本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

マー君はどうなるのでしょう。日本でレジェンド貫いてもいいのでは?

最近はまっています。
三国志パズル大戦。笑
パズドラみたいなゲームです。
いつまでこのソーシャルゲーム時代は続くのでしょうか。

おはようございます。
株式会社ネクストフェイズの谷野彰紀です。

新ポスティングシステム。
この言葉を最近よく聞きます。

楽天の田中将大投手のメジャー挑戦の問題で出てきている言葉です。

今までは、楽天に対し、各メジャー球団で交渉権を争い、
最も高い金額を提示した球団と選手が交渉をできる。というものでした。
その高い金額は球団側に入ります。
イチローや松坂、ダルビッシュもこのシステムでメジャーに挑戦しましたね。

今回、これだと意中の球団との交渉が難しい。という配慮から、このポスティング
システムの改変を検討していました。
内容は、入札額の最も高い3球団との交渉。

結局この交渉も決裂しました。

本日の朝に新ポスティングシステム案の合意が近いという話がありました。
その内容は、「上限20億円」の縛りがついた入札額です。

はっきり言って、これは楽天側が飲まないのでは。
と僕は思っています。

元々100億レベルの金額が球団側に入る予定だったのが、1/5です。

プロ野球もビジネスです。
なので、簡単に妥協はできません。
これで球団側が交渉を渋っても、私は楽天に文句は言いません。
あくまでビジネスなのですから。

もちろん、海外に挑戦させてやれという人はいるかもしれません。

球団が損しても!と言う人も多いと思います。

私はそう思いません。楽天が好きにすればいいです。
最初からまともなシステムが確立できていれば、球団側は
出すという思いでされていたはずです。
それは多くの人が分かっているんじゃないですかね。

やはりビジネスなのですから、そこはシビアにいかないといけません。

ただ、冗談だったと思うのですが、
「マー君に8億!」
と三木谷社長が言っちゃっていたので、どうなるか笑

それと、もしポスティングシステムに合意が出たのに、出さなかったら
楽天ショッピングの不買運動とかありそうですよね。

何にしろ、難しい話になるのは間違いないと思います。
さて、どうなることでしょう。

みなさまもビジネスはシビアに、しかし影響も考えて行動してくださいね。

株式会社ネクストフェイズ 谷野彰紀

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る