本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

質問「融資サポート業務を受注するとき対応可能地域はどう決めますか?」

士業・コンサルタントが自分のサービス対応地域をどこまで絞るか(または広げるか)は、悩ましいところですね。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。

ネクストフェイズが運営する一般社団法人融資コンサルタント協会では、会員からのメールや電話、ご来訪などによる個別相談にのったり、活動報告をいただいたりしています。

先日ある税理士の会員から、融資サポート業務を受注した場合の対応可能エリアの決め方について質問をいただきました。

※一般社団法人融資コンサルタント協会サイトはこちら

 

融資サポート業務を受注した場合の対応エリアの決め方

税理士
おかげさまで融資サポート業務を開始するのですが

対応可能エリアについて相談したくて

ヒガシカワ
おめでとうございます

サービス対応エリアの絞り込みは大切ですよね

税理士
はい

銀行との付き合いもあると思いますので
やたらにエリアを広げるのも良くないかと思うのです

ヒガシカワ
私もそう思います

金融機関とのおつきあいも
相手を絞って濃く太くしていきたいですからね

税理士
そこで融資サポートは自分のスポット業務と同じく

事務所のある都道府県+隣県全域にしようかと…

ヒガシカワ
いいですね

しかし私としては
もっと地域を絞り込んでもいいぐらいだと思っています

なんなら
事務所のある市区町村と
その周りの市区町村
くらいまで

税理士
市区町村レベルまでですか?

 

地域を絞り込むメリット

ヒガシカワ
はい

地域を絞り込むことで
地域内の金融機関とより深くつきあうことができますし
より頻繁に訪問することができます

税理士
なるほど

そうすると紹介もおきやすくなる
融資に関する審査についての
情報も入手しやすくなるということですね

ヒガシカワ
そういうことです

どの地域にも見込み客はいますので
できる限り地元のクライアントを獲得する方法を考え
あまり移動時間を使わずに済む税理士活動を行いたいですよね


とくに独立開業すぐのころは、「日本全国どこでも対応できます」と言いたくなる…のはとてもよくわかります(私もそうでした)。しかし先述したとおり、意外と「どの地域にも見込み客はいる」ものなのです。

たしかにスポット業務なら何度も足を運ぶこともないだろうし、もしかして今はオンラインで済むことも多いでしょう。しかし、貴重な新規顧客との出会いがたった1回の支援で終わったら、ちょっともったいないと思いませんか。

せっかくお客さまや、お客さまのメインバンクたる金融機関とのご縁ができるのです。おつきあいが始まるなら、よい関係を「長く」続けていきたいですよね。

融資サポートを1回きりのスポット業務で終わらせず、それをきっかけにお客さまや金融機関と長くおつきあいできたらベスト。

自身の活動に合った地域に絞ることで、お客さま、また金融機関と長く深い関係を持てるケースは少なくありません。

そんな、「長い関係性を築ける」メニューづくりのヒントが得られます。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る