Archives

顧客を獲得できない士業が行うべきこと

1月17日顧客を獲得できない士業が行うべきこと

努力の方向が間違っている人は、以外に多いです。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
先日、独立したばかりの士業の方何人かとお話をする機会がありました。
その時の話題が、
顧客をどうやって増やしていくか
独立したての士業には、普遍の悩みです。

「あまり顧客がいないのであれば、時間はありますよね。
暇な時間は何をされているのですか?
と尋ねたところ、半分以上の方が、
「勉強をしている」
と答えていました。

「何の勉強をしているのですか」
と尋ねると、
「お客さんから、どんなことを聞かれても困らないように、あらかじめ、
いろいろなことを調べています。相談されて答えられなければ、信用してもらえませんからね。」
と言っていました。

それを聞いて、私がまず思ったのが、
努力の方向が間違っている
ということでした。
士業が専門家として、必要な知識を増やすのは必要なことだと思います。

しかし、顧客がほとんどいない士業が、まず行うべきことは、
経営を軌道に乗せる程度の顧客を獲得すること
勉強することでは決してないと思います。

確かに、顧客がいない状態では、暇なため、何かをしないと不安になるというのは、よく理解できます。
昔の私もそうでしたから。

でも、机の前に向かっても顧客は絶対に増えません
顧客を増やすためには、顧客を増やすためのリアクションが必要なのです。

顧客を増やすためのリアクションとは、
人に会いに行くこと
です。

「犬も歩けば棒に当たる」
ということわざにもあるとおり、じっとしていないで、何でもいいからやってみれば、
思わぬ幸運にあう
ということは、よくあります。
誰でもいいから会いに行くことによって、紹介につながる可能性は0とは言えません。

しかし、机の前でどれだけ勉強をしていても、顧客を獲得できる可能性は0なのです。

営業が苦手な士業がとても多いのも知っています。
「営業がしたくなくて、資格を取ったのだ」
と言っている士業の方も、たくさん見てきました。

以前は、それでも顧客を獲得できたでしょうが、今の士業を取り巻く、競争環境では、
そんなことを言っていたら、廃業する目にあいかねません

せっかく志高く、資格をとったのですから、廃業なんかするはめに陥ってもらいたくないと思っています。

相談されてわからないことが出てきたら、わかっている先輩に聞けばいいのです。
なによりも、相談してくれる人を見つけないことには、そんな難しい相談もやってきませんから。

まずは、
書を捨てよ、町へ出よう
です。

独立したてにかぎらず、士業にとって顧客の獲得は、とても重要な問題です。
今までなら、待っているだけで、見込み客が集まってきましたが、今は、そんな幸運なことは、
ほとんどありません。
待つのではなく、「しかけていく」ことが必要になります。

「どうやって顧客を獲得するための「しかけ」を作ればいいかわからない。」
という士業のために、
顧客獲得のためのしかけの作り方のヒントが手に入るセミナーです。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 1月18日(水)、19日(木)、21日(土)、2月3日(金)、6日(月)、15日(水)
 
(大阪) 1月26日(木)、27日(金)、2月7日(火)、8日(水)、23日(木)、24日(金)
    
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模事業者持続化補助金を獲得出来る確率を高めたいのであれば・・・

動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut

【金融仲介機能のベンチマーク】とは?

1月14日【金融仲介機能のベンチマーク】とは?

近い将来、金融検査マニュアルは廃止されるとも言われています。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
今、金融機関は、士業とパイプを作りたくて、士業の事務所に対して、
積極的に飛び込み訪問を行っている

と、以前、ブログで伝えました。

「今年は金融機関を攻略する最大のチャンス」
http://www.npc.bz/relation/20170106

その原因となったのが、【金融仲介機能のベンチマーク】だと言うことも
お伝えしましたが、今回は、その【金融仲介機能のベンチマーク】が
どういうものなのかをお伝えします。

金融機関から顧客を紹介してもらえるようになりたいのであれば、
この【金融仲介機能のベンチマーク】は、絶対に読んでおくべき資料なのです。

金融庁の資料では、【金融仲介機能のベンチマーク】は、
自己点検・評価、開示、対話のツール」という位置づけとなっています。
その内容を要約すると

・多くの金融機関は、その経営理念や事業戦略等において、金融仲介機能を発揮し、
 取引先企業のニーズや課題に応じた融資やソリューション(解決策)の提供等を行うことにより、
 取引先企業の成長や地域経済の活性化等に貢献していく方針を掲げている。

・他方、企業からは、「金融機関は、相変わらず担保・保証に依存しているなど対応は変わっていない
 といった声が依然として聞かれる。

・多くの企業が、金融機関に対して求めていることは、
 「事業の理解に基づく融資や経営改善等に向けた支援
 である

・金融機関によって金融仲介の取組みの内容や成果に相当の差がある

・企業から評価される金融機関は、取引先企業のニーズ・課題の把握や経営改善等の支援を
 組織的・継続的に実施
することにより、自身の経営の安定にもつなげている

・金融機関が、自身の経営理念や事業戦略等にも掲げている金融仲介の質を一層高めていくためには、
 自身の取組みの進捗状況や課題等について客観的に自己評価することが重要である。

