本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

士業はどのようにして仕事を獲得するのか(士業の営業法)

士業の仕事入手ルートは、大きく2つに分かれます。
一つは、「エンドユーザー」に直接アプローチする方法。
もう一つは、「リセラー」「エージェント」といった斡旋組織経由で手に入れる方法。

エンドユーザーに直接アプローチする場合には、
まず、広く一般に知られる必要があります
俗に言う「ブランディング」を行うということ。

・ブログ・メルマガを地道に書き続ける
・著書を出版する
・新聞・テレビ・雑誌などのメディアに露出する
・SNSを徹底的に活用する
・商工会議所等公的支援機関で講師をする

といったことをすることで、広く一般の方々に、自分のことを知ってもらうことができます。

ただ、それだけでは、仕事の依頼はきません。
まず、
「こういうことを知っている専門家がいるぞ」
と知ってもらえれば、次に行うのは、
「自分に興味をもった人たちに会うこと」
になります。

そのために効果的なのが、「自主セミナー」の開催です。
自分もしくは、自分の伝えている情報の内容に興味を持っている方たちに向けて
セミナーを企画することで、そのセミナーに見込み客を集客することができます。

そのセミナーを集客するために、上記、ブログ・メルマガ・メディア・SNSなどで告知をします。
最初は、なかなか集客が難しいと思いますが、地道に情報発信をし続けることで、
次第に集客力が上がってきます。

私は、自主セミナーを行うに当たって、月に50名以上の受講者を集客していますが、
その8割以上が、メルマガとfacebook経由です。
それも、その自主セミナーの集客については、広告費は、一切かけていません

そこまでの集客力を持つようになるまでに、3年以上かかりましたが、一度、築いた集客力は、
なかなか落ちません。
地道な努力が必要になりますが、必ず効果がでますので、自主セミナーを集客費用なしで行いたいのであれば、
今から、週に1~2回のブログ・メルマガの発行をお勧めします。

そこで集まったセミナー参加者に対して「無料相談」を実施し、複数回接触することが出来れば、
その見込み客がクライアントになる可能性が高まります。

情報発信をする際に行うべきは、
「自分の提供するサービスを利用することによるメリットを伝える」
ということです。

「リセラー」や「エージェント」経由で仕事を入手するためには、まず「斡旋してくれる組織」に対して
営業をかける
ことが必要になります。

「斡旋してくれる組織」には、下記のようなものがあります。

・セミナー・研修会社
・士業紹介会社
・中小企業支援組織(商工会議所・中小企業支援センター等)
・金融機関
・各士業協会(税理士会・行政書士会等)

この場合は、各組織に対して、
「私のサービスの提供を斡旋してもらうことで、あなたの組織にメリットがありますよ」
といった
「売るメリット」
を伝える戦略
が必要となります。

エンドユーザーに直接アプローチするのは、時間と手間がかかります。
最初は、効果を発揮しませんが、情報発信を続けることで、長期的には、
強力な顧客獲得ルートを作り上げることができます。

それまでの間は、「リセラー」「エージェント」経由で仕事を入手し、その間に自らをブランディングして、
エンドユーザーに直接リーチ、最終的には、両方を平行して活用するのが理想的な展開になるでしょう。

銀行をはじめとした「金融機関」も、一種の「斡旋してくれる組織」であることには違いはありません。
その証拠に、多くの金融機関が、士業に対して仕事やお客を紹介してくれます。

しかし、じっと待っているだけでは、紹介してもらえるようにはならない。
紹介してもらえるようになるには、銀行員に自分のことを知ってもらう必要があります。

「どうすれば自分のことを知ってもらえるようになれるか」のヒントを手に入れることができます。

●「融資に強い税理士になる方法」セミナー
https://www.npc.bz/fstc/
 
●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
https://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 1月7日(木)、8日(金)、11日(月)、28日(木)、29日(金)
(大阪) 12月23日(水)、24日(木)、1月14日(木)、15日(金)、19日(火)、20日(水)、22日(金)

※「融資に強いFP・士業になる方法」セミナーと「融資に強い税理士になる方法」セミナーは、
日程を統合しました。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る