本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

【小規模事業者持続化補助金】「経営計画書(1.企業概要)」の書き方

~小規模事業者持続化補助金を獲得する確率を獲得する確率を高める方法(2)~

「経営計画書」に限らず、「補助事業計画書」を作成する際にも共通するのですが、
計画を作成する際は、
「一貫性」「具体性」「納得性・ストーリー性」
の3大鉄則を押さえておく必要があります。

計画全体を通して、矛盾がなく、具体的に、根拠を持って書けているかどうかが重要になります。

例えば、事業内容が「新商品の開発による売上アップ」というような内容でも、
申請書によって採択・不採択の差がつくのは、
この3大鉄則を押さえた計画になっているかどうかの差であることが少なくありません。

そのことを踏まえて、まず、経営計画書を作成してみましょう。

<応募者の概要>から「みなし大企業に該当するか否か」につきましては、
事業者それぞれの内容を、そのまま記入するだけですので、ここでは割愛させていただきます。

大事なのは、その次からです。

まず、「1.企業概要」です。
ここで書くべきことは、
【開業年月日】【事務所・店舗・会社の場所】【業種】【組織構成】
【創業の経緯】【事業概要】【売上・利益の大きいサービス】
【現在までの状況と今後の展開】

の8つです。

【開業年月日】は、その事業を始めた年を書いてください。もし、年月日までわかるのであれば、
「平成◯◯年◯◯月◯◯日創業」もしくは「設立」とお書きください。

【事務所・店舗・会社の場所】は、大体の場所を書けばいいです。
ただし、住所をそのまま書くのではなく、立地条件が業績に左右される業種であれば、
その場所がどんな環境にあるのかも書くこと。

例えば、高齢者がメインターゲットとなっている飲食店の場合、
「高齢者が多く暮らしている住居地域の一角にある」
と書けば、ターゲットと立地が一致しているということがアピールできます。

【業種】は、何の商売をしているのかを簡単に。
後で、自分の事業について詳しく説明する箇所がありますので、ここで詳しい特徴を書く必要はありません

【組織構成】という表現の仕方は大層ですが、ここには、何人の人が働いていて、
各人の役割が何なのかを説明します。

【事業概要】のところは、自らが行っている事業について、説明してください
ここは、「事業概要」と書かずに、「商品・サービスの概要」と書いていただいてもかまいません。
ご自身の扱っている商品や・サービス、事業内容を箇条書きで書けばいいです。
ここが抜けてしまうと、採択されませんので、ご注意ください。

【売上・利益の大きいサービス】の表は必ず作成すること
【公募要領】の23ページにある「1.企業概要の説明」のところのグレーの部分に
「※どのような製品やサービスを提供しているのかお書きください。
また、売上が多い商品・サービス、利益を上げている商品・サービスをそれぞれ具体的にお書きください。」
と書いてあります。

【公募要領】に「お書きください」と書いてある内容は、必ず漏らさないようにしてください。
その部分が審査をする上で重視しているところです。

一昨年、昨年と、採択されなかった申請書の多くが、
この【売上・利益の大きいサービス】の表が抜けていました。

「なければ絶対に採択されない」という訳ではありませんが、重視していると思われている部分なので、
わざわざ、書かないという選択肢を選ぶ必要はないと思います。
ここで書く金額は、「絶対に正しい数字」である必要はありません
「大体これぐらい」でいいのです。

【現在までの状況と今後の展開】のところには、今まで重点的にしてきたことと、
その課題、これから、自分たちがどうしていくか考えていること
を4~5行ぐらいで簡単に書いてください。

【小規模事業者持続化補助金】を獲得するためには、採択にされるのに必要なポイントを
「漏れ無く」「ダブリ無く」書く必要があります。

そんな「漏れ無く」「ダブリ無く」書くには、どうすればいいかを、実際に採択された申請書を使いながら、
わかりやすく解説している動画です。

見本があるから、どう書けばいいか、必要なポイントがどういうことか、より理解できます

【動画で学ぶ 小規模事業者持続化補助金をもらえる確率を高める方法】
https://www.npc.bz/syoukibo2016

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る