こういった内容を踏まえ、金融庁では
金融機関における金融仲介機能の発揮状況を客観的に評価できる多様な指標
(「金融仲介機能のベンチマーク」)を策定したということです。

この【金融仲介機能のベンチマーク】が策定されたことで、金融機関の動きがとても変わりました

今までであれば、金融庁が
事業性評価融資を積極的に行いなさい
と、口を酸っぱくして言っても、多くの金融機関は、事業性評価融資への
取組について本腰を入れてきませんでした。
また、以前の金融検査マニュアル重視の体制に戻るかもしれないと思っていたからです。

しかし、この【金融仲介機能のベンチマーク】で、金融機関が取り組むべきポイントについての指標が
策定されたことで、金融機関には、その指標に対する報告義務が生じました。

例えば、事業性評価融資を行っている件数や融資額などを公表しなければならなくなり、
その数字が増えていない場合は、金融庁から強力な指導が入ることになります。

金融機関にとって、金融庁からの強力な指導が入ることは避けたいですので、
事業性融資に積極的に取り組まざるを得なくなったのです。

【金融仲介機能のベンチマーク】には、「共通ベンチマーク」と「選択ベンチマーク」があり、
この各ベンチマークの詳細を見ていくことで、
士業が「自分たちは、金融機関に対して、どのような貢献ができるのか」
ということが見えて来ます。

そういった
「【金融仲介機能のベンチマーク】を活用した、金融機関との提携提案のポイント」
については、後日、解説させていただきます。

【金融仲介機能のベンチマーク】を深く読むことで、金融機関攻略の糸口が見えてきます
これをうまく利用すれば、クライアントの融資も円滑に借りることができるようになりますし、
士業やFP・コンサルタント自身が、金融機関から顧客を紹介してもらえる関係を作るためのしかけ方
もわかります。

そんな
【金融仲介機能のベンチマーク】を利用した金融機関攻略のためのヒント
が手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 1月18日(水)、19日(木)、21日(土)、2月3日(金)、6日(月)、15日(水)
 
(大阪) 1月26日(木)、27日(金)、2月7日(火)、8日(水)、23日(木)、24日(金)
    
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模事業者持続化補助金を獲得出来る確率を高めたいのであれば・・・

動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut

介護事業の起業支援は慎重に

1月13日介護事業の起業支援は慎重に

介護事業は成長市場と言われていますが・・・

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
私の周りの士業の方、特に行政書士や社会保険労務士の方に多いのですが、
介護事業の起業支援を強みにしたいと考えています
と言われている方が、結構いらっしゃいます。

業種に特化した強みや、業務に特化した強みを持つのは良いことだと
思うのですが、最近、気になる記事を見かけました。

それがこれ
「老人福祉・介護事業」の倒産が急増、2016年は2000年以降で最多の108件
(東京商工リサーチ)
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20170111_01.html

この記事で書かれていることを要約すると

・2016年の「老人福祉・介護事業」倒産は、これまで最多だった2015年(76件)の1.4倍増、
 108件と急増した。
・倒産した事業者は、従業員5人未満が全体の73.1%、設立5年以内が50.0%を占めていた。
・事業計画が甘い安易な起業だけでなく、本業不振をカバーするため異業種からの参入や
 過小資本のFC加盟社などの倒産も目立った。
・業種別では、「訪問介護事業」「通所・短期入所介護事業」「有料老人ホーム」の順で
 倒産件数が多かった。
・新規参入が相次ぐなか、小規模で、参入間もなく資金調達力や体制が未整備の新規事業者が
 淘汰される実態がみえた。
・原因別では、「販売不振」が前年比ほぼ2倍増で同業他社との競争の激しさを物語った。
・業績不振に陥った事業者はノウハウや資金面に課題を抱えてビジネスモデルの再構築が
 難しいことを浮き彫りにした。

という内容です。

更にこの記事では、倒産の増加要因として、
(1)同業他社との競争激化から経営力が劣る業者の淘汰が進んだ
(2)介護報酬の実質マイナス改定による収益への影響
(3)介護職員不足の中で離職を防ぐための人件費が上昇

などが挙げられています。

介護業界の人手不足は「国内景気が悪い時の採用は順調だが、好況になると人材が他業種へ流出する」など、
景気と逆向きの傾向がある。
とりわけ、小規模事業者は業績停滞に加え、資金的な制約も抱えており深刻さが増している。
とのことです。

