創業融資を使って、金融機関から新規顧客を紹介してもらう方法

創業融資に詳しくなれば、新規案件をどんどん
獲得するのも難しくありません。

こんにちは。ネクストフェイズの岸田です。

2ヵ月ほど前になりますが、日本経済新聞に
このような記事が掲載されていました。


日本政策金融公庫の千葉支店と
銚子商工信用組合が、創業支援を目的とした
協調融資を行うという記事です。

現在、日本の創業率は上昇していますが、
信用組合や信用金庫などの地域密着型金融機関は
もっと新規事業者を獲得したいと考えています。

そのため、日本政策金融公庫と提携をしたというのが
上記のニュースのおおまかな内容です。

つまり、地域密着型金融機関も
「新規顧客を開拓する方法を探している」
ということです。

FP・士業が融資のスペシャリストになり、、
事業計画書作成のサポートをしたり
金融機関に同行し面談を行うなどの支援ができれば
どうなるでしょうか。

創業融資のサポートをする
(日本政策金融公庫に対して)
 ↓
融資が確定すれば、地域密着型金融機関を紹介する
(借入金の着金用口座を作成)
 ↓
「融資案件が得意な、FP・士業」であることを、
金融機関にアピールする
 ↓
金融機関に新規事業者から相談があれば、
顧客を紹介してもらえる
 ↓
安定的に収入が得られるようになる

このように、良い流れが生まれるようになります。

金融機関担当者の多くは、
融資に強い専門家がいれば、提携したいと考えています。

そんな創業融資に強い専門家になるための知識やノウハウが手に入ります

●創業融資コンサルタント入門セミナー 「創業融資のプロが語る『今の時代を生き残る士業になる為の武器とは!?』」●

※終了しています※
日時 2017年11月19日(日)、20日(月)10:00~17:00 場所 katana汐留オフィス https://www.katana.bz/office/shiodome/ 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F JR新橋駅 (烏森口) 徒歩8分 浅草線・銀座線新橋駅 徒歩8分 定員 12名限定

関連記事

創業者支援をメインにして、事務所拡大を続けている税理士

創業者支援で事務所経営を安定させることは可能なのです。 ...

士業が創業融資を借り入れる前に、まずしておくべきこと

創業融資を借りる経験をしておけば、【創業サポート】を業務とし...