本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

創業補助金の募集開始が5月以降になります

まさか、こんな展開があったとは、予想できませんでした。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
3月9日に投稿したブログ
「平成29年度 創業補助金について」
https://www.npc.bz/hojokin/20170309

で、
今年の募集開始時期は、3月24日(金) もしくは、 3月31日(金)
と予想していました。

平成29年度予算案が成立したのが、3月28日だったので、こちらの予想は当たったのですが、
募集時期の予想が大きく外れました。

スムーズに事が進めば、予定通り3月31日(金)には、募集が始まるはずでした。
しかし、ここでまったく想定もしていなかった事態が起こり、創業補助金の募集開始が、
1ヶ月から2ヶ月程度遅くなります

その想定していなかった事態とは、
「創業・事業承継補助金」の事務局が決まらなかった
ようです。

2月7日に中小企業庁から
「平成29年度予算「創業・事業承継補助金」の事務局の募集を開始します」
という告知がありました。

今までなら、スムーズに事務局が決まって、その1ヶ月後ぐらいに募集開始ということになっていました。
一旦、トッパンが事務局として採択されてたようでしたが、採択後に辞退して再度公募になったみたいです。
事務局がなければ、補助金の募集もできませんから、募集開始時期がずれるのは、当然でしょうね。

今回の事務局締切の期限は、4月14日(金)となっています。
通常、事務局が決定して、1ヶ月程度で募集開始となっているので、今回、スムーズに事務局が決まれば、
5月半ば(12日(金)か19日(金))くらいになるかもしれません。

では、事務局がスムーズに決まるか?という見通しですが、今回は決まるのではないかと予想しています。

2月に事務局を募集したときの予算額(事務局の運営費)は、3.09億円でした。
昨年、事務局として名乗りを上げた電通さんはじめ、事務局候補の会社も、これでは、
採算に合わないと考えたのでしょうね。

それで、今回の事務局募集においては、予算額が4.7億円と、1.61億円も増額になっています。
同じ作業をするのにもかかわらず、今回申し込んだ場合は、予算が1.61億円増えるということになります。
運営事務局としては、予算が増えれば、それだけ収益も増えるということになるので、
採算が合うと考える企業も出てくるのではないかと思います。

というわけで、今回は、事務局もすんなりと決まると思います。
一つ懸念材料があるとなれば、事務局候補側が
「もう少し粘ったら、予算額が更に増額されるのではないか?」
と考え、今回の応募に応じないことぐらいですかね。

事務局募集の応募要項を見ているだけで、この補助金を取り巻く背景がいろいろと見えてきて、
なかなか面白いですよ。

再度、お伝えしますが、今回の創業補助金は、今までよりも条件が
大きく変わってくるようです。
今の時点で、創業補助金の獲得サポートの依頼を受けているのであれば、
外部資金の調達確約があるかないか
事業実施期間中に一人以上の雇用を創出する創業なのかどうか
については、必ずチェックしておいてください。

下記セミナーでは、補助金サポートをきっかけにした顧客獲得のしくみづくりのヒント
手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
https://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 4月4日(火)、5日(水)、13日(木)、14日(金)、5月9日(火)、10日(水)
  
(大阪) 4月7日(金)、21日(金)、22日(土)、5月11日(木)、12日(金)、24日(水)
 
※5月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る