こういった状況を踏まえ、政府では介護事業参入に対する参入規制の導入も検討されているようで、
介護事業を取り巻く環境は、より厳しくなっています。

創業塾では、介護事業で創業しようとされている方が、よく参加されます。
夢をかなえるお手伝いはしたいと思っているのですが、これからは、
「事業計画の甘い起業は、倒産確率が高い」
「小規模で資金が少ない事業者の失敗確率は高い」
「利用者の集客手段を事前によく考えておかないと淘汰されやすい」

ということをしっかり伝えた上で、支援していきたいと思います。

介護事業の支援を強みにしようと考えている士業の方は、安易な起業支援を
するのではなく、
 ・人材確保のサポート
 ・利用者集客のサポート
 ・資金調達支援
 ・ビジネスモデルの再確認

ということを中心に支援を行うと、支援した事業者が生き残りやすくなると
思います。

創業を考えている方から一番多い相談は、
どうやって、創業資金を調達するのか
ということ。

創業者予備軍の多くは、前職がサラリーマン。
住宅ローン以外にお金を借りた経験がありません。
なので、一番不安を感じる部分になります。

そういった創業希望者が、まず、相談するのは、
自分の周りで、最近、創業した人
だから、創業者からの相談は、数珠つなぎになりやすいのです。

創業希望者に対する資金調達のサポートを行うことで、
見込み客を次から次と確保することができます。

そんな「創業資金調達のサポート」に関するノウハウを身につけるための
ヒント
が手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 1月18日(水)、19日(木)、21日(土)、2月3日(金)、6日(月)、15日(水)
 
(大阪) 1月26日(木)、27日(金)、2月7日(火)、8日(水)、23日(木)、24日(金)
    
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模事業者持続化補助金を獲得出来る確率を高めたいのであれば・・・

動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut

今年は商工会議所の事業承継セミナーが増える理由

1月12日今年は商工会議所の事業承継セミナーが増える理由

事業承継セミナーを行うための、すごく役立つ資料があります

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
「相続の仕事を増やしたい」
「中小企業の事業承継を積極的に支援したい」
「二代目経営者を顧客にしたい」

と考えられている士業の方は多いと思います。

そういった仕事を獲得するために有効な方法は2つ。
ひとつは紹介。これは王道ですね。
ただ、紹介はどうしても「待ち」の部分が大きいので、なかなか計算して
仕事を増やすことが難しい
(紹介を引き寄せるためのしかけはありますが)。

もうひとつ、誰にでもできる「攻め」の方法が、セミナーです。
私は、独立当初から「資金調達支援」をメイン業務として行ってきましたが、
あるとき、商工会議所の担当者から、
「ヒガシカワさん。ヒガシカワさんは資金調達に強いというのは
知っていますが、「事業承継」のセミナーってできますか?」
と打診されました。

当時、私は、
打診された仕事は絶対に断らない
と決めていたので、事業承継について学んだことなんか全くなかったにも
かかわらず、
「事業承継ですか。何を言っているのですか。私、二番目に得意なのですよ
と大見得を切ってしまいました。

そんなわけで、事業承継セミナーをすることになりました。
なぜ、商工会議所の担当者が、私にそんなことを聞いてきたのかと言うと、
当時、中小企業庁から各商工会議所に対して、
「事業承継セミナーをしなさい」
ということで、予算がついていた
そうです。

しかし、当時は、あまり事業承継セミナーをできる専門家がなく、
しかたなく、
「困った時のヒガシカワ」
に、打診してみたというわけです。

そこからが大変でした。
セミナーまで1ヶ月ちょっとあったものの、事業承継に関する知識は
全くなく、一から調べる必要があります。

そこで、いろいろと資料を探してみると、見つかるものなんですね、
中小企業庁から
事業承継ガイドライン
が発表されていました。

その小冊子を読むと、事業承継に関する内容がほとんど網羅されていました
早速、事業承継ガイドラインをベースに、セミナーを作りました。
また、そのガイドラインの内容が、現場で合致しているかどうかを
調べるために、つてのある中小企業を何社か訪問しました。

そういった中小企業の経営者に対して、事業承継ガイドラインの内容を
ベースにいろいろと話をしてみると、
「このコンサルタントはとても事業承継関係に詳しい」
と大いに感心されました。

その手応えがあったので、セミナーには自信を持って望むことができたのです。
セミナーの評判が良かったため、他にも事業承継セミナーをしなければいけない
商工会議所から、講師の依頼が殺到しました

その年だけで、40カ所ぐらいの商工会議所で事業承継セミナーを
行った気がします。

その流れで、セミナー受講者から
「うちの事業承継のお手伝いをして欲しい」
という依頼がちょこちょことあり、
「せっかくセミナーをするのだから、もっと仕事につなげられるしくみを作ろう」
と考え、
「二代目経営者教育プログラム」
というサービスを開発しました。
このサービスがヒットし、3年間で4,200万円以上の売上になったのです。

