本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

地道な情報発信を続け、担当者に見つけてもらう

ひょんなところから、講師依頼につながるものです。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
商工会議所の担当者が講師を見つける方法のひとつに
検索エンジンで探す
というのがあります。

担当者が、「こんな内容のセミナーをしたい」と、企画しているセミナーがあったとします。
テーマは決まったものの、講師が決まらない。
そんなときに、
「セミナーテーマ名」「セミナー」「地名」というキーワードで、検索します

例えば、「資金調達 セミナー 大阪」というような検索のしかたです。
(今、上記キーワードで検索をしたところ、2008年にアップしていた弊社のサイトがでてきて、
びっくりしました。
当時、弊社の社名は、「株式会社資金調達」でしたから、結構、検索にはひっかかっていました)

検索した結果を踏まえて、出てきたサイトやブログをチェックします。
その内容を見て、依頼したいと考える講師をピックアップします。

その際に講師としてピックアップされるためにしておくべきことは3つ。
「ブログやメルマガで、継続的に情報発信すること」「サイトには、顔写真を載っけておくこと」
「プロフィールを充実させること」

です。

1.ブログやメルマガで、継続的に情報発信すること
ブログやメルマガにおいては、自分の得意とするセミナーと関連する内容を継続的に発信します。
継続的に情報発信することで、担当者から、
この講師は、このセミナーに関する情報に詳しい
と思ってくれるからです。
記事の中で、「事例」をふんだんに使うことで、より、その効果を高めることができます。

2.サイトには、顔写真を載っけておくこと
はじめて講師を依頼する相手ですから、担当者も、
この講師はどんな方なのか。変な人ではないだろうか
と不安を感じます。
サイト上で、講師候補の顔を見ることができれば、それだけでも、不安が減ります。
顔を見ることで、「この人は得体の知れない人ではない」と安心できるのです。
掲載する写真は、難しい顔をしているものよりは、満面に笑みを浮かべている写真のほうが、
より安心してもらえる
ということは、言うまでもありません。

3.プロフィールを充実させること
ブログやメルマガを読むことで、
「この講師は、セミナーで受講者に伝えるだけの知識やノウハウ、事例を持っている」
と認識した担当者が、次に気にするのは、
「この人はどんな人?」
ということ。
次に、見に行くのは「プロフィール」なのです。

プロフィールが履歴書みたいに、してきた仕事の羅列だけだと、興味を持ってもらえません。
プロフィールは、
この講師は、このセミナーを行うに値するキャリア・経験等があるのか
ということが、読み取れるものではないと、効果を発揮しません。

できれば、プロフィールの中にも、読み物としてのドラマやストーリーがあれば、
より、興味をもってもらえるようになります。

継続的な情報発信は、なかなか難しいですが、満面の笑みの写真やプロフィールは、すぐにでも
準備できると思いますので、まずは、準備できるものからはじめましょう。

継続的な情報発信は、どうしても、「待ち」の要素が強くなります。
自分がコントロールして、セミナー依頼を獲得しにいくのには、効果は出にくいのが事実です。

確実に、講師依頼を獲得するために効果的なのが、
「講師オーディションに応募すること」

今年の「商工会議所によばれる講師オーディション」は、9月3日(日)に行いますが、
残念ながら、すでに締め切りとなってしまいました。

実演審査の結果如何では、追加募集もあり得ます。
その際には、こちらで告知させていただきますので、ご興味のある方は、
こまめに、「第10回 商工会議所によばれる講師オーディション」サイトを
チェックしておいてください。

【第10回 商工会議所によばれる講師オーディション】
https://www.koushi-audition.com/

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る