多忙な中でも、事業計画書を作成するメリット

来期の仕事が、楽しみになった2日間でした。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズの岸田です。

9月18日(火)・19日(水)の2日間、大阪府内某所で、弊社の事業計画合宿を行いました。

忙しいなか、時間を捻出してでも事業計画書を作成することは、会社にとって必要だと、改めて感じました。

今回は、その理由を3つご紹介します。

1.いつもと違う環境に変わることにより、事業計画書作成に「集中」できる

次の年の事業計画を練るための会議は、自社で行うことが一般的だと思いますが、ネクストフェイズの会議は、事務所とは別の会議室を貸り、初日は8時間、2日目は3時間の会議を行います。

もちろん、事務所にかかってきた電話に出るということもありませんし、宅配便や飛び込み営業などの来客もないので、会議を妨げるものがありません

1年の目標に対しての結果を振り返り、業務の棚卸を行い、来期の目標を立てることに「集中」することができます

その結果、現状の課題と目標を明確にすることができます

2.業務の生産性が上がる

事業計画書の作成の際は、スタッフも加わります。それにより、来期の事業目標をスタッフ全員でしっかり共有できます。

それにより、チームワークが上がり、無駄な業務が減り、生産性の向上につなげることができます。

3.社員のモチベーションが上がり、一体感が生まれる

事業計画合宿では、普段の会議では話せないようなことも、じっくり話すことができるので、社員同士の理解を深めることができました。

相互理解を深めることにより、一体感が生まれ、やる気がどんどん出てくることを実感しました

このように、時間を捻出してまで事業計画書を作成することは、現状の課題を見つけ、明確な目標を立てることができるため、業績を上げるための大きな武器にすることができます。

さらに、スタッフも加わって作成すると、チームワークのアップにつなげることもできます。

士業の皆さんも、事業計画書を作成し、業績アップに取り組んでみてはいかがでしょうか。

そして、その経験を基に、クライアントの事業計画書作成のお手伝いもすれば、信頼度がアップする可能性が高いと思います。

株式会社ネクストフェイズが開催している、「融資に強いFP・士業になる方法」セミナーでも、事業計画書についてお話していますので、ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 10月8日(月)、9日(火)、10日(水)、16日(火)、17日(水)、19日(金)
 
(大阪) 10月11日(木)、12日(金)、24日(水)、25日(木)、11月7日(水)、8日(木)
 
※11月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

藤堂武久弁護士/中小企業診断士インタビュー【5】 「ダブル資格の活かし方は?」

東京都千代田区で独立開業している藤堂武久さん。 弁護士であ...

日本政策金融公庫の金利を引き下げる方法

ちょっとしたことを行うだけで、金利って下がります。 こ...