「二代目経営者教育プログラム」については、以前のブログで詳しく
説明しています。

士業が【事業承継】をネタに見込み客にアプローチするには
http://www.npc.bz/marketing/3510.html

そのときにお世話になった「事業承継ガイドライン」が再び策定されました。

事業承継ガイドライン
http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161205002/20161205002-1.pdf

今回のガイドラインも、すごくわかりやすくて、セミナーのネタに使うには
とても有効だと思います。

また、以前、この「事業承継ガイドライン」が策定されたときも、
商工会議所での事業承継セミナーブームが起こりました。

今年も、各商工会議所では、積極的に事業承継セミナーを開催されると
思います
ので、商工会議所でセミナーをしたいと考えられているのであれば、
事業承継セミナーの企画書を作成し、懇意にしている商工会議所の
担当者に提案してみてはどうでしょうか?

採用してくれる可能性は高いと思いますよ。

「事業承継セミナー」を商工会議所で行うことができれば、
相続や事業承継の仕事を依頼してくれる可能性のある経営者と出会う
機会が増えます

ニーズのある経営者に対しては、「依頼を引き寄せるしくみ」を
作ることで、仕事につなげやすくなります。

そんな「依頼をひきよせるしくみ」を作るためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 1月18日(水)、19日(木)、21日(土)、2月3日(金)、6日(月)
 
(大阪) 1月12日(木)、13日(金)、26日(木)、27日(金)、2月7日(火)
 
    
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模事業者持続化補助金を獲得出来る確率を高めたいのであれば・・・

動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut

これからは、創業融資サポートが面白い

1月11日これからは、創業融資サポートが面白い

今後は、一般の金融機関も積極的に創業融資に取り組むようになります

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
今までは、創業融資と言えば、日本政策金融公庫か、地方自治体の
創業者向け融資しかありませんでした。

一般の金融機関は、あまり創業融資には積極的に取り組んでいませんでした。
というのも、創業融資は、金融機関にとってはリスクが高い融資だったからです。

一説によると、
創業者の3割は1年目でいなくなり、5割は3年でいなくなる。
10年後まで残っている創業者は1割しかいない

と言われています。

それぐらい、創業者の廃業率が高いので、一般の金融機関は、なかなか
手が出せませんでした

それ故に、日本政策金融公庫に集中していたのですね。
それが、昨年から風向きが変わりました

以前から何度もお伝えしている、金融庁が昨年9月15日に発表した
金融仲介機能のベンチマーク
http://www.fsa.go.jp/news/28/sonota/20160915-3/01.pdf
の共通ベンチマークの中に
3.金融機関が関与した創業・第二創業の件数
というのが入ったのです。

共通ベンチマークについては、すべての地域金融機関が推進しなければ
ならない指標なので、各金融機関は、創業融資の件数を積極的に
増やさなければならなくなります。

そして、そこに各金融機関の「特徴」が出てきます。
ある金融機関は、小口の創業融資に特化する。
別の金融機関は、飲食業の創業融資を積極的に行う。
また、別の金融機関は製造業の創業融資に。
はたまた、別の金融機関は、女性の創業を応援する。

という風にです。

これから、各金融機関は、その金融機関独自の創業融資の商品を
どんどん出してくる
と思います。

それらの創業融資商品を見ていれば、
この金融機関は、◯◯という創業者に対して積極的に
融資を行っていくのだな

ということがわかります。

そうなると、創業希望者から相談を受けたときに、
「それなら、◯◯信用金庫が貸してもらいやすいでしょうね」
ということが言えるようになります。

「創業融資に詳しい専門家」ということで打ち出していけば、
これから、どんどん増えていくであろう創業者に対して
強烈にアピールできます。

そして、創業融資のサポートは、そんなに難しくありません。
創業融資のポイントは3つに集約されるからです。
そのポイントさえ押さえておけば、創業融資は、とても借りやすい
融資になるのです。

融資が借りられた後、それで終わるのではなく、その後もきちんと
面倒を見てフォローアップすることで、創業者が廃業する率を
低くすることは可能
です。

最初は、報酬は少ないかもしれませんが、1年間、しっかりとサポートを
すれば、その創業者の売上や利益も増えてきます。

その売上や利益の増加に対してに貢献できている場合は、
報酬アップを申し出ても、気分良く承諾してもらえます。

なので、創業融資をサポートした場合は、投資と思って、
その創業者に対し、格安でその後もサポートしてあげてください。
その結果、長期的に見れば、こちらが満足できる報酬を払ってくれる
長期的につきあえるクライアントとなってくれます
から。

これからは、創業者の融資支援が、とても面白くなると思いますよ。

先にもお伝えしたように創業融資のサポートは、そんなに難しくありません。
融資のサポートをしたことがない士業やFPでも、基本的なセオリーを
押さえておけば、しっかりサポートをすることができます

