本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

質問「小規模事業者持続化補助金、来年度以降もありそうですか?」

ネクストフェイズが運営する融資コンサルタント協会では、会員さんからのメールや電話などによる個別相談を受け付けたり、ご報告をいただいたりしています。先日、ある士業さんから、ちょうどいま募集中の「小規模事業者持続化補助金」、「ものづくり補助金」についてご質問をいただきました。

※一般社団法人融資コンサルタント協会サイトはこちら
fca

 

2018年度の補助金は、いつごろ、どのようしてわかりますか?

質問者 「来年度以降も『小規模事業者持続化補助金』『ものづくり補助金』の再度公募があるかどうか、情報はありますか?」
東川 「来年度以降の公募については、今のところとくに情報は出ていないんですよ」
質問者 「そうですか…。では東川さん個人としては、来年度以降もあるとお考えですか?」

 
質問者の熱心な様子が伝わってきます。「補助金サポート」は、新規客の獲得や、既存客の満足度アップにつながるメニュー。営業は苦手…という士業さんにぴったりですしね。

東川 「うーん、個人的な見解としては、どちらの補助金も募集が始まって3年になりますので、来年の募集はないのではないかと思っています」
質問者 「2018年度の補助金って、いつごろわかるものでしょうか」
東川 「2017年8月末に発表される『概算要求案』に記載されると思いますよ」

(2016年11月某日、個別相談にて)

 
2017年8月って! しかもそのときには、もうなくなっているかもしれない…。ということは、今回応募しておくのが安心。ただいま絶賛募集中の小規模事業者持続化補助金、審査に採択される確率を上げるために、そのコツをお知らせする動画をご用意しました。
 

小規模事業者持続化補助金に採択されるコツを動画で

実際に採択された代表・ヒガシカワが、審査に有効な採択ポイントを具体的に説明しています。詳細はこちら↓から。

●動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
main2016aut
 

小規模事業者持続化補助金の締切は2017年1月27日(金)

今まで数えきれないほど(数えていたらよかった…)の士業さんから、この動画で「おさえるべきツボ」を学び、お客さまや、あるいはご自身の事務所のために補助金を獲得できたと喜びの声をいただいています。2017年1月27日(金)の締切まで、まだ時間はありますよ。
 

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る