本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

実録:公庫で【新型コロナウイルス感染症特別貸付】を申し込んでみた

やはり日本政策金融公庫は対応が早いですね。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
現在、新型コロナウイルスで影響を受けた中小企業に対して、国や地方自治体がいろいろな資金繰り支援策を行っています。

融資の制度で代表的なものは、以下の3点だと私は考えています。

日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」
信用保証協会の保証付融資である「セーフティネット保証4号」
商工中金の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」

 
今回その3つすべてを申し込みましたので、どのようなスケジュールで各金融機関が対応してくれたのかをお伝えします。本日は、日本政策金融公庫の対応についてです。

最初にざっくり申し上げると、

●3月11日(水)に申し込んで

●3月30日(月)に融資実行(入金)

 
でした。

公庫の審査としては、3月16日(月)の「借入申込書」の到着から3月19日(木)の「融資決定」の連絡まで、たった3日間です。早い!
 

3月11日(水) 申し込み

3月11日(水)の午前中に日本政策金融公庫で「新型コロナウイルス感染症特別貸付」を取り扱うという情報を入手したので、午後にはすぐ公庫の支店を訪問しました。

そのときに持参した書類は、以下の4点。

●3期分の決算書
●前期の月別合計残高試算表
●今期の月別合計残高試算表
●今期の試算表

  
訪問時、懇意にしている営業課長代理がいたため、さっそく融資申し込みの手続きに入りました。その際にもらった書類は以下2点。

●借入申込書
●新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
 ※いずれも日本政策金融公庫からダウンロード可能です

 
それらを持ち帰り、さっそく必要事項を記載して3月13日(金)に公庫に返送しました。
 

3月17日(火)  「新型コロナウイルス感染症特別貸付」取り扱い開始

こちらから送った書類が公庫に到着したのは3月16日(月)で、すぐ担当者から「書類が無事届きました」との連絡がありました。

また「新型コロナウイルス感染症特別貸付の取り扱い開始は明日の3月17日(火)からですが、審査は先に進めておきます」というコメントもありました。今後の混雑を予想していたのでしょう、先にできることはしておこうという柔軟な対応でした。
 

3月18日(水) ヒアリングの電話

3月18日(水)の午前に担当者から「いくつか聞きたいことがあります」と連絡がありました。以下のようにシンプルな内容でした。

●どれぐらいの金額が必要なのか(必要資金額の根拠)
●コロナウイルスの影響がなくなれば返済できそうか
●以前の融資と合算して一本化をするのか

 
それらに対する私の回答は以下のとおりです。

●どれぐらいの金額が必要なのか(必要資金額の根拠)
 →3ヶ月間の売上減となる金額の合計額で納得してもらえた

●コロナウイルスの影響がなくなれば返済できそうか
 →今後の売上見込みの説明で納得してもらえた

●以前の融資と合算して一本化をするのか
 →「いいえ」 ※弊社の場合は既存の融資と別物にしたい意図があったため
 ※一本化する方がよいかどうかは個々の事情によります。顧問税理士など専門家にご相談ください

 
ヒアリングは合計5分にも満たず、とてもスピーディに終了しました。
 

3月19日(木) 「融資決定」の連絡

翌日、公庫の担当者から「融資決定」の電話連絡がありました。

「融資実行に必要な書類(金銭消費貸借契約証書等)を送りますので必要事項を記入し、実印を押印の上、法人の印鑑証明と一緒に返送してください」とのこと。

今回の融資に関しては、ネクストフェイズは「経営者保証免除」の要件にあたるので、保証人の印鑑証明は不要とのことでした。

また本来、経営者保証を免除する場合は金利が0.2%高くなるのですが、今回はその上乗せもないとのこと。

結局500万円を3年返済にしたので、金利は0.49%。経営者保証無しという条件です。

さらに「特別利子補給制度」の要件を満たしていますので、金利の0.49%は返ってくるとのことでした。

まとめると以下のとおりです。

●経営者の保証なし
●経営者保証免除の際の、金利上乗せなし
●特別利子補給制度で、金利が返ってくる

 
そこから法人の印鑑証明を取りに行くのに時間がかかったため、公庫に必要書類を送ったのは3月25日(水)でした。
 

3月30日(月) 融資実行

3月26日(木)に担当者から「実行書類が届きました。ここから3営業日後の融資実行となります」という連絡がありました。

その後、この担当者の言ったとおり、3月30日(月)に指定口座に申込金額が振り込まれていました。

今回の融資に関しては、こちらが公庫に書類を提出するのが遅れたため、申し込みから融資実行まで19日間かかりました。

が、公庫の審査としては3月16日(月)の「借入申込書」の到着から3月19日(木)の「融資決定」の連絡まで、たった3日間。さすが公庫、緊急時の対応がスピーディです。
 

いま公庫は混雑中、ぜひダウンロード&郵送を

私の場合は初動が早く、仕事柄融資審査に必要な資料がわかっていたため、事前に準備して持参したことでかなりスピードが速くなりました。

しかし現状たいへん混雑しており、相談に申し込んで面談するまでに2週間程度かかります。

また直接公庫に書類をもらいに行っても、50人待ちというのはざらなようです。

少しでも早く公庫から借りたいとお思いなら、借入申込書などの書類をこちらからダウンロードし、その他も含めた提出書類を整えたうえ、郵送で提出することをお勧めします。

公庫に行かずに融資を申し込む方法は、以前のブログ↓に詳細を書いていますのでご参照ください。

●今から公庫に行かずに【コロナウイルス感染症特別貸付】に申し込む方法

また、新型コロナウイルス影響下の資金繰り支援策の最新情報はこちら↓からご確認ください。



※ネクストフェイズのメールマガジン

株式会社ネクストフェイズは、週に2回メールマガジンを発行しています。今回お伝えした、

新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で資金繰りに悩む中小企業経営者が知りたい情報

をはじめ、

融資を引き出すノウハウ
補助金、助成金といった中小企業支援施策の最新情報

などを積極的にお送りしています。

士業やコンサルタントの方は、顧問先など中小企業経営者へのアドバイスにぜひお役立てください。下記ページから登録できます。

【「依頼を確実に引き寄せる繁盛士業への道」メールマガジン登録】
 
 

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る