その為に必要なのが、「創業融資に関する基本的な知識」です。
そんな
「創業融資に関する基本的な知識」を身につけることの出来るヒント
が手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 1月18日(水)、19日(木)、21日(土)、2月3日(金)、6日(月)
 
(大阪) 1月12日(木)、13日(金)、26日(木)、27日(金)、2月7日(火)
 
    
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模事業者持続化補助金を獲得出来る確率を高めたいのであれば・・・

動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut

差別化できる士業になるための9つのポイント

1月10日差別化できる士業になるための9つのポイント

5年後には客単価が、今の半分になっているかもしれません

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
士業向けのマーケティング本を読んでいると、
将来、生き残る士業になるためには、同業者との差別化が必要
と書かれているのを、よく目にします。

そんな記事を読んで、
差別化は必要だとわかっているけれど、どうやって差別化すればいいか、
よくわからない

という相談を受けることも少なくありません。

そんな差別化できない士業には、共通点があります。

「自信のある業務がない」「自分の特徴を認識できていない」
「業務を絞りきる勇気がない」「ノウハウを入手するための投資を惜しむ」
「仕事を断れない」「顧客獲得への意識が低い」
「セミナーを聞くだけで満足している」「バタバタ貧乏」
「価格競争にまきこまれている」「下請けの仕事が多い」

逆に差別化出来ている士業に共通するのは、

「数字で実績を説明できる」「地域・業務を絞り込んでいる」
「同業者のしたがらない業務を行っている」「顧客単価が高い」
「目先の仕事にこだわらない」「問い合わせが多い」
「意に沿わない依頼は断っている」「自らをブランド化している」
「顧客を獲得できる「必勝パターン」を持っている」

ということです。

以上のことを踏まえ、差別化できる士業になるためには、
どうすれば良いのかということを9つのポイントにまとめてみました。

1.知り合いに「絞り込む業務」を決めてもらう
差別化できないのは、「絞り込む業務」を決めきれていないから。
どれに絞り込めばいいか、判断がつかないのです。
自分で決められないのであれば、客観的に見ている知り合いに
「自分に向いているであろう絞り込むべき業務」を決めてもらう
というのも一つの方法です。

2.同業者が行おうとしない業務を探す
同業者が行わない業務というのは、「割に合わない」か「手間がかかる」業務。
ここを「割に合うしくみ」や「手間を省くしくみ」をつくることで、
収益を上げられる業務になります。
そういった業務を積極的に行うようになると、異業種の士業だけでなく、
同業の士業も仕事を紹介してくれるようになります。

3.積極的にセミナーを実施する
セミナーをすることで、自分の「強み」を積極的にアピールすることができます。
セミナーの受講者だけでなく、そのセミナーに士業の方を招待することで、
招待した士業の方から、顧客の紹介につながることも少なくありません。

4.差別化できている別の地域の士業にインタビューする
成功している人の真似をすれば、同じように成功する可能性は高くなります。
地域が重なっている同業者に、そのノウハウを尋ねても教えてくれませんが、
重ならない地域の同業者であれば、結構、気分良く教えてくれます。

5.全てのクライアントに「なぜ私を選んでくれたのか」を聞く
過去から現在にかけて、業務を依頼(顧問契約)してくれた顧客に対し、
「同業者がたくさんいる中で、何故、私を選んでくれたのか?」
を聞けば、その理由を教えてくれます。
そして、7~8割は、同じような理由になっていることがよくあります。
その理由が、あなたの「強み」なのです。

6.自分の提供するサービスの見せ方を変える
同じサービスを提供していても、見せ方を変えるだけで、とても、魅力的な
サービスと思ってもらえることもよくあります。
自分のサービスを「パッケージ化」して「チラシ」を作ることで、
そのサービスに魅力を感じてくれる見込み先が現れます。
その「サービスパッケージチラシ」が、あなたの「強み」としてアピールできます。

7.経歴の棚卸しをする
自分では「大したことがない」と思っている経歴が、第三者から見れば、
魅力的な経歴として感じてもらえることもあります。
自分の経歴を棚卸しし、それを他人に説明することで、
「それって、他の人にはできないことじゃないですか。」
と言ってもらえるのであれば、それがあなたの「強み」になります。

8.継続的に情報発信を行う
これもセミナーと同じで、継続的に情報発信をしていれば、その情報の内容を
見た人は、「この分野に強い人なのだな」と認識してくれるようになります。
地道な作業になりますが、回数を重ねれば重ねるほど、あなたの「強み」は、
多くの人たちに浸透していきます。

9.興味を覚える他の士業のHPをたくさん見る
「4.差別化できている別の地域の士業にインタビューする」にもつながりますが、
いろいろな同業者のHPを見て、同業者と差別化出来て、自分が真似できそうな
サービスを探します。
それが見つかれば、そのHPを公開している士業に連絡を取り、
インタビューさせてもらえないか、尋ねます。
ベンチマークとしている同業者がいれば、それだけで、自分の「強み」を
見つけることはできます。

9つすべてを一度にすることは難しいと思いますが、一つ一つ順番に
していくのは、そんなに難しくないと思います。

今年は頑張って、同業者と差別化できる強みを作ってみませんか?

