税理士、診断士、社労士、司法書士、行政書士… それぞれの中小企業M&A

先日スモールM&Aのエキスパート・齋藤由紀夫さんを講師に招き、スモールM&Aノウハウ「入門」講座2019を行いました。セミナーのなかで講師の齋藤さんが、「M&Aというより、経営のバトンタッチと言えばいいのかな」とおっしゃっていました。たしかに、その方が業務の本質が見えやすい気がします。売ったり買ったりという行為より、スモールM&Aは経営のバトンタッチこそ眼目。売買そのものが大事といえば、比べるのもどうかと思いますが、「ビ」から始まる「コイン」的な何かに軍配が上がるでしょう。

こんにちは、ネクストフェイズ編集部です。「へんしゅう」と読んでください。ビットコインは未経験です。さて東京・大阪で計4回行ったスモールM&Aノウハウ入門講座、大盛況でした。弊社代表・ヒガシカワは何度もこのセミナーを聞いているのですが、そのたびに、本当に毎回、「自分も小規模企業のM&Aを手がけたい」だの「コンサルタントとしての腕が鳴る」だのと大熱狂します。おかげで事務所は ちょっとうるさい です。

それはさておき、あっという間に満席になった人気セミナー、参加した方々がどんな感想を持ったか知ってみたいと思いませんか。編集にお任せください、ごく一部ですが披露いたしましょう。受講した人も、していない人も、「スモールM&Aについて同業者や他の士業さんがどう感じているか」きっとご興味ありますよね。

スモールM&Aセミナー受講者の感想を一部ご紹介

受講者1
●売り手より買い手企業の方が多い
小規模事業者でもM&Aという選択肢がある

…という話が印象的でした
(匿名/中小企業診断士)

受講者2
研修などでも事業承継が取り上げられていますが
親族外承継はあまりなかったため参加しました

とてもわかりやすい説明でした
(K・Kさま/税理士)

受講者3
従来型の手続き業務ばかりで
今後の事業展開について悩んでいました

これまでの経験と人脈
案件発掘に活かせると感じました
(K・Eさま/司法書士)

受講者4
スモールM&Aについて
法務面でのサポート経験はありましたが
全体像や今どきの傾向について学ばせていただきました
(Y・Kさま/弁護士)
受講者5
社労士業務とM&Aが
どうリンクするかを知りたくて参加しました

PMIコンサルティングや
労務デューデリジェンス
で関わっていけそうです
(Y・Kさま/社会保険労務士)

受講者6
譲渡価格の決定(バリュエーション)の現状や
デューデリジェンスの実情が参考になりました

今後M&Aを自ら手がけていこうと思います
(匿名/公認会計士)

受講者7
後継者問題がM&Aにつながっていること
●スモールM&Aの市場が大きいこと

…を感じました。売り手の紹介なら自分にもできそうです
(匿名/保険営業)

受講者8
クライアントさんとの会話で
M&Aの話が出てくるようになったので参加しました

許認可+αの仕事として、顧問契約の武器になると思います
(M・Tさま/行政書士)

 
さてみなさん、ここまでを読んで、あることにお気づきになりましたでしょうか。

(シンキングタイム!)







いかがでしょう、おわかりになりましたか?

スモールM&Aセミナー受講者の特徴

はい、そのとおりです。正解は、

たいへんバラエティに富んだ職種(資格)の方々がご参加になったことです。

上記には出ていませんが、不動産や相続関連の職業や資格をお持ちの方々、またサービサー(債権回収会社)関連の方々もお越しで、いわゆる「資格持ち」「独立開業済み」の方々にとどまらず、「一般企業に勤務」「開業はまだ少し先」という方も多数。広い分野の方々が、小規模のM&Aに関心をお持ちです。きっとお客さまからの相談増加など市場のニーズを感じて、「話を聞きたい」と足を運んでくださったのでしょう。本当にありがとうございます。

このセミナーを通してみなさんが、受講者それぞれの立場での「スモールM&Aへの関わり方」を学んでおられたのがとても印象に残りました。

税務、法務、労務…それぞれの資格や経験がスモールM&Aに活きる

スモールM&Aには、どんな職種(資格)でも、それぞれの経験やスキルにふさわしい関わり方があるのですね。講師の齋藤さんも、たいへんチカラを入れて説明なさった箇所のひとつです。「スモールM&Aプレーヤーのポジションはたくさんあるので、誰でも、今日からでも関わっていけます」と。

と同時に、セミナー後の質問タイムで齋藤さんがよくおっしゃっていた言葉も思い出します。「スモールM&Aは、ひとりで全部こなさなくていい。自分の苦手な分野は、それを得意とする人に任せたらいいんです」。

