本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

「企業内人材育成推進助成金」って使えるの?

社労士が扱う助成金は実は結構種類があります。

でも、その中には、
「条件が難しすぎる」というものも。。。

こんにちは。ネクストフェイズの吉竹です。

今回ご紹介する助成金は、「企業内人材育成推進助成金」です。
今年から始まった助成金。

これは、<使える助成金>だと思います。

どんな助成金なのかといいますと、

1.教育訓練・職業能力評価制度
□制度導入助成額 50(25)万円
□実施・育成助成額 5(2.5)万円

2.キャリア・コンサルティング制度
□制度導入助成額 30(15)万円
□実施・育成助成額 5(2.5)万円
☆加算 15万円(7.5万円)

3.技能検定合格報奨金制度
□制度導入助成額 20(10)万円
□実施・育成助成額 5(2.5)万円

※( )は大企業の場合
※ 実施・育成助成額は一人当りの金額。最大10人まで。
※ キャリアコンサルティング制度の加算は、従業員をキャリアコンサルタントとして育成した場合。

合計すると最大400万円の助成金です。

この助成金の特徴は、しっかりとした活用マニュアルが公開されていること。
活用マニュアルはこちらからダウンロードできます。
→ 厚生労働省「企業内人材育成推進助成金」

このマニュアルの通りに計画の届出をする必要があります。

3つの制度のなかでも使いやすいのは、1と2。
3については、対象となる技能検定があるのであれば、活用できると思います。
技能検定についてはコチラ
→ 中央職業能力開発協会「技能検定のご案内」

私は10件ほど計画の届出をしました。

1.教育訓練・職業能力評価制度 については、
「汎用性のある評価基準」を探してくるのが大変です。
それ以外は、会社と話をし、業務の洗い出しと整理をすれば作れるかと思います。

2.キャリア・コンサルティング制度 については、
「キャリア・コンサルティング有資格者であって、登録キャリア・コンサルタントである者」
が行う必要があります。
とされていますので、その資格者を確保できればさほど難しくはないと思います。
もし、資格者が確保できないという方がいればご紹介します。

ポイントとしては、
「計画の届出時に細かいところまでチェックされる」ということ。
支給申請より計画の届けの方が細かく見られます。

とりあえず窓口で受理印をもらって後からFAXとか郵送で。というのができません。
私は、初めて計画届を提出したときは、4回助成金センターに行きました。。。

このような制度の導入や実施を希望する事業所には、非常に役立つ助成金です。
無理なく実施できるのであれば、ぜひ、活用していきたいですね。

●社労士の友、平成28年度版です!↓

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る