差別化するために手っ取り早いのは、
自分が身につけたいノウハウを教えている人から学ぶこと」。

巷には、士業向けのいろいろなセミナーがあります。
その中で、ターゲット顧客が欲しがりそうなノウハウを学んでみることで、
差別化できる「強み」を身につけることができます。

日本で唯一
「SP(スペシャリスト)融資コンサルタント」
になるためのノウハウが身につくヒント
が得られるセミナーです。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 1月18日(水)、19日(木)、21日(土)、2月3日(金)、6日(月)
 
(大阪) 1月12日(木)、13日(金)、26日(木)、27日(金)、2月7日(火)
 
    
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模事業者持続化補助金を獲得出来る確率を高めたいのであれば・・・

動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut

士業が独立するにあたって磨いておくべき3要素

1月7日士業が独立するにあたって磨いておくべき3要素

思いつきで独立してしまうと、軌道に乗るまでにより多くの時間がかかります

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
ネクストフェイズで開催している
「融資に強いFP・士業になる方法セミナー」
ですが、ほとんどの受講者は、すでに独立をされている士業の方や、
MDRTやCOTといった保険営業の方
です。

最近は、受講者の中に、
将来的に独立を考えている資格を持っている方
が増えてきました。
独立するにあたって、武器となる何かを、あらかじめ身につけておきたいという考えで
受講されているようです。

「融資に強いFP・士業になる方法セミナー」には、希望者に対して、
50分間の無料個別相談がついています。
受講者の7割以上の方は、この無料個別相談を利用されますが、
「将来的に独立を考えている士業の方」
の利用率は、ほぼ100%となっています。

その方たちが相談される内容のほとんどが、
独立までに、今、 何をしておくべきでしょうか?
というものです。

独立を考えている士業が、事前に磨いておくべきことは3つ。
一つ目は「強み」。二つ目は「人脈」。そして三つ目は「人間性」なのです。

独立を考えたときには、まず、
「強みをどう決めるか」「人脈をどう広げていくか」「人間性をどう高めていくか」
について、はやめに手をつけておかないと、独立してからの顧客獲得に大きな影響を与えます。

独立したばかりの士業の多くは「紹介」で顧客を増やしていきます
その紹介を引き寄せるために必要なのが「強み」「人脈」「人間性」になるのです。

多くの士業の方がいる中で、なぜ、「その人」を紹介するのかと言えば、何らかの理由があるから。
例えば、
金融機関からの資金調達サポートに無類の強みを発揮する
という強みがあれば、
この人は、融資に強い税理士です
と、一言で紹介できます。

「強み」がない士業を紹介する場合、
「この人はいい人だから」
という抽象的な表現になってしまいます。
それでは、紹介された方も、「この人に依頼しよう」とは、思ってくれません。

「人脈」がなければ、紹介してくれる人の絶対数が少ないので、
見込み客の数も増えません

「人間性」が低い人間に、誰が見込み客を紹介するでしょうか?
紹介するからには、紹介される側にとって喜ばれる人を紹介したいと思うのは
当然でしょう。
「心が狭い」「責任感に乏しい」「利己主義」の人が紹介されることは、
絶対にありません。
紹介されるのは、
「信頼できる」「誠実」「かわいげのある」といった人
ですね。

だから、独立を考え始めたらすぐに、
「強みをどう決めるか」「人脈をどう広げていくか」「人間性をどう高めていくか」
ということを考えるのが重要になります。

「強みの決め方」「人脈の作り方」「人間性の高め方」については、
また、別の機会にお伝えさせていただきます。

AIやITの発達や、競争環境の激化により、独立したての士業が
顧客を獲得するのは、年々、難しくなってきます。
多くの同業者がいる中で、差別化出来る要因がないと、
選んでもらえない
からです。

かといって差別化できる要因は、一朝一夕には身につきません。
勤務している間に、そういったものを身につけ、それをアピールすることで、
独立したときには、それがブランドとなっています。

そんな差別化出来る要因を身につけるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 1月9日(月)、10日(火)、18日(水)、19日(木)、21日(土)
 
(大阪) 1月12日(木)、13日(金)、26日(木)、27日(金)、2月7日(火)
  
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模事業者持続化補助金を獲得出来る確率を高めたいのであれば・・・

動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut

今年は金融機関を攻略する最大のチャンス

1月6日今年は金融機関を攻略する最大のチャンス

新年を期に、金融機関との新たな関係作りをしてみませんか。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
新たな年がはじまり、
「心機一転、頑張ろう」
と、考えられている方も多いと思います。

そのための新たな取り組みとして、
金融機関と良い関係を作って、顧客を紹介してもらえるしくみをつくる
ということをしてみてはどうでしょうか?

