本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

講師依頼を引き寄せるホームページとは          【商工会議所からよばれる講師になるには】

作り方ひとつで、興味を持ってもらえるかもらえないかに、大きな違いが出てきます。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
ホームページを作成する際は、下記のポイントに留意して作成すれば、
講師依頼を、より引き寄せることができるようになります。

1.写真は絶対に必要
講師の顔が見えるだけでも、依頼する側は安心します。
顔を見たからと言って、人柄がわかるわけではないのですが、どんな人なのかわかるだけでも、
なんとなく「この人で大丈夫ではないか」と思うからです。
セミナーを行っている写真を載せることをお勧めします。

2.一つのセミナーテーマで、一つのページを作る
たくさんのセミナーテーマを持っているからといって、それらを全部、一緒くたにしてはいけません。
ページの内容が複雑になるからです。
一つのセミナーテーマで、一つのページを作れば、読む側にとっては、
そのセミナーに対する内容を、理解しやすくなります。

3.受講者の声は、効果が高い
講師を依頼する担当者にとって、そのセミナーの評判は、とても気になるもの。
「セミナー受講者の声」を入れておくことで、そのセミナーが、
いかに、受講者の心に響くセミナーになったのかアピールできます。
ただし、「受講者の声」を入れる場合は、できるだけ具体的な「声」を入れてください
抽象的な感想では、セミナーの良さを伝えることができませんから。

4.「根拠」のあるプロフィールを
「あなたが、そのセミナーの話をするのに最も適している理由」を伝えることが出来なければ、
担当者も、依頼しようとする気になりません。
「この内容のセミナーをしてもらうには、この人でないといけない」
というところまで、持っていくことができれば、講師依頼につながりやすくなります。
要するに「このセミナーができる根拠」をプロフィールの中に書いておかなくては
ならないということです。

プロフィールの中に、
過去に携わってきた業務内容や実績はもちろん、話そうとするセミナーの内容に関する
経験やノウハウ、スキルをどれだけ持っているか

自分の過去に手に入れた強み(技術力・スキル・ノウハウ)
実際に行った事例
が、それらの根拠になります。
根拠が充実していれば充実しているほど、説得力のあるプロフィールになります。


既に、ホームページは持っているし、今から新たなホームページを作るような
手間も費用もかけられない

という方も少なくありません。

そんな方には、セミナーを紹介するための、1枚の長いWEBページ=ランディングページ(LP)
がお勧めです。

最近は、素人でもプロが作ったようなランディングページを、簡単に無料で作ることができる
無料ホームページ作成サービス」というものがあります。
このサービスを使えば、あまり手間も時間をかけずに、無料でランディングページが作れます。

そんな
「無料ホームページ作成サービスを使ったランディングページの作り方」
を学べるセミナー
があります。

【自らが半日で作れる“ランディングページ”の作り方】
https://peraichi.com/landing_pages/view/yid76

◆日時
2017年9月21日(木) 16時00分~18時00分(15時30分開場)
◆場所
katana 六本木オフィス
東京都港区六本木2-2-6福吉町ビル4F
◆受講料
4,320円(税込み)

※このサイトも「無料ホームページ作成サービスを使って作りました。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る