本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

質問「融資コンサルティングを行う際、貸金業登録は必要ですか?」

正しい認識を持ち、自信をもって事業者をサポートしましょう。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。

ネクストフェイズが運営する一般社団法人融資コンサルタント協会では、会員からのメールや電話、ご来訪・オンラインなどによる個別相談にのったり、活動報告をいただいたりしています。

先日ある税理士の会員から、融資コンサルティングにおける貸金業登録の必要性について質問をいただきました。

※一般社団法人融資コンサルタント協会サイトはこちら

 

融資サポートに貸金業登録は必要?

税理士
先日、知人の元銀行員から、こう言われました

●「融資コンサルティングは金銭貸借の媒介にあたるので、
貸金業登録が必要」

●「ほとんどのコンサルタントは、無登録で業務を行っている」

今までそのような認識はなかったのですが
貸金業登録は必要でしょうか?

ヒガシカワ
結論から申し上げますと

融資コンサルティングにおいて
貸金業登録は不要です

税理士
そうなんですか?

そもそも
なにが「金銭貸借の媒介」にあたるのか
認識が曖昧なのですが…


 

金銭貸借の媒体とは? 融資コンサルティングとは?

ヒガシカワ
まず
「金銭貸借の媒介」についてですが

「金融機関に依頼者の斡旋を行い
その対価として依頼者から報酬をもらう」

この場合
「金銭貸借の媒介」にあたり
貸金業登録が必要になります

税理士
はい
ヒガシカワ
しかし

融資コンサルティングは
金融機関へ提出するための資料作成

金融機関の意図をくみ取り
依頼者にわかりやすく伝える

融資を円滑に引き出すための
お手伝い
になりますので
「金銭貸借の媒介」に当たりません

よって
貸金業登録は不要です

税理士
なるほど…

今後の融資コンサルティングに対して
少し不安を覚えていたので

これで自信をもって
事業者のお手伝いができそうです


 


金融機関も士業・コンサルタントも、融資コンサルティングについて正しい認識を持っていないことは少なくありません。

そんな中、金融機関から「貸金業登録が必要」と言われると、不安になってしまうものです。今まで融資コンサルティングしたことがない、もしくは始めたばかりの専門家だとなおさらでしょう。

しかし正しい認識を持っておけば、そのような指摘に動じることなく、自信をもって事業者をサポートすることができます。

正しい認識を持つことにより、金融機関に物怖じしない姿勢を示せば、事業者からも「頼もしい専門家」として信頼され、新たな依頼につながる可能性もあるのです。

そんな、頼もしい専門家になるためのヒントが手に入るセミナーです。

※融資に関する質問などにもその場でお答えします

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る