いま、地域金融機関は士業に対する接し方が大きく変わっています
その変わり方は、士業にとっては大きなチャンスになっているのです。

昨年9月15日に、金融庁から金融仲介機能のベンチマークが発表されて以来、
地域金融機関の士業に対する接し方が変わりました。
どう変わったかというと、
士業に対して積極的にアプローチをしてくるようになった
のです。

金融仲介機能のベンチマークの選択ベンチマーク項目の中に、
(10)外部専門家の活用
というのがあり、その項目では、
外部専門家を活用して本業支援を行った取引先数
という指標があります。

すなわち、今後の地域金融機関は、金融庁に報告するために、
今までよりももっと専門家を活用しなければいけないようになったのです。

しかし、地域金融機関の支店には、懇意にしている専門家はとても少なく、それ故に、
今、地域金融機関は士業に対し積極的にアプローチしているのです。

これをうまく利用して、金融機関とのよい関係を作るためには、アプローチしてくるのを待っているのではなく、
こちらから積極的にアプローチをしていくのが、とても効果を発揮します。

それだけではありません。
金融仲介機能のベンチマークをよく読んでみると、金融機関が士業と提携しなければいけない場面が
とてもたくさんあることに気づくはずです。

「金融仲介機能のベンチマーク」については、また、別の機会に詳しく解説させていただきますが、
知っておいて欲しいことは、
今、地域金融機関は士業とのつながりを求めている
ということなのです。

相手が求めているのですから、関係を作るのは、そんなに難しいことではありません。
「今年、何か新しいことをしてみたい」
と考えられているのであれば、
金融機関とのよい関係の構築
にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

士業として新たな景色が見えて来ますよ。

金融機関を攻略するために、最も必要なことは
金融機関の人間がどう考えているのかを知ること」。
相手の考えていることがわからなければ、効果的なアプローチをすることはできません。

しかし、多くの士業は、間違った接し方をして、地雷を踏んでいます
その結果、仲良くなるどころか、逆に疎まれるようになることも少なくありません。

そんな
「疎まれない士業になるための金融機関へのアプローチ方法」を知るためのヒント
が手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 1月9日(月)、10日(火)、18日(水)、19日(木)、21日(土)
 
(大阪) 1月12日(木)、13日(金)、26日(木)、27日(金)、2月7日(火)
  
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模事業者持続化補助金を獲得出来る確率を高めたいのであれば・・・

動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut

単発の仕事を顧問先にするには

1月5日単発の仕事を顧問先にするには

1回だけでつきあいが終わるのはもったいなすぎる

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
安定的に報酬を得るために、「顧問契約」が欲しいのですが、業務によっては、
単発の仕事で終わったりすることはよくあります

補助金や助成金の仕事なんかそうですし、許認可申請や相続、保険契約など、
結構、単発の業務は多いです。

せっかく、仕事を手伝うご縁をいただいたのですから、このご縁を1回だけで終わらせるのは、
とてももったいない

そんな1回きりの顧客を顧問先にするために、まずするべきことは、
単発業務の最中に、経営者の悩みごとを聞き出すこと」。

依頼された業務をする際、経営者と向き合ったときに、業務に関する話だけをしてしまっている人は
少なくありません。
出来るだけ早く仕事を終わらせようとするためなのでしょうが、それだけではあまりにももったいない。

仕事の話をしながらも、その業務とは直接関係のない話をする時間を持つことが重要なのです。
世間話でもいいかもしれません。

話をする機会が多ければ多いほど、時間が長ければ長いほど、相手との距離は縮まります
また、話を聞く時間が長くなれば、経営者の悩みを聞き出すこともできます。

事業がスムーズに進み、何も悩みがない経営者というのは、ほとんどいません。
経営者の悩みを聞き出すことができれば、その悩みを解決する方法を提案することによって、
次の仕事の依頼につながる
ことはよくある話です。

例えば、補助金獲得の仕事をした場合を考えてみてください。
何のために補助金が欲しいのでしょうか?

