本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

5年後も生き残れる士業に必要な【3つの要件】

最近、雑誌やネット上で、
生き残れる士業、生き残って行けない士業
という内容の記事をよく見かけます。

その多くが、
「士業という職業は、今後、衰退していく」
ということが書かれていますが、私は、その表現は間違っていると思います。

こんにちは、ネクストフェイズのヒガシカワです。

「士業という職業が衰退していく」
のではなく、
衰退していく士業の方が増える
というのが、正しい表現だと思います。

確かに、コンピューターや人工知能(AI)の発達により、
現在、士業が行っている業務の多くは、そういったツールに
とってかわられるようになります。

税理士の一顧問先あたりの平均顧問料は、ここ10年で、
50,000円程度から、半額の25,000円以下になったと言われています。

今まで、税理士しかできなかった業務だったのが、コンピューターの発達や競合相手の増加で、
競争環境が悪くなり、どんどん、顧問料が下がっていきました。
これは、紛れもない事実です。

しかし、士業の役割はなくなることはありません
確かに、価格競争に巻き込まれている可能性が高い業務を続けていく士業は淘汰されていくでしょう。

逆に淘汰されない士業になるために必要な要件があります。

その要件とは、

1.行動力を持つ
2.顧客への貢献意欲を高める
3.キラーコンテンツを持つ

の3つです。

今までと同じ行動をしていては、今までと同じ結果しか残りません
「顧客がどんどん減っていく」
「なかなか、新規客が獲得できない」
と、愚痴を言っている士業に対して、

「顧客流出のための方策をどれだけ打ちましたか?」
「顧客獲得のための方策をどれだけうちましたか?」
と聞いても、返ってくる答えは、ひとつかふたつ。
多くても、3つまでということがほとんどです。

それでは、顧客の流出を防ぐことも、新規顧客を獲得することも、なかなかできないと思います。

顧客への貢献意欲を高めなければ、本当に、自分のクライアントがどのようなニーズを持っているのかを
把握することができません。
自己満足的なサービスの提供ではなく、顧客が本当に求めているサービスを突き詰めて考えるからこそ、
そういったサービスを提供することができるようになります。

相手が本当に欲しがっているサービスを、適正価格で提供することができれば、
現在つきあっている顧客が離れていくなんてことは、ありえません。

キラーコンテンツ」と言われる、差別化できるサービスを提供出来なければ、
他の同業者と比較されるようになります。
サービスの内容が変わらなければ、次に比べるのは、価格。
すなわち、価格競争に巻き込まれることになります

しかし、「クライアントの周りにいている同業者の中で、自分しか提供できないサービス
を持っているのであれば、そのサービスに魅力を感じ、見込み客はクライアントになってくれますし、
クライアントは、離れていくことはありません。

「行動力」「貢献意欲」「キラーコンテンツ」という3つの「K」を持つことが、
今後、淘汰されずに5年後も生き残っていく士業になる、重要な要件であるのは、間違いありません。

淘汰されない士業になるための必要な要件を身につけるためには、それを身につけることのできる場所に行くこと。

経営者の必要とするニーズに応えられるサービスを提供することができれば、
そういった必要な要件を身につける近道になります。

経営者の必要とするニーズの一つに「融資に関する相談」があります
「融資に関する相談」に応えられることができれば、見込み客は格段に増えます。

そんな「融資に関する相談」に応えられることができる専門家になれるヒントが手に入るセミナーです。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る