本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

サンマーク出版代表取締役社長 植木宣隆氏のお話を聞いてきました。

超一流と言われる編集者の出版に関するこだわりがこんなに強いとは・・・
自分の足りなさを反省してしまいました。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
一昨日・昨日とサンマーク出版さんが主催する
「本気で著者になる出版ゼミ」
https://www.sunmark.co.jp/honki_zemi/index.html
に参加してきました。

この「本気ゼミ」は、
第一線で活躍するサンマーク出版のベストセラー編集者たちが、
3ヶ月つきっきりであなたを、本を書くに値する
「本物の著者」に育て上げてくれる。という6日間の
ゼミです。
(詳しい内容は、上記サイトをご参照下さい)

このゼミに集まったのは、総勢32名(だったと思います)。
いずれも熱い志を持った方ばかりでした。
この方達と知り合いになれただけでも、ゼミに参加した
値打ちがあったなあと思えるような「濃い」メンバーでした。

2日目の昨日は、サンマーク出版代表取締役社長 
植木宣隆氏の講義でした。

植木社長の話を聞いて、
「サンマーク出版の編集者というのは、こんなにとても
熱い想いで本を作っているのだ」
ということが、ヒシヒシと伝わってきました。

そして、自分自身が、そういった編集者の熱い志に
応えられるような企画書を作っていなかった
自分の足りなさに、心から反省しました。

2時間の間、いろいろと話を伺ったのですが、
心に残った話を記しますと、

「自社を一言で表すと、どういう言葉になるか考える」
自分の会社の理念やミッションの重要さを改めて認識しました。
自分の会社を一言で表すことができているだろうか?
その言葉が軽くないだろうか?
そこまで、考えに考え抜いた「理念」や「ミッション」になっているのだろうか?
今度、じっくりとこのことだけ、一日かけて考え抜こうと思いました。

「本気度の強い人から行動に移していく」
本気の人は、「やる」「なる」と決めているので、行動に移すのが早い。
本気であればあるほど、先送りせずに、「今」行動を起こす。
意思決定と行動のスピードの重要性を教わりました、

「大ヒットしている書籍に共通していること」
1.「驚き」を生むタイトルになっている
2.心と体の癒やし、健康を求めている
3.それを読むことで、読者自身が変われる
4.「田舎でも売れる本」になっている
5.女性に応援してもらえる本である。
次に書く企画書の参考にとてもなりました。
キーワードは、「病院のお見舞いに持って行ける本」だそうです。

植木社長の考える理想の編集者像ですが、これって、
士業やコンサルタントにも当てはまりますね。
「戦う編集者たれ」
1.編集は格闘技。泥んこの中からしか本物は生まれない
2.企画も原稿も見出しもタイトルも装丁も、ベストを目指して戦え
3.エネルギーの大きな人物に注目。徹底的に読者の側に立った本作りをする
4.「首から下」で仕事をする。著者を口説く。看板で仕事をするな
5.わかりやすさにこだわる

他にもいろいろと教わりましたが、まだ、自分自身、全部消化しきれていません。
今日は、2日間にまなんだことを復習する日にしようと思っています。

「本気度の強い人から行動に移していく」ということですから、まず、本気ですぐに動こうと思っています。

また、いろいろと忙しくなりそうです。

 
 
出版企画書の作り方も教わったのですが、出版企画も
セミナー企画も、コンテンツ作りが基本なので、
驚くほど、考え方が同じでした。

ということは、「いいセミナーができる人」は、
「いい著者になれる」ということなのでしょうね。

【第8回 商工会議所によばれる講師オーディション】
http://npc.bz/audition-v8/
 
今回は、初の商工会議所での開催です。
 
多くの商工会議所の担当者が見学に来る予定です。
 
オーディションは7月10日(金)
現在、エントリー募集中です。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る