本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

集客力が高いセミナーの3要件

「セミナーをするとき、いつも、集客に苦労する」
「セミナーを受講した人の評判はいいのだが、受講者が集まらない」
「セミナー会場が満席になったことがない」
そういう悩みをよく相談されます。

集客力が高いセミナー3要件って、知っていますか?
集客力が弱いセミナーは、この3用件のうち、何か不足しているのです。

集客力が高いセミナーの1つ目の要件は、
「興味を引き寄せるタイトルになっていること」

興味を引き寄せることのできないタイトルは、「機能的」になりすぎています。
集客力のあるタイトルは、「感情に訴えかけるタイトル」になっています。
「感情に訴えかけるタイトル」にすることで、
このセミナーは、私が知りたい内容にちがいない」と思ってもらえるようになります。

集客力が高いセミナーの2つめの用件は、
「参加しやすい条件が整っていること」

とても参加したいセミナーであっても、受講料が高ければ、参加できないということもあります。
受講料が適切でも、地理的に遠かったり、日程が合わなかったりすれば、やはり参加できません。
集客力が高くなるような、受講料・場所・日程を選ぶ必要があります。

そして、ほとんどのセミナー主催者が満たしていないのが、3つめの用件である
「セミナーの開催を多くの人に知ってもらうこと」
すなわち、告知が効果的にできていないことなのです。

事前の企画と万全の準備をしていても、きちんと告知できていなければ、受講者を集めることができません。
告知をする場合は、必ず記載しておかなければならない項目があります。

その項目とは、
(1)セミナータイトル
(2)セミナーで得られる情報
(3)セミナーの詳細情報が得られるサイトのアドレス
(4)セミナーを受講してもらいたいターゲット像
(5)セミナー内容
(6)セミナー受講者のメリット
(7)セミナー概要
です。

それらの項目を掲載した原稿を、できるだけ多くの人の目に触れることが必要です。
できるだけ多くの人の目に触れるためには、
「FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア」
「メルマガ・ブログ」
「情報掲載できるポータルサイト」
を利用することで、潜在顧客との接点を増やすことができます。

それ以外にも、絶大的に効果を発揮するのが、
メディアに取り上げてもらうこと」です。

新聞や雑誌、テレビに取り上げてもらうことで、ターゲットにセミナーの情報が到達する確率は、
飛躍的に高まります。

セミナーの集客を高めたいのであれば、押さえるべきは、「告知のセオリー
集客に失敗しているセミナーのほとんどは、この「告知のセオリー」を押さえていないのです。

「告知のセオリー」を押さえておけば、新聞やテレビ、雑誌等に、そのセミナーを
取り上げてもらうことも不可能ではありません。

逆に新聞やテレビ、雑誌等に取り上げてもらえる「プレスリリースのコツ」を知ることで、
「セミナー告知のセオリー」を押さえることができ、自分の行うセミナーの集客力は格段に高まります

そんな「プレスリリースのコツ」を学ぶことが出来るセミナーがあります。

【最強!プレスリリース実践セミナー】in東京
https://www.npc.bz/pressrelease

2016年2月20日(土) 10:00~17:00

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る