本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

銀行は顧客を紹介してくれるところ

「銀行と仲良くなって、どんどん顧客を紹介してもらいたい」
でも、
「銀行はそう簡単に顧客を紹介してくれることなんてない」
なんて思っていませんか?

そんなことはありません。
銀行員と上手に関係をつくることができれば、頻繁に紹介してくれるようになります。

みなさんの周りで、銀行からどんどん仕事をもらっている人はいませんか?

いるでしょう。

その人たちは、うまく銀行員との関係を構築することができたのです。
彼らは銀行員の生態や考え方を知っているが故に、銀行員が顧客を紹介したくなるような、また、紹介せざるを得ないような状況を作っているのです。

銀行をはじめとする金融機関には、たくさんの企業や経営者が集まってきます。
ビジネスを行う上において、血液ともいえるお金を借りるためです。
そういった経営者たちには、いろいろな悩みがあります。

売上のこと、税金のこと、人のこと、許認可のこと、相続のこと、資金繰りのこと、もしかして裁判のこともあるかもしれません。
そういった悩みについてすぐにアドバイスをくれるような専門家とつきあっている経営者というのは100人に3人もいません。
誰にも相談できずに、一人、悶々としていることが少なくありません。
「経営者は孤独だ」といわれる所以です。

そういった経営者が真っ先に相談するのが、銀行員なのです。
よくできる銀行員には、経営者の悩みが集まります。
しかし、銀行員自体が、その悩みに応えられるようなケースはあまりありません。
銀行員といえどもオールマイティではないからです。

そもそも、全ての経営者の悩みに応えられるような資質をもっていたら、多分、その人は銀行員をやめて独立しているでしょう。

そんな悩みに銀行員はどうやって応えるか?
それは「その悩みを解決できる人を紹介すること」によって応えます。

「労働基準監督署がいきなり入って困っているのですか?私の知り合いにそういった案件をたくさんこなされている社会保険労務士の方がいらっしゃるのですが、相談してみます?」
と銀行員が言えば、その経営者は一も二もなく、その社会保険労務士を紹介してくださいとお願いするでしょう。

私はもともと地域密着型金融機関に勤めていました。預金を集めたり、融資をしたり、その多くの時間を、直接顧客と接する支店で、たくさんの企業や事業主を担当しました。
実際に多くの悩みを聞いてきました。

初めの頃は、そういった悩みに応えることが全くできずに上司の役席や支店長に報告して、解決してもらうことが少なくありませんでした。
しかし、長いこと勤務しているとそれなりの対応策も覚えます。

そこで一番役にたったのが、専門家との人脈でした。何といっても、自分で解決しなくても、その専門家を紹介するだけで、悩みのある経営者に喜んでもらえる。こんな楽なことはありません。

でも、実際のところ、私は専門家の方と知り合う機会がほとんどなく、そういった専門家を紹介するということに困っていたこともよくありました。

本編で詳しく説明しますが、銀行員は専門家の知り合いがあまりいないのです。

だから、銀行員と仲良くなることができれば、彼が相談される案件のほとんどを相談してもらえることになります。
だから、一人の専門家に仕事や顧客の紹介が集まるのです。

銀行員の実態や考え方、彼らと仲良くなるための知識やコツを身につけることができれば、あなたも銀行からどんどん仕事を紹介してもらえるようになります。
それを知っていたので、私は独立した後も、多くの銀行から10年間で500件以上の仕事の紹介をいただきました。、

「あんな風に銀行から顧客を紹介してもらえるようになりたい」と指をくわえて見ている立場から、指をくわえて見られる立場にポジションを変えてみませんか?

そのお手伝いをさせていただきますよ。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る