たとえば…

「税務デューデリは、会計士や税理士に」
「労務デューデリなら社労士に」
「会社分割なら司法書士に」
「不動産を多く持っている企業の相談なら、不動産に強いあの人に」

…などと(もっとたくさんありますよ!)、それぞれ得意な資格や経験を持つ人に任せて、自分は自分の得意とする分野を担当すればいいのです。

この、「背伸びしなくていい」というところが、自然体で長く続けられそうな業務だなあと思いました。

無理せず、周りと組みながら、スモールM&Aの仕事をしよう

○○士という資格を持っていたり、また各種コンサルタントという肩書きで仕事をしていると、周りから「その道のスペシャリスト」「いろいろ知ってて当たり前」みたいに思われがちです。そこでときどき、「よく知らない分野の相談を受けたけれど、いかにも知ってるテイで回答してしまう」ってことありませんか。でもそういうことが続くと疲れますよね。得意な人に得意な分野を任せられたら、どれだけラクになることか。

そこでおすすめしたいのが、ネクストフェイズが主催する「スモールM&Aアドバイザー養成講座」です。「小規模に特化したM&A」という業務に本気で取りかかりたい人が集まって学びます。

ぜひこの機会に受講して、事業承継=経営のバトンタッチをサポートする「実務」と、「案件の発掘方法」の両方を学びませんか。と同時に、これから相談しあえる異業種の仲間に出会ってもらえたら、こんなにうれしいことはありません。

スモールM&Aアドバイザー養成講座2019 概要と申込方法

今回は実務だけでなく、「スモールM&A案件を見つける方法」にも多くの時間を割いています。これはかなり貴重な話で、というのも2018年に同様のセミナーを行ったときから、案件の発掘方法や業界地図がガラリと変わっているからです。さすが現場に強い齋藤さん。それに、せっかく学んだ実務、実践の場で活かしたいですよね。

●開催日時・場所
・【東京会場】2019年9月14日(土)・15日(日) 10:00~17:00
DAYS赤坂見附 4階 ルームA 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル
・【大阪会場】2019年9月28日(土)・29日(日) 10:00~17:00
サニーストンホテル江坂 北館 大阪府吹田市広芝町10-3

●定員 各回30名

●受講料(税込価格)
・一般 216,000円
・融資コンサルタント協会正会員 162,000円
・前回スモールM&Aアドバイザー養成講座受講者 162,000円

●カリキュラム
・【1日目 (東京)9月14日(土) (大阪)9月28日(土) 10:00~17:00】
第1講 業界サマリー 隣接業界 アドバイザーポジショニング
第2講 売手市場における、スモールM&Aが身近になる理由   
第3講 買手市場における、スモールM&Aが身近になる理由
第4講 スモールM&Aアドバイザーに求められる資質
第5講 スモールM&Aの案件発掘方法
第6講 行政機関との連携・活用方法
第7講 ファイナンス等から切り込む案件発掘方法

・【2日目 (東京)9月15日(日) (大阪)9月29日(日) 10:00~17:00】
第8講 スモールM&Aの実務(売手側)
第9講 リクエスト資料・契約書
第10講 スモールM&Aの実務(報酬体系)
第11講 スモールM&Aの実務(フレームワークの活用)
第12講 M&Aの実務(買手側アドバイザー)
第13講 意向表明からクロージングまで
第14講 スモールM&Aの企業価値評価
第15講 PMI (アフターM&A)の重要性
第16講 スモールM&Aの周辺ビジネス
第17講 事業投資系の詐欺防止策
第18講 スモールM&A用語集
第19講 付録:お金と幸福度、人生計画
第20講 最後に・・最も大事なこと

●講師 株式会社つながりバンク 代表取締役 齋藤由紀夫(さいとう ゆきお)氏

●受講特典
 1.「スモールM&Aアドバイザー養成講座 参加者グループ」のfacebookグループに参加できる
 2.スモールM&A勉強会に参加できる
 3.実務に使える16種類の書式・ひな形がもらえる
 4.【融資に強いFP・士業になる方法】セミナー無料招待

●申込方法
下記、フォームに必要事項を入力の上、お申し込みください。

みなさまのご参加、お待ちしております。

関連記事

客単価を高める為の税理士の料金メニュー表

料金メニュー作成に関する勉強会も実施します。詳しくは文末をご...

「その道の専門家」をアピールすれば、顧客獲得は楽になる

アピールするために、するべきことは、たったの9つ。 こ...