本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

クールビズを実施し、クライアントの評価を上げた士業

「スーツを着ている士業=信頼できる士業」とは限らないと考える経営者が多いことが分かりました。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズの岸田です。

先週のブログでは、真夏でもスーツを着て仕事をしている人は、相手から良い印象を持たれていないケースが多いということをお伝えしました。

この話題を、ある経営者の方と話していた際、このような質問をしたことがあります。

「暑い日にわざわざスーツを着ることに否定的な経営者が多いことは分かりました。しかし、中には『スーツを着ておくべきだ』と考えるクライアントがいるから、クールビズを実施することに抵抗がある方が多いのではないでしょうか?」

すると、興味深い回答が返ってきました。

「そもそも、『暑くてもスーツを着用すべき』と考える経営者は圧倒的少数の意見。だから、多くの人が肯定的なクールビズを実施して、少数派の評価もできるだけ下げないための対策を『別で』取ればいいですよね。たとえばメールやホームページで『クールビズ実施の案内文』を作成し、クライアントに発信するのも一案です」

クールビズ実施の案内メール文例といえば、こういうのがありますよ。
[blogcard url=”http://bizushiki.com/cool-biz”]
最後にこの経営者の方は、このようにおっしゃっていました。

「このようなメールがウチの会社に初めてきたのは、税理士の先生からでした。このお知らせを見たとき『さすが、士業さんはこんな通達まできっちりするんだ』と思って、信頼度が上がりましたよ」

私も、この話をお聞きするまでは、夏場でもスーツを着ておくことが、クライアントから好印象を持ってもらうための最善の手段だと思っていました。

しかし、クールビズの定着してきた時流に合わせた、クライアントへのアプローチが必要だということを実感しました。

このように、人の固定観念というものは、なかなか変わらないことはよくあります。

いま、士業にクライアントから事業承継の相談をされる機会が非常に増えています

しかし、「事業承継は難しそうだし、自分にはできなさそうだ…」と思っている士業の方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、昨年の『事業承継に強い士業になるための【スモールM&Aノウハウ】入門講座』に参加された士業の方の多くは「自分にも事業承継のお手伝いができそうだ!」と、受講後にお話されていました。

そして、この講座を今年も開催されます。

すでに多くの方にお申込みいただいており、東京会場は満席ですが、大阪会場は若干の空席がございます。

ご興味のある方はお早めにお申込みされることをおすすめします。

『事業承継に強い士業になるための【スモールM&Aノウハウ】入門講座』
https://www.npc.bz/sma2018/

<日 時>   
(大阪)
2018年8月20日(月) 18:00~20:30 残り5席
2018年8月21日(火) 15:00~17:30 残り4席
 
<場 所>  
(大阪)
サニーストンホテル<江坂>北館
大阪府吹田市広芝町10-3
地下鉄御堂筋線「江坂」駅7番出口より徒歩2分

<参加費用>
7,020円(税込)

<講 師>
齋藤由紀夫(サイトウ ユキオ)
株式会社 つながりバンク 代表取締役。
オリックス株式会社に16年在籍。
在職中に多くの新規Projectに参画し、東京都、銀行カード会社などに出向。
ベンチャー企業から上場企業まで投融資を実行。
在職中は、株主間調整、合弁契約解消、事業撤退・売却・海外子会社統合、債権回収業務など
前向きから後ろ向き案件の対応をこなす。
株式会社つながりバンク設立後、中小企業の事業再生・資金調達サポートをメインに展開。
2013年頃から、会社売却の相談が増加。現在は小規模でも誠意を持って対応する
M&Aアドバイザーの組織化・育成に注力。

<セミナーカリキュラム>
1.スモールM&Aの歴史と今後の動向
2.スモールM&A市場が拡大する理由
3.中小零細企業のM&A活用事例
4.スモールM&Aアドバイザー業界の実態
5.スモールM&Aサポートを士業にすすめる7つの理由
6.スモールM&Aの基本ノウハウ
7.みなさまの質問に何でもお答えします ←とくに自慢!

<お問合せ>
株式会社ネクストフェイズ
〒564-0051 吹田市豊津町40-6-311
電話:06-6380-1259  メール:info@npc.bz
担当者:岸田

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る