東京都中小企業振興公社が新規登録専門家を募集しています

昔、ここに登録したいと思っていました。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
私は、10年程前、大阪市中小企業支援センター(あきないえーど)で、専門家登録をしていました。
その専門家派遣での話です。
あるスーパーマーケットの経営者から
「新たに資金調達を行いたいのだが、金融機関がまともに話を聞いてくれさえもしない。
借り入れが出来るようにアドバイスをもらいたい」
ということで、派遣依頼がありました。

依頼先の会社を訪問し、財務資料を見て話を聞いてみると、
「そりゃ金融機関も避けたくなるだろうな」
というような、いい加減な経営状況でした。
そのような経営状況を改善するのに訪問できる回数は5回しかなかったため、
アドバイスだけでなく、実際に金融機関へも同行し、交渉のサポートをした結果、
何とか金融機関が交渉のテーブルに着くところまで持ってくることができました。

5回以上は派遣できないため、5回目が終わった時に、
「今回で専門家派遣は終わりです。金融機関と交渉できるようにまでは持ってきましたから、
あとは、ご自分で交渉してください。」
と言って、その仕事を終えようとしたところ、先方の経営者から、
「このまま、続けて面倒見てくださいよ」
と強く依頼されました。
仕事ぶりをとても気に入っていただいたようで、
顧問料300万円という大型の顧問契約に繋がりました。

ありがたいことに、専門家派遣で行った先から顧問契約をいただくことは結構あり、
当時は、顧問先を獲得するためのよいチャネルになっていました。

そこで、東京に進出したときにも、東京の中小企業支援センターに専門家登録したいと考え、
「東京都中小企業振興公社」(東京都の中小企業支援センター)に、
「登録させてもらえませんか?」
と訪問しました。

公社の担当者からは、
「現在、専門家登録は募集していません。当分、募集する予定もありません。」
というけんもほろろな返事。
残念ながら、それから今まで、東京都中小企業振興公社では専門家登録できていません。

先日、東京都の助成金を調べていて、東京都中小企業振興公社のサイトを見ていると、
【「専門家派遣事業」における新規登録専門家の募集について】
http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1711/0012.html
というページを見つけたのです。

今は、仕事が忙しくて、私自身は専門家登録をするつもりはありませんが、
このブログを見ていただいている士業やコンサルタントの方々に、
この情報をお伝えしたくて、投稿しました。

東京近辺の方しか対象になりませんが、情報提供させていただきます。
なかなか募集をしないところなので、チャンスだと思います。
「資金調達支援が得意です」とアピールすると、登録に有利に働くと思いますよ。


↓↓↓ 募集内容 ここから ↓↓↓
 
【「専門家派遣事業」における新規登録専門家の募集について】
http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1711/0012.html
  
(公財)東京都中小企業振興公社では、ベンチャー・中小企業等が抱える経営課題に対し、
これら企業の要請に基づいて、実績ある専門家を派遣して診断・助言を行い、適切な解決を図るため
「専門家派遣事業」を実施しています。
本事業実施のため、下記のとおり、新たな専門家の募集を行います。
 
申請予約期間内に、「専門家登録申込フォーム」にて申請書受付日時を予約してください。
折り返し、申請書受付日時をご連絡いたします。申請書の受付は、ご予約をいただいた方のみの受付となります。
  
1.申請予約期間
平成29年12月1日(金)から平成30年1月5日(金)17時まで
 
2.申請書受付日
平成30年1月17日(水)、1月18日(木)、1月24日(水)、1月25日(木)
  
<募集(平成30~31年度)に際しての留意事項>
1.登録要件(別紙、「登録のご案内」参照)を充たし、証明書類を全てご用意いただける方が
  申請対象となります。
 
2.申請予約期間内に申請書受付日を「専門家登録申込フォーム」にてご予約のうえ、
  申請書受付日に書類を持参していただきます。郵送での受付は行っておりません。
  
3.登録期間内において、中小企業等に対し1度も診断・助言を行わなかった専門家は、
  次期(平成32~33年度)の更新登録の対象外となります。
 
<登録の申込方法>
1.「登録のご案内」にて「登録の要件」等をご確認のうえ、必要事項を記入した
  「専門家登録申請書」に添付書類を添えて、申請受付日に書類を持参してください。
  
2.申請書類を持参いただく際は、「申請要件確認リスト」をご記入のうえ、提出してください。
  証明書類に不備がある場合(不足、証明期限切れ等)は申請書を受理できませんので、
  ご不明な点は事前に担当者あてにご確認ください)
 
※申込内容について審査を行い、3月以降に結果をご連絡いたします。

↑↑↑ 募集内容 ここまで ↑↑↑


自分の専門分野に加え、もう一つ得意分野を重ねることで、
相談者からは、とても魅力的な専門家と思ってもらえます。
その得意分野が、経営者の顕在化している悩みに関することであるなら、なおさらです。

経営者の顕在化している3大悩みは、「資金繰り」「売上アップ」「人の問題」。
その中で一番多い悩みは「資金繰り」なので、「融資に強い」とアピールすることができれば、
相談者はとても魅力を感じてくれます。

そんな「融資に強い専門家」になるためのヒントが手に入ります。


●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー


(東京) 12月8日(金)、25日(月)、26日(火)、1月8日(月)、9日(火)
   
(大阪) 12月27日(水)、1月11日(木)、12日(金)、24日(水)、25日(木)
  
※1月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

捨てる勇気とやめる勇気

何かを捨てなければ、新しいものは手に入らない。 こんに...

経営者の“会いたい心”を揺さぶる、アプローチトーク

「会いたい」と思ってもらえなければ、顧客を獲得するのはできま...