本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

銀行には理由もなく差し入れをしない

「用事もないのに銀行を訪問しても大丈夫」と言われても、なかなか心理的に抵抗があるからといって、お菓子やお酒などを差し入れを持って訪問するのはいけません。
何の理由もなく、訪問するからと言って、手土産を持っていくと
「何か下心があるのではないか?」
と逆に警戒されます。

銀行はお金を貸している手前、顧客から(特に融資先から)差し入れされるのをいやがります。
差し入れした顧客が融資先だった場合、その顧客から依頼された融資が断りにくくなるからです。
その気はなくても、「あの顧客と癒着している」と見られるのは、銀行員にとって、非常にまずい評価となります。
かといって、融資先でない顧客から差し入れがあったときに断れば、差し入れを断られた融資先から
「なぜ、あの人の差し入れは受け取って、私の差し入れは受け取らないのだ」
とクレームになります。
そのようなつまらないトラブルを避けたいが故に、できることなら差し入れされるのを避けたいのです。

私が渉外担当者だった昔、夏のとてもあついときに、担当している融資先から、ビールを1ケース差し入れがありました。
ちょうどその時、その担当先から「お金を貸して欲しい」と言われていた時でした。
差し入れをいただいたことと、現在、その顧客の融資稟議書を作成中ということを支店長に報告すると、支店長は
「融資する前に顧客からモノをもらうのは具合が悪い。かといって、「もらえません」と返せば、角が立つ。同じ金額の何か別のものを買って、その顧客に贈りなさい」
という支持を出しました。
支店には交際費予算がありますが、そのときに予定しなかった交際費予算を使わざるをえなかったということで、支店長から注意を受けました。

そのように差し入れをもらうと、いらない仕事が増え、不必要なお金も使うため、銀行としては返って迷惑になります。
だから、理由もなく差し入れをするのはやめてください。

なお、3月の最終営業日(決算日)か9月の最終営業日(仮決算日)に、
「決算(仮決算)お疲れ様です。みなさんで休憩のときにでも食べてください」と、差し入れした場合は抵抗なく受け取ってくれます。
決算日や仮決算日というのは6ヶ月間の活動の集大成の日となりますから、それを慰労する意味での差し入れを断る理由がないからです。
その際は手で簡単につまめる甘いものか何かを届けると、女子社員の受けがいいので、特に喜んでもらえると思います。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る