本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

セミナー集客のための告知方法リスト

告知方法が多ければいいというものではありません。施策の実施には費用も時間も手間もかかるからです。しかし自分のビジネスモデルと相性のよいものを、できれば「複数」用意しておくと安心です。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。

先日のブログで次のようにお話ししました。

個人的な考えですが、士業・コンサルタントが一番効率よく独自ノウハウをマネタイズする方法は、上記「1/セミナー・講座の運営」ではないかと思っています。

基本的には、入門篇・安価な「プレセミナー」で見込み客に来ていただき、より専門的・高価な「バックエンド集中講座」をご案内します。「セミナー・講座の運営」は、コツさえ掴めたら継続的に売上を上げることができるでしょう。

●あなたのノウハウは「売上」につながっていますか?|株式会社ネクストフェイズ

その後、複数の士業・コンサルタントから次のような相談が寄せられました。

士業・コンサルタント
そのセミナーや講座に集客できないから困っているんですよ…

 
もちろん詳しくは下記セミナーでお話しするのですが、本記事でも「セミナーの集客力を高める告知手段」についてお伝えしましょう。

※独立前の士業・コンサルタントの参加も歓迎です


 

自分のセミナーの告知手段、いくつお持ちですか

どれほど価値のあるセミナーでも、その存在を知ってもらわなければ受講希望者は集まりません。

セミナー告知のための手段を、あなたはいくつお持ちでしょうか。よく見かけるのが、以下の2点です。

自社メールマガジンでの告知
自社ブログでの告知

 
メールマガジンやブログの読者が多ければ、上記施策で一定の集客を見込めるでしょう。しかそうでなければ、厳しいはずです。

さらにメールマガジン購読者数、ブログを読みに来てくれるコミュニティメンバーが多くても、何度もセミナーを行ううちに「リストが枯れ」てしまいます。

※「リストが枯れる」とは、リスト内メンバーがひととおり参加して今以上の成果を期待しにくくなることです

だからこそ今後セミナー開催を事業の主軸に据えたい士業・コンサルタントは、告知手段を複数持っておくようにしましょう。
 

告知手段①自社媒体・コミュニティ

いちばん着手しやすいのが、自社の媒体や自分が所属するコミュニティへの呼びかけです。例として、ネクストフェイズが行う告知方法から、自社媒体・コミュニティによるものをお知らせしましょう。参考になるものがあれば、私もうれしく思います。

●ブログ(このページです)
●メールマガジン(ネクストフェイズ)
●メールマガジン(一般社団法人融資コンサルタント協会)
●Facebookページ
●Facebookイベント
●YouTubeチャンネル
●Twitter
●メール署名欄
●ランディングページ設置
●サイトSEO対策
●過去の別セミナー参加者に個別提案
●過去の同セミナー参加者に再受講提案
●名刺交換先に個別提案
 

告知手段②自社以外の媒体・コミュニティ、その他

以下はネクストフェイズが実際に行ったもの/そうでないもの、また無料/有料のものも含みます。

もちろん毎回すべて実行しているわけではありません。現在も引き続き行っている施策もあれば、今は利用していない手段もあります。

また各人のビジネスモデルによって、適切な手段は変わります。

さらに時代によって、効果の高い告知手段はまた違ってくるでしょう。私もなるべく過去の成功体験に頼らず、新しい手法を模索し、実際に挑戦したいと考えています。

ハブへ投稿

●所属するFacebookグループへ投稿
●所属するメーリングリストへ投稿
●セミナー・交流会情報メルマガへ投稿
●セミナー集客サイトへ投稿

協力依頼

●共催者に告知依頼
●提携先に告知依頼
●提携先に告知依頼(セミナー相互紹介)

