「農業経営における事業承継について」セミナー 音声&資料一式プレゼント

これであなたも「農業の事業承継セミナー」ができるようになります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
先日、宮崎県北諸県農業改良普及センターで
継ぐべきか? 売るべきか? たたむべきか?
~農業経営における事業承継について~

というセミナーを行ってきました。

「事業承継セミナー」は、数限りなく行ってきたのですが、
農業に関する事業承継セミナーの依頼は初めてであり、最初はお断りしようと思っていました。

しかし、
以前、西都商工会議所で、東川さんの事業承継セミナーを聞いた職員が、
「この人のセミナーは面白いから、是非、うちでもするべきです」
という声があったので、ご依頼させていただきました

という過分な評価をいただいたため、お調子者の私は、
「是非、登壇させて下さい」
と引き受けてしまいました。

そこから、農業における事業承継について、いろいろと調べたり、
実際に事業承継を考えている農業従事者の方々に話を聞いたところ

農業の事業承継と製造業の事業承継はとても似ているぞ

と強く感じたのです。

その、先日行った
「農業経営における事業承継について」セミナーの音声ファイル、講師手控え、レジメ、資料を
プレゼントさせていただきます

なぜ、農業の事業承継と製造業の事業承継はとても似ているのか

なぜ、農業の事業承継と製造業の事業承継はとても似ているのかというと、
農業の事業承継で引き継ぐべきものは、
農地や機械・設備等の有形資産や、技術・ノウハウ・人脈等の無形資産です。
それに対して、製造業の事業承継で引き継ぐものは、
工場や機械・設備等の有形資産や、技術・ノウハウ・人脈等の無形資産です。
まさに、農業と製造業の事業承継は合致するとは思いませんか。
   

セミナーの内容

このセミナーの内容は以下の通りです。

1.事業承継に関する悩みごとについて
(1)親の意見・悩みごと
(2)子の意見・悩みごと
(3)親子の話し合いが不可欠
(4)親元就農のメリット
(5)事業承継で継ぐべきもの

2.事業承継のステップ
(1)事業承継に関する話し合いの際のルール決め
(2)自分たちの事業の棚卸し
(3)事業の将来像を考える
(4)親子間での話し合い
(5)金融機関への説明(必要なら)
(6)事業承継計画の策定

3.事業承継の策定手順
(1)経営理念を考える
(2)事業承継の目標期限を決める
(3)自社の現状分析
(4)今後の環境変化の予測と対応策・課題の検討
(5)事業承継の時期・方法を盛り込んだ事業の方向性の検討
(6)具体的な中期目標の設定
(7)円滑な事業承継に向けた課題の整理
(8)事業承継計画の策定

4.二代目経営者の育て方・鍛え方
     

ご自由にお使いください

もし、あなたが、この
「継ぐべきか? 売るべきか? たたむべきか?
~農業経営における事業承継について~」セミナー
を行いたいのであれば、このレジメや資料を使っていただいても構いません

ただし、実際にセミナーを行う際には、ネクストフェイズまで、
事業承継のセミナーをしたいので、このレジメや資料、講師手控えを使わせてもらいます
と一言いただけるだけで結構です。

別にセミナーの中で、
「この資料はネクストフェイズの東川さんから提供してもらいました」
なんてことは、一切、言う必要はありません。
あたかも、自分のオリジナルコンテンツのように話してください
     

レジメ、資料、講師手控え、音声ファイルの入手方法

上記一式を入手するためには、下記フォームに、必要事項を記入の上、送信してください。
送信後、一式をダウンロードするための「サイトアドレス」と「ユーザー名」「パスワード」が
送られてきます。

「ネクストフェイズコンテンツプレゼント」登録フォーム
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=405945


 
今後、事業承継サポートに関するニーズは、どんどん高まってきます。
特に、金融機関からのサポート依頼は増えてくるでしょう

後継者不在による、取引先の廃業が、これからどんどん増えてくるため、
金融機関も、その対応に、注力せざるをえません。

しかし、その実務ができる人間が、金融機関にはいない。
だから、専門家へのサポート依頼につながるというわけです。

とは言え、金融機関とのつながりがない専門家に業務を依頼することはありません
つながりのない専門家には、依頼しようがないからです。
金融機関から、お客を紹介してもらうには、金融機関とのパイプを作ることが必要です

そんな、金融機関とのパイプの作り方のヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 8月27日(火)、9月10日(火)、11日(水)、24日(火)、25日(水)、26日(木)
 
(大阪) 8月29日(木)、9月3日(火)、4日(水)、16日(月)、20日(金)、10月7日(月)
  
※10月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
   
   

関連記事

税理士、診断士、社労士、司法書士、行政書士… それぞれの中小企業M&A

先日スモールM&Aのエキスパート・齋藤由紀夫さんを講師に招き...

質問「親の会社を相続するとき、子は債務の人的保証まで承継しないといけませんか?」

経営者の高齢化などで、年々増えている事業承継。金融機関への対...