本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

貸付担当役席とはこうやって知り合う

貸付担当役席との知り合い方は簡単です。
「銀行とパイプをつくるのに一番手っ取り早い方法」のところでも書きましたが、「自分の顧問先と一緒に銀行を訪問をする」だけで知り合いになれます。
今まで担当者に来てもらうばかりで、銀行を訪問したことのない顧問先にとって、銀行は敷居の高いところと感じています。
その顧問先に「一緒に銀行に行って貸付担当役席とパイプをつくりましょう」と言っても、尻込みすると思います。
まず、「知り合うきっかけ」を作るのが難しいと思っているからです。
そのきっかけ作りの方法について教えてあげてください。
こんな風に教えてあげることで、経営者は行動に移してくれます。
(士業・コンサルタント等の専門家:士 社長:社)

士:「社長。貸付担当先とパイプを作るためには、こちらから会いに行く必要があります
けれど、一度、一緒に挨拶にいきませんか?」
社:「ワシ、貸付担当役席の人と面識がないけど、いきなり挨拶に行っても、迷惑がられる
のとちゃうか?」
士:「別に迷惑がられることはありませんよ。でも、不安だったら、まず、担当者の○○君に「挨拶に行きたいので貸付担当役席の方とアポイントをとってくれないか」と頼んでみてはどうです?頼むときに
「○○君。この前、商工会議所のセミナーで【銀行との上手なつきあいかた】という話を聞いたんや。講師の先生は、「銀行とうまくつきあうためには、貸付担当役席とのパイプを作って、積極的に情報提供をしなさい」と言ってたんで、早速、貸付担当役席さんに挨拶にいきたいんやけど、アポイントとってくれへんか?」と言ってください。」
社:「わかった、その通り言うわ」

担当者も、自分の会社の人間のアポイントをとるのには抵抗はないですし、アポイントを取りたい納得できる理由もはっきり言っているため、快く引き受けてくれると思います。

アポイントをとれば、約束した日に社長と一緒に銀行を訪問してください。
挨拶のときに当然名刺交換となりますが、そのときには、
「顧問○○士(コンサルタント)の××です。社長の会社の事業計画の作成や、毎月、事業計画が円滑に進捗しているかどうか、経営内容を振り返るお手伝いをしています。」
と「顧問先の経営をサポートしている専門家」というアピールをしてください。
そして、
「これから、社長は月次の経営状況の報告を出来る限りしていきたいと言われています。基本的には、社長と私で訪問させていただくつもりですが、社長が都合の悪いときには、代わりに私が報告に伺わせていただきますのでよろしくお願いします。」
と伝えれば、毎月、合法的に貸付担当役席に会うことができますし、むしろ、社長が一緒にいないときのほうが、自分をアピールできる良い機会になりますね。
会う回数が多ければ多いほど、関係性が深くなるので、知り合うことができれば、出来る限りあう回数を増やすように工夫してください。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る