本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

融資コンサルタント協会員サイト訪問記_Vol.2

「まずは作ってみる」の精神で取り組むことが、理想のHP制作への近道かもしれません。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのキドです。

このシリーズでは、販促担当のキドが、一般社団法人融資コンサルタント協会の会員様のサイトを訪問し、良いと思ったところをみなさまに共有させていただきます。

是非、今後のHP制作にあたり、ご参考ください。

※一般社団法人融資コンサルタント協会サイトはこちら

 

紹介ページ

今回ご紹介させていただくのは、会員の飯田祐司社会保険労務士さん、事務所HPはこちらです。

社会保険労務士事務所あなたの味方 様

みなさまに是非とも共有したい点が多くございましたので、今回もいくつかのポイントにわけてご紹介させていただきます。
 

ポイント1:HPのレイアウト

HP制作において重要となるレイアウト。HPの種類や目的によって仕様は変わりますが、今回ご紹介のHPは「3カラム」と呼ばれるレイアウトになっております。

「3カラム」とは、上図のように、「ヘッダー」と、3列のデザインに分けたレイアウトを言います。HPによっては、同じ3カラムでも作りに若干の違いがありますが、一般的には、「1列」にサイドメニュー「2列」に本文などのメイン「3列」に別のサイドメニューやバナー、といった作りが多い印象です。

実際に、社会保険労務士事務所あなたの味方 様のHPも下図のようにレイアウトされております。


社会保険労務士事務所あなたの味方サイトより

この3カラム、次のようなメリットがあります。

●スクロール量が少なく、一覧性がある
●どのページからでも各項目にすぐアクセスできる
●読者がページ内のコンテンツに気づかず離脱することを防げる
●関心をもってほしいコンテンツを、常に表示することができる

 
このように、「読者側」「管理者側」の双方にメリットがあるのです。

このメリットを活かした工夫について、ご紹介させていただきます。
 

ポイント2:サイドバナーの表示とメッセージ性

ほぼ全てのページで「初回相談無料!」と書かれたバナーが右側に表示されております。お問い合わせページ以外では常に表示されているので、読者側の見落としを防ぐことができます。


社会保険労務士事務所あなたの味方サイトより

さらに、バナーのなかには続けて「些細なことでもお問い合わせください」と書いてあるのです。当たり前と感じる方もいるかもしれませんが、これがあると無いでは、大きな差があると、個人的には感じます。

問合せする側と言うのは存外、「こんな内容で問い合わせたら逆に迷惑なんじゃないか」といった不安を抱きがちです。しかし、この一言があれば、問い合わせに対するハードルはかなり下がり、気軽にお問い合わせができるのではないでしょうか。

そんな、お客様の気持ちに寄り添ったバナーだと感じました。
 

ポイント3:トップページでメリットの提示

また、トップページ下部に、「弊所をご利用頂くメリットをご確認ください!」とあります。


社会保険労務士事務所あなたの味方サイトより

サイトの作りによりますが、こういった「独自のメリット」や「経営理念」の部分にたどり着くまでに読者がページを離脱することは少なくありません。せっかくの「強み」の部分なのに、見ていただけないのはもったいないですね。

そこで、ページスクロールが少ない3カラムであれば、メリットをトップページに掲載することで、比較的読んでもらいやすくなるのです。

「初回無料相談!」のバナーとあわせて、お客様のメリットになることを前面に押し出していることから、「お客様にお役立ちしたい」という強い気持ちが伝わってくるようです。
 

ポイント4: ページの長所をさらに引き立てる工夫

さらに、3カラムの長所である「一覧性」を、より引き立てた工夫も発見しました。

それは、トップページにある「新着情報」です。こちらの内容をクリックすると、別ページへ移動・・・するのではなく、なんとその場で詳細を見ることができるのです!


社会保険労務士事務所あなたの味方サイトより

ページ移動が無いぶん、他の新着情報にもアクセスしやすくなりますので、短い時間と操作多くの情報を得ることができます。

読者への気遣いが、こうした工夫に表れているのだと感じました。
 

ポイント5: 記事の更新を続けている

また、私がとくにいいなと思ったのは、飯田さんが「お知らせ」「新着情報」をこまめに更新していることです。

たとえばあなたも、検索などで訪れたサイトの「お知らせ」や「新着情報」が数年前の投稿だったりして、「古いサイトだな」「ここの情報は信用できるのかな?」「今も営業しておられるのかな?」と心配になることがありませんか。

よくいわれることですが、HPは、作って終わりではありません。作った後も適宜更新を続け、「新しい情報が入手できる=読者の役に立つサイトである」と感じていただきたいものです。

仕事が忙しくて記事更新まで手が回らなくなる士業・コンサルタントも少なくないなか、手を入れ続けることで、訪れてくれた読者との信頼を結ぼうとする飯田さんの姿勢に好感を持ちました。
 

まずは形から入るのも重要

いかかでしたでしょうか。今回はおもにレイアウトに焦点を当てて、HPの魅力をご紹介させていただきました。

いざHPを作るとなったとき、「なにから手を付けていいかわからない」と悩むことは少なくありません。そんなとき、まずは基本的なレイアウトを利用するのも、ひとつの手です。

「形から入る」とはよく言ったもので、元から決まった枠に、ご自身の提供したい情報やメッセージを少しずつはめていくことで、HPの全体像もだんだんと見えてくるのではないでしょうか。

是非、迷ったときのご参考にしていただければ幸いです。
 


さまざまなサイトを訪問していると、以前の自分では気づかなかったポイントに、ふと気づくことがあります。

そんな、私なりの「気づき」をできるだけ多く積み上げ、士業・コンサルタントの販促に役立つ情報として、共有していく所存です。今後ともどうぞよろしくおつきあいください。

また本ページのご感想などいただけましたら、励みになります。気軽にお寄せください。

※融資に関する質問などにもその場でお答えします

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る