質問「起業支援の相談は多いけれど、創業後に縁が切れてしまうんです」

ネクストフェイズが運営する融資コンサルタント協会では、会員からのメールや電話などによる個別相談を受け付けたり、ご報告をいただいたりしています。先日、ある行政書士から創業・起業支援の相談にのるときについてご質問をいただきました。
質問者 「ここ数年来、政府が創業を後押ししているせいか、起業支援の相談が増えています」 東 川 「具体的には?」 質問者 「おもに法人設立、許認可取得です」 東 川 「なるほど、いまは行政書士にとってもチャンスの時代ですよね」 質問者 「しかし起業支援をしても、それっきりで縁が切れてしまって…」
こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。行政書士といえば顧問先を持たず、単発の仕事が多いとよく言われていますね。
質問者 「そこで、私は融資サポートができますので、融資を受けた方がよいと思われる創業者に対して、融資をおすすめすることがあります。融資のお手伝いをすれば、行政書士であっても企業と長くおつきあいできますしね。でも創業者って、お金を借りたがらないんです」
気持ちはわかります。できれば自己資金で、いけるところまではいきたい。ずっと借金せずに済むなら、ずっと借金せずにいたいと考える創業者は多そうです。
東 川 「融資を受けると2つのメリットがあるんですよ。その点を、ていねいにご説明してはいかがでしょうか」
(2017年3月某日、個別相談にて)
東川によると、融資を受けた場合の2つのメリットとは…
①投資すれば、黒字化するまでの期間が短くなる 初期のうちにある程度まとまった額を、たとえばスタッフなどの人員採用活動、Webサイト、チラシなどに投資すれば、それだけ早く事業が軌道に乗ります。10の規模の商いを、1から始めるのではなく、3や5から始めるイメージです。 ②いざ資金に困ってしまうと、なかなか貸してもらえない 創業者が資金繰りに苦しむのは、自己資金が枯渇しやすい2年目。逆説的ですが、困り始めるとなかなか貸してくれないのが金融機関です。でも創業時は比較的借りやすいもの。借りられるうちに借りておいて2年目のためにプールしておくと、運転資金の心配がグンと減ります
この行政書士さんいわく、「つながりを保つために、相談いただいた起業の支援後も、融資はもちろん、補助金の提案なども行っていく」のだとか。 行政書士をはじめ単発業務の多い士業でも、一度ご縁のあった企業と長くつきあっていくポイントを、実例を交えてたっぷり150分お話しするセミナーはこちら↓です。 ●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

こんな会計事務所に勤めていると危ない

10年後の顧客数と顧問料単価を考えてみたことはありますか ...

【年商1,000万円超え士業】の勉強会

年商1,000万円を超えた士業が、次に目指すのは、何なのか?...