長島崇行政書士インタビュー【5】 セミナーって、有効ですか?

大阪市淀川区で開業している行政書士・長島崇さん(35歳)。
単発業務が多く、経営を安定させるのが難しいといわれる行政書士ですが、
長島さんは独立からもう5年目になります。
資格取得→すぐ独立したものの売上ゼロ行進だった初期から、続けに続けた試行錯誤、
さらに「人生を変える」(ご本人談)セミナーで得たことなど、
たっぷりお話しくださいました。
聞き手は、ネクストフェイズ編集部です。…と言い切りたいところですが、
第3回から弊社社長のヒガシカワが乱入 登場、
その若干のカオスもあわせてお楽しみください。

長島崇さんプロフィールはこちら

【もくじ】
第1回 飛び込み営業→自作サイトでWeb集客…の結果
第2回 《藤本式》セミナー参加で何が変わったか
第3回 名刺もチラシも、改良に次ぐ改良
第4回 ヒガシカワさんと喋るとき気後れしていた理由
第5回 価値あるセミナーの見分け方

*****************************************************************************
第5回 価値あるセミナーの見分け方

――        たとえ自分にとって高額でも、それだけの価値があるセミナーを見分けるためには、どんな点に着目すればよいのでしょう。

長島        うーん、それはですね…。

――        はい。

長島        わかんないです(笑)。

――        えーっ(笑)。

長島        いや、わからないですねー。私が行っていたのは金額的には低いセミナーばっかりで、何万円もするようなセミナーに行ったことは、もちろんないですし…。今回の《藤本式》セミナーは1万円で「当たり」だったんですけど、1万円のセミナーでもはずれることはあるでしょうし…。まあ、講師と自分が合う/合わないといった個人的な相性もあるでしょうし、講師の考え方に対する相性もあるでしょう。

――        難しいですよね。

長島        あ、まずは、あれかな、そのセミナーのチラシやサイトですね、そのセミナーの内容を見て、自分に実行できそうか、という点です。私は藤本さんの「アナログ営業」という点にひかれたんですが、これだったら、まあ、自分にもできそうかなっていうところですね。

――        自分に実行できそうか、という点。

長島        あと、そうだな、何だろうな…。自分にとって興味があるかどうか、も同じ意味になってしまうか。でも、そういう意味では、多少(笑)、値の張ったセミナーに行ったほうがいいのかなというのはありますね(笑)。

編集        多少(笑)。

長島        うん、多少は。若手の人や、もちろん僕も含めて、予算に限りがある人は多いでしょうけれど、多少、値が張ったほうがいいのかなと、まあ、1万円ぐらいまでならいいのかなと。まずは、最初の時点はね。

IMG_7111 IMG_7035 ●「《藤本式》セミナーのおかげで資金に少し余裕ができたのでPC周りの投資もできたのですが、基本はアナログ営業です」(長島さん)。 同じ手帳を2冊持ち、一冊は通常のスケジュール管理、もう一冊にはメモがびっしり

長島        でも一番大切なのは、「セミナーを受けた後、自分が動くかどうか」です。私も《藤本式》の1万円の方のセミナーで知ったノウハウを実行して、それで結果が出たから、より高額な少人数講座に思い切って投資できたというのがあります。少人数講座が始まる前から「こう営業しなさい、そのためにはこう準備しなさい」って具体的にもう教えていただいていましたから。 編集        1万円の大人数セミナーの時点で。 長島        はい、たとえばあのときすでに、営業に役立つツールとして「御用聞きシート」なども配ってくれていましたよね。 編集        それを活用したら、効果があった…。 長島        はい、引き合いがありました。もちろん引き合いが全部成約につながるわけじゃないけれど。営業職経験のおかげで、引き合い=100%すぐ成約なんてあり得ないとわかっていたので。でもやっぱり、そもそもの引き合いがなければ、成約につながりませんしね。 独立開業したのだから、営業に出よう 長島        士業さんって、私も含めて、営業がイヤだから資格を取って…という人が多いんじゃないかと思ったりします。 編集        営業したくないと。 長島        そう。でも、それでは立ちゆかなくなるんです。だって独立したら、アナログもしくはネットで営業するしかないですよね。アナログ営業に出ていく人、ネット営業に潤沢にお金をかけている人は生き残っているし、そうでない人は難しいんじゃないかな。たしかに「営業したくないから士業の資格取ったのに」という人にとってはジレンマでしょう。でもそういう人は、僕が行った《藤本式》セミナーみたいな営業セミナーに行けばいいし、参加したいと思ったセミナーの開催時期を逃していたら、東川さんに尋ねてもいいと思うんです。 東川        …。←急に名前が出て動揺 長島        そういう意味では、東川さんの最新著書『お客は銀行からもらえ!』は、そのまま、もろに、営業マニュアルですから。地取り営業の、足で稼ぐ営業の、イロハのイですもの。 東川        …。←照れて貝のようになった 長島        読んでて、思いましたもの。これはもう、まさしく士業の営業マニュアルだと。 ――        (東川に) …だそうですよ。 東川        今、めっちゃうれしかった。←小声で 長島        あの本に書いてあることって一般企業の営業マンにしてみたら「ああ、これこれ!」の連続(笑)なんです。僕も営業経験ありますから、わかります。ただひとつサラリーマン時代と違うのは、相手に持っていくためのお土産、つまり情報ですよね、それをサラリーマン時代は会社の経費で作っていたのが、今は自分で自腹を切りながら作る、という違いだけなんですよ、結局は。 ――        もう会社は頼れませんしね。 長島        だから逆に言えば、○○士とか関係なく、自分の専門外の情報でも、惜しみなく見込み客に出して行けばいいのかなと思っています。たとえば僕は行政書士だけれど、補助金とか助成金に関するネタとかを、どんどん見込み客にお伝えすると。 編集        長島さんの建設業のお客さん、きっと喜んでくれますよ。 長島        ええ、たとえば人気の高い中小企業経営力強化資金とかも。僕も、新規の融資とかの話もお客さんにできるようになりましたし、はい。 ――        長島さんは、ネクストフェイズの「融資に強いFP・士業になる講座」も受講なさったんですよね。 長島        はい。これだけ投資したんですから、廃業できません(笑)。 東川        大丈夫やって、廃業せんでも済むって(笑)。 長島        嬉しいお言葉、ありがとうございます。「打ち上げ花火」で終わらないように頑張ります!

(おわります)

IMG_7007
●勉強家で努力家!そんな真面目なお話のなかにも、見ているこちらが心なごむ優しい笑顔。ありがとうございました!

***************************************************************************** 長島崇行政書士インタビュー <全5回> 「セミナーって、有効ですか?」 【もくじ】 第1回 飛び込み営業→自作サイトでWeb集客…の結果 第2回 《藤本式》セミナー参加で何が変わったか 第3回 名刺もチラシも、改良に次ぐ改良 第4回 ヒガシカワさんと喋るとき気後れしていた理由 第5回 価値あるセミナーの見分け方 PS.ネクストフェイズのセミナーのご紹介です。「メニュー」が増えると営業がグンと楽になる…と、業種を問わず多くの士業さん、そしてFPのみなさんから人気です。行政書士の長島さんが、補助金・助成金や融資サポートを見込み客に提案できるようになったのも、こちらのセミナーが出発点でした。 ●「融資に強いFP・士業になる方法セミナー」

関連記事

「怪しくない」セミナー・講座の見分け方

怪しいセミナーに参加して、とても大きなお金を失った人もたくさ...

法人への飛び込み営業で、高い確率で社長に会うための方法

ここまでやると、さすがに社長と会えると思います こんに...