本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

来年の「ものづくり・商業・サービス補助金」についての情報

今年、とても人気のあった3つの補助金がありました。
ひとつは、「小規模事業者持続化補助金」
ふたつ目は「創業・第二創業促進補助金」
みっつ目は「ものづくり・商業・サービス革新補助金」

このうち、「小規模事業者持続化補助金」「創業・第二創業促進補助金」については、
2016年度も募集される
ということは、以前お伝えしました。
ただ、そのときは、「ものづくり・商業・サービス革新補助金」については、
どうなるかわかっていませんでした。

しかし、12月18日に発表された「平成27年度経済産業省関連補正予算案等の概要」で、
この補助金も募集されることがわかりました。
名前も少しだけ変わって、
「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」
となりました。

この補助金で募集されるのは、2種類。

ひとつは、「革新的サービス・ものづくり開発支援」
一般型と小規模型に分かれます。
いずれも補助率は2/3になっています。

(1)一般型(補助上限額1,000万円)
「中小企業が行うサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資を支援」

(2)小規模型(補助上限額500万円)
「小規模な額で行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資を支援」

もうひとつは、「サービス・ものづくり高度生産性向上支援」
こちらも補助率は2/3。補助上限額は3,000万円と太っ腹。
「IoT等の技術を用いて生産性向上を図る設備投資等を支援」
となっています。

この補助金の「事業目的・概要」「条件」等を見てみると、今年募集されたものと
ほとんど内容が同じ
なので、
今年の申請書類の内容と、来年の申請書類の内容は、そう大きく変わらないものと思われます。

ただ、今年は、

「国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、認定支援機関と連携して、
革新的な設備投資やサービス・試作品の開発を行う中小企業を支援する。」

となっていたのが、来年は、

「国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、認定支援機関と連携して、
革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者の
【設備投資等】を支援する。」

と、なっていたので、来年は【設備投資】が絡むものでないと、採択されづらいのではないかと
考えられます。

また、概算要求案や、今回の補正予算案を見てみると、キーワードは
「革新的なサービス開発」
となっており、今まで採択されづらかった、「革新的なサービス開発」の採択件数が増えるのではないか
ということが予想されます。

今年は、2月13日(金)に募集開始、5月8日(金)に1次公募締め切りとなっていました。
そこから考えると、来年の募集開始は、2月12日(金)もしくは、2月19日(金)、
1次公募締め切りは、5月6日(金)もしくは、5月13日(金)
になるのではないでしょうか?

いずれにせよ、募集開始から締め切りまで3ヶ月弱ですが、今から準備すれば、5ヶ月弱と、
ほぼ2ヶ月余分に時間をかけることができます

先述したように、今年の申請書類の内容と、来年の申請書類の内容は、そう大きく変わらないものと
考えられますので、今から、今年の申請書類を使って、申請の準備をしてみてはどうでしょうか?

今年、ネクストフェイズに弁理士が入社しましたので、来年の「ものづくり・商業・サービス
新展開支援補助金」については、10社限定でサポートさせていただく予定です。
サービス開始が正式に決定しましたら、また、告知させていただきますので、希望される方は、
ご連絡ください。

補助金についてのサポートができれば、クライアントを獲得できる確率は格段に高まります。
見込み客に対して、
「補助金を獲得するお手伝いをしますよ」
と、言いまくるだけでいいのですから。

ただ、補助金を申請した経験がない場合、自信を持ってなかなか言えないのも事実です。
補助金申請のためには、しっかりした事業計画を立てることが基本になります。

そんな補助金がもらえる事業計画の作り方を知るためのヒントが手に入ります。

●「融資に強い税理士になる方法」セミナー
https://www.npc.bz/fstc/
 
●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
https://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 1月7日(木)、8日(金)、11日(月)、28日(木)、29日(金)
(大阪) 1月14日(木)、15日(金)、19日(火)、20日(水)、22日(金)
 
※「融資に強いFP・士業になる方法」セミナーと「融資に強い税理士になる方法」セミナーは、
日程を統合しました。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る