ。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る