本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

銀行の支店長と知り合いになる方法

銀行の支店長と直接、手っ取り早く知り合うには、地元の商工会や商工会議所が主催している賀詞交換会や異業種交流会に参加することです。
そういった、イベントに支店長は参加することが多く、そこで名刺交換をすることができます。
ただ、相手も多くの方と名刺交換をしているので、ただ、名刺交換するだけでは、なかなか覚えていてもらえません。
名刺交換の際には、3分程度会話を交わし、何か印象に残るキーワードを伝えてください。
私の場合は、3分程度会話をつなげるためと印象に残るキーワードを伝えるために、名刺に工夫をしています。

私の名刺には
「業績をV字回復させるための5原則教えます。」
と大きく書いています。
裏のプロフィールにも、「多くの企業を短期間にV字回復させた」という内容になっています。
さわやかな笑顔での写真もいれています。
こういった名刺を渡すことで、相手の支店長は名刺を見て質問をしてくれます。
質問に答えるだけで、自分自身が何者であるか(企業をV字回復させてくれる経営コンサルタント)のアピールができ、覚えていてもらえます。

写真をつけているのは、「この人どの人だったかな?」と後で思い出してもらえるためです。
名刺交換の後半には、
「うちの顧問先から聞かれたのですが・・・」
といって、いくつか銀行に関する質問をしてください。そして最後に、
「参考になる話を聞かせてありがとうございました。勉強になりました。また、詳しいお話をきかせてもらえればうれしいです。近いうちに支店のに伺わせていただいてもよろしいでしょうか?」
と尋ねれば、
「いつでもお越しください。」
と快諾いただけますので、1週間以内に
「この前、商工会議所の交流会で名刺交換させていただきました、○○士の××です。その際は、いろいろと教えていただいてありがとうございました。近いうちに御社の支店の近くの顧問先を訪問する予定がありますので、その後にでもお伺いさせていただいてよろしいでしょうか?」
と連絡してください。相手の都合が合うようであればOKしてくれますし、都合が合わないようであれば、別の日を指定すれば会ってもらえます。

士業という資格をもっていることで、「素性のわかっている人」ということになりますから、会ってもらえないということはありません。
「会いたいと言っても、相手から断られるのではないか」
と思われる方もいらっしゃいますが、その心配はありません。
名刺交換すれば、積極的に会いに行くようアプローチしてください。

一度、相手の支店を訪問して、支店長と面談することができれば、その後はその支店に顔を出すたびに、支店長がいれば、「どうぞどうぞ」と応接室に通されるようになります。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る