補助金を申請したいと考えている多くの経営者は、
「返さなくていいお金が欲しい」
と思っているでしょう。

そこには、
資金繰りを楽にしたい
という悩みがあることも少なくありません。

そんな経営者に対して、
借りたいときに銀行が積極的に貸してくれるような企業体質に変わってみませんか?
と提案することで、興味を持ってくれることも、よくあります。

補助金申請に当たって、ただ単に、申請内容を聞くだけでなく、
「なぜ、このビジネスをはじめたのか?」
「このビジネスにや会社に対する想いは?」
「企業理念やビジョン」
などを聞くことで、経営者は熱く語ってくれます。

多くの経営者は、自分の話を熱心に聞いてくれる人に対して、好意を抱いてくれます
補助金申請で話を聞く際に、相手のいろいろな想いを聞くことができれば、
長く続けられるような良い関係性を築くことができます。
そうなると、こちらの提案も積極的に聞いてもらえるようになります。

まとめると、1回きりの顧客を顧問先にするためにするべきこと
(1)業務の最中に、業務とは直接関係ない話をして、関係性を深める
(2)経営者の悩みを聞き出す
(3)悩みを解決出来る方法を提案する

の3つなのです。

ただ単に業務をするだけで終わるのではなく、業務を行っている最中から働きかけていくことで、
1回きりの顧客を顧問先にすることができます。

1回きりの顧客を顧問先にするために効果的なのが、
融資に関する相談に乗ってあげること」。

経営者の多くが、資金繰りに関する悩みを抱えています。
しかし、その悩みに応えてくれる専門家がなかなかおらず、相談出来ていないというのが現状です。

そういった「経営者の資金繰りに悩み」を解決することができれば、経営者から、継続的に
相談してもらえるようになります。
そうなると、顧問契約につながる可能性が高まります。

そんな経営者の「資金繰りの悩み」に応えられるノウハウを得られるヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 1月9日(月)、10日(火)、18日(水)、19日(木)、21日(土)
 
(大阪) 1月12日(木)、13日(金)、26日(木)、27日(金)、2月7日(火)
  
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模事業者持続化補助金を獲得出来る確率を高めたいのであれば・・・

動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut

顧客獲得のしくみよりも、顧客を増やすのに効果的なしくみ

1月4日顧客獲得のしくみよりも

しくみづくりはとても重要です。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
多くの士業の方々から、
顧問先をもっと増やしたいのですが、具体的にどうすればいいかわかりません。
という相談を受けます。

そういった方々は、顧客を獲得するしくみを作ることに必死になっていて、それよりももっと大事なことを
忘れがちでいます。

もっと大事なことというのは、
相談件数を増やすしくみをつくること
なのです。

【士業のための顧客獲得の法則】の一つに、
相談件数は案件数に比例し、案件数は顧客数に比例する
というのがあります。

中小企業経営者の相談によく乗っている方なら経験していると思うのですが、
相談件数が多いときは、しばらくして顧問先が増えている
ということはよくあります。

経営者にとって困り事があっても、今、自分がつきあっている顧問の先生が、
その困り事の解決をするためのアドバイスをしてくれないため、他の専門家に相談します。
そのアドバイスに従って、困り事が解決出来たときには、今、つきあっている顧問の先生よりも、
アドバイスしてくれた専門家の先生のほうが、より頼りになると思ってくれます。
そんな訳で、相談をした先生に顧問先を変更するということが、よく発生するのです。

なので、顧客数を増やしたいのであれば、どんな形であれ、相談件数が増やすというのが、
顧客獲得につながる第一歩になります。
また、「顧客を獲得するしくみ」を作るより、「相談を増やすしくみ」を作る方が、
何倍も簡単であるということは、ご理解いただけると思います。

「相談を増やすしくみ」をつくるには、
経営者の悩みを解決できる手段を持っている専門家である
とアピールしまくるだけでOKなのです。

経営者の3大悩みは、「資金繰り」「売上アップ」「人の問題」。
このうちのどれかの悩みを解決出来るということを認識してもらえると、相談につながります。

そして、ただ単に
「「資金繰り」や「売上アップ」や「人の問題」を解決できるお手伝いができます」
とアピールするよりも、もっと具体的に言うことができれば、相談してもらえる確率は、とても高まります。

例えば、
「売上アップに強い中小企業診断士です」
と言うよりは、
飲食業の売上を3ヶ月で1.5倍にする中小企業診断士です
と言ったほうが、本気で困っている経営者には、届きやすい情報となります。

また、「資金繰り」「売上アップ」「人の問題」の中で、一番多い悩みは「資金繰り」なので、
「融資に強い」とアピールし、それを多くの方に認識してもらえれば、相談件数は確実に増えます

今年は、
私は、◯◯業経営者の□□という困り事を解決出来る専門家です
というキャッチフレーズを作って、アピールしまくるということをされてみてはどうでしょうか?
きっと相談件数が格段に増えますよ。

今年は「顧客を獲得するためのしくみ」を作り上げてみませんか?
「顧客を獲得するしくみ」をつくるために、まず大事なのは、
強みを決める
こと。
そんな経営者が魅力を感じてくれる「強み」を身につけるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 1月9日(月)、10日(火)、18日(水)、19日(木)、21日(土)
 
(大阪) 1月12日(木)、13日(金)、26日(木)、27日(金)、2月7日(火)
  
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模事業者持続化補助金を獲得出来る確率を高めたいのであれば・・・

動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut