本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

今年はこうなる!「三大補助金」 ~補助金情報をまとめました~

昨年人気だった3つの補助金が、今年も募集されることになりました。
詳細はまだ発表されていませんが、現時点で公開されている情報や、昨年の実施状況から、
「2016年はこうなる!」というのを予想してみました。

【ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金】

<募集開始時期>
補正予算国会決議後、2月初旬予定
昨年の募集開始は、2月13日(金)。
今年は、2月5日(金)か、12日(金)になると予想。
ただし、何か大きな事件が起こって、国会審議日程に変化があった場合、補正予算の国会審議が
遅れるので、募集開始も遅れる可能性がある。

<1次公募締切>
5月6日(金)もしくは5月13日(金)
 ※昨年の日程から予想

<今年の特徴>
・設備投資を伴うものでなければ採択は難しい
・サービス業に対する採択件数が増える見込み

<補助対象経費と補助率>
1.革新的サービス・ものづくり開発支援
(1)一般型  1,000万円(補助率2/3)
機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費

(2)小規模型  500万円(補助率2/3)
機械装置費、原材料費、技術導入費、外注加工費、委託費、
知的財産権等関連経費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費

2.サービス・ものづくり高度生産性向上支援
3,000万円(補助率2/3)
機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費

<詳細情報参照先>
http://www.kansai.meti.go.jp/5gisin/monohojo/27fyhoseikouboyouken.pdf

【小規模事業者持続化補助金】

<募集開始時期> ※昨年の日程から予想
1次・2次:2月26日(金) 

<公募締切> ※昨年の日程から予想
1次:3月25日(金)
2次:5月27日(水)

<今年の特徴>
・経営計画書・補助事業計画書の内容に大幅な変更はない
予算が削減され、採択件数も大幅に減ります

<補助上限額と補助率>
50万円(補助率2/3)

海外展開・雇用対策・買物弱者対策を行った場合
100万円(補助率2/3)

<補助対象経費>
機械装置等費、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費、
資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、専門家旅費、
車両購入費、委託費、外注費

<詳細情報参照先> ※昨年の公募要領
http://h26.jizokukahojokin.info/files/4414/3591/0214/koubo_h26.pdf

【創業・第二創業補助金】

<募集開始時期> ※昨年の日程から予想
4月4日(月)
昨年は、本予算の国会決議が4月9日だったため、4月13日(月)から募集開始となったが、
今年は、順調に予算審議が進み、年内に予算決議が成立した場合、1週間程度、募集が早くなるものと
予想される。

<公募締切> ※昨年の日程から予想
5月6日(金)

<今年の特徴>
・予算が減少したため、採択件数も減少する可能性大
・1次公募で終了になる可能性大
・産業競争力強化法に基づく認定市区町村での創業だけが申請対象
(認定市区町村以外で創業する場合は、補助金対象外)

<補助上限額と補助率>
創業   200万円(補助率2/3)
第2創業 1000万円(廃業コスト800万円含む)(補助率2/3)

<補助対象経費>
人件費、店舗借入費、設備費、原材料費、謝金、旅費、
国内・外国特許等取得費、マーケティング調査費、広報費、
外注費、在庫処分費、修繕費、解体費及び処分費、委託費、
原状回復費、
国内での開業、法人設立、既存事業部門の廃止に伴う司法書士・行政書士等に支払う申請資料作成経費

<詳細情報参照先> ※昨年の公募要領
http://sogyo-hojo.jp/27th/docs/sogyosokushin_bosyu_youkou.pdf

今年の目玉は、「小規模事業者持続化補助金」
予算が減額になり、採択件数も大幅に減りそうです。
※なお、この情報は、ヒガシカワの予想であり、日程等がずれることもあります。

今年も、昨年好評だった、
【小規模事業者持続化補助金 採択率アップツール】の2016年度版を作成します。
昨年は、この小規模事業者持続化補助金 採択率アップツール】を使って、
補助金を獲得された方が、たくさん生まれました。

【追記 2017/1/9】
希望者は下記サイトで必要事項を入力の上、お申し込みください。
小規模事業者持続化補助金“最強”チェックシート 【2016年【秋】版】 プレゼント
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTzIRnMjnq

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【追記 2017/1/9】
動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
https://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

補助金に詳しくなれば、問い合わせが増える。問い合わせが増えれば…

見込み客に対し、補助金の情報を提供することで、いろいろな相談をしてもらえるようになります。
相談件数は、案件数や顧問先数に比例します。

補助金獲得のサポートは、見込み客との距離を縮め、顧客化をする上で、最適の方法です。
そんな補助金獲得サポートを業務にするためのヒントが手に入ります。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る