アナログ告知

●他社セミナー参加時に告知
●異業種交流会で告知

広告配信・出稿

●Facebook広告
●検索広告(Yahoo!/Google)
●バナー広告(Yahoo!/Google)
●メールマガジン広告
●専門誌広告

ツール制作

●DM
●ファックスDM

その他

●プレスリリース
●セミナー集客代行業者
 

告知手段の優先順位

セミナー内容や顧客層、また会場のキャパシティ、かけられる予算や時間によっても、目標とする集客数は変わってくるでしょう。優先順位を考えて実行していきたいものです。

下記でいえば最初は(1)、最後に着手するのは(4)になるのはおわかりでしょう。しかし(2)と(3)のどちらを優先させるかは、各人の今の状況・目指すものによって違うはずです。

(1)コストも手間もかからない告知手段

(2)コストはかからないが、手間がかかる告知手段
(3)コストがかかるが、結果が期待できる告知手段

(4)新しい顧客層にアプローチする告知手段

 
独立開業したばかりで時間に余裕があるなら、協力者を集めたりコミュニティを広げるなどの(2)でコツコツ地盤を固めるのもいいでしょう。

また、いま目の前の業務で手一杯だったり融資等で手元資金に余裕があったりするなら、スピード重視で(3)を選んでもいいのです。
 

どうランディングページを作るか

セミナー集客に欠かせないのが、「ランディングページ」です。ランディングページ=申し込みページと考える人もいますが、申し込みそのものはメールでも受けられます。

申し込み機能よりランディングページに大切なのは、参加の検討をしてもらいやすいような、セミナーカリキュラムや開催日時等の詳細。

どんな告知手法を採るにせよ、「詳細はこのページに」と案内できるページの存在は必須です。

自分のサイトにオリジナルのランディングページを設置するのが難しい場合は、セミナー詳細の掲載→申し込み→決済まで一元管理できる外部システムの利用も検討してみましょう。

例)
●Peatix (ピーティックス)| グループ・イベント管理、チケット販売・集客サービス | Peatix

自分のセミナービジネスモデルを試したいときなど、まず単発セミナーを行うときに利用してみるのもいいかもしれません。内容・費用等はこちらをご覧ください。

またクラウドファンディングのサイトを利用する方法もあります。

●クラウドファンディング – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

クラウドファンディングといえば「ものづくり」への「支援」…と考えがちですが、「セミナー」への「参加誘致」も行えます。内容・費用等はこちらをご覧ください。

ひとつ申し上げておきたいのは、上記のようなシステムを利用するだけでは集客が難しいこと。まずは自分にあった告知手段を選んだり増やしたり、「広めるための方法」を考えることに集中しましょう。
 

セミナーコンテンツを安定売上につなげる総合情報

もちろんセミナーコンテンツを安定的な売上につなげるために必要なのは、集客だけではありません。セミナー集客 → 実施 → みなさんにご満足いただけてよかった…で終わってしまうからです。それでは、たいへんもったいない。

集客をはじめ「自分のセミナーコンテンツを売上につなげる施策」を体系的におさえることで、集客力+安定的な売上を確保しませんか。

これまで蓄積したネクストフェイズの「セミナーコンテンツ→安定売上」の具体的ノウハウを、総合的にお話しするセミナーを開催します。

●士業・コンサルタントのための【顧客獲得型セミナー】運営ノウハウ 入門セミナー
(旧)自分の独自ノウハウで安定的に売上を上げる仕組みを作る方法セミナー

【東京】
2022年7月14日(木)・23日(土)・26日(火)・8月5日(金)

【オンライン】
2022年7月16日(土)・21日(木)・29日(金)・8月2日(火)

<カリキュラム>
1.知っていますか?士業・コンサルタントの6つの稼ぎ方
2.顧客獲得のスタート地点は、「セミナー」が最適な理由
3.セミナーで確実に集客するための基礎知識
4.なぜ、多くの自主セミナーの集客はうまくいかないのか
5.【おまけ】「養成塾・養成講座」を行う場合の9つの手順
6.90日でノウハウを収益化する仕組みづくりのために

<受講料>
5,500円(税込)

※独立前の士業・コンサルタントの参加も歓迎です

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る