Archives

商工会議所でセミナーをしている講師のアシスタントをする

アシスタントをすることで、商工会議所デビューするチャンスは廻ってきます。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
商工会議所の担当者と懇意になれば、講師としてよばれるチャンスはとても増えます
そのような関係を構築するための方法の一つに、
商工会議所でセミナーをしている講師のアシスタントをする
というものがあります。

創業塾」や「経営革新塾」、「二代目経営者育成塾」等、商工会議所によっては、
「シリーズもの」とよばれる3回~5回ぐらいの講座(シリーズ講座)を行います。
そういう講座は、同じ講師が全部の時間を担当することが多く、その分、商工会議所の担当者とは、
よい関係を構築出来ています。

人気の高いシリーズ講座では、班ごとに分かれて、受講者同士の「ワーク」を行うことが多く、
講師一人では、人手が足りなくなることがよくあります。
そんなときにアシスタントがいれば、講師一人ではできないことを、こまめにサポートしてもらえるため、
受講者の満足度はより高まります。
その結果、商工会議所の担当者にも喜んでもらうことができます。

シリーズ講座を行う際は、講師と担当者は頻繁に、運営についての打合せをします。
その打合せに同席することで、必然的に、担当者と接触する機会が増え、自然と良い関係を構築することが
できるようになります。
仲良くなれば、タイミングを見計らって、
私も、こんなセミナーをしているのですが、一度、この商工会議所でも開催を検討してもらえませんか?
とお願いすることもできますし、
今、この商工会議所では、どのようなセミナーを開催しようと考えられているのですか?」とヒアリングを
行った上で、相手が望んでいるセミナー企画案を提案すれば、採択される可能性も上がると思います。

それでは、どうすれば、商工会議所でセミナーをしている講師のアシスタントをすることができるでしょうか?

確実なのは、自分自身が、「創業塾」や「経営革新塾」等に参加すること
受講生になることで、講師と会う機会は、当然増えます。
そして、講座の中では、「よい受講者」に徹し、講師の自分に対する印象をよくします。

「よい受講者」とは、
・講座の際は、前の方に座る
・講師が話をしているときは、一生懸命、聞く姿勢を見せる(うなづき、ノート取り等)
・積極的に質問をする

という姿勢のある方になります。

講師は、受講者が真剣に聞いているかどうか、一挙手一投足を話をしながら、チェックしています。
聞く態度が悪いと、それだけで、その受講者に対しての印象は悪くなります。

いい受講者になることができれば、次にすることは、「相談」です。
講師として、受講者から相談された場合、真剣に答えようとします。
何度も相談に乗っているうちに、講師と受講者の距離は近くなります

相手との距離が近くなったと思ったら、講師に対して
次のシリーズ講座のときは、私もお手伝いさせてもらえませんか?
とお願いすると、大抵の講師は断りません。
そのようにして、「アシスタント」の地位を確保するのです。

商工会議所から何度もよばれる講師になるために必要なことは、
まず、最初によんでもらうこと

最初によんでもらうために必要なことは、
自分のセミナーのパフォーマンスを見てもらうこと

担当者にとって、一番安心して企画できるのは、
自分の目で見て確認したセミナー」や「信頼できる人が見て、『大丈夫』と太鼓判を
押したセミナー
」なのです。

だから、
「実際に自分のセミナーのパフォーマンスをみてもらうチャンス」を掴むことが、
商工会議所によばれる講師に必要なことになります。

そんな
実際に自分のセミナーのパフォーマンスをみてもらうチャンス
が手に入るオーディションです。

【第10回 商工会議所によばれる講師オーディション】
https://www.koushi-audition.com/

企画書審査   6月11日(日) まで
実演審査    7月29日(土) まで
オーディション 9月3日(日)

小規模事業者持続化補助金 審査のポイント

公募要領には、採択に至るためのヒントがたくさん書いてあります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
今回、追加募集されている小規模事業者持続化補助金のことを調べるために、geogleで、
小規模事業者持続化補助金 29年度」と入力すると、
先日書いたブログ記事
「小規模事業者持続化補助金に採択された【士業事務所】は何が違うのか?」
http://www.npc.bz/present/20170418
が1ページ目に出てきてびっくりしました。

今回の公募要領には、今までにも増して、「採択されるためのポイント」が書かれています。
採択されるためには、公募要領を熟読することが必要不可欠なのですが、見落としている方のために、
ポイントをお伝えしたいと思います。

1.政策的加点項目

(1)事業承継に取り組む計画
公募要領の2ページ、再下段に
「今回の公募(追加公募)にあたっては、小規模事業者の円滑な事業承継を進めていただく
政策上の観点から、代表者が高齢(満60歳以上)の事業者における事業承継に向けた取り組みの促進や、
後継者候補が積極的に補助事業に取り組む事業者への重点的な支援
を図ります。」
と書かれています。
計画書において、「事業承継」という言葉を組み込むことで、点数が加点されるようですね。
(内容が伴っていることが前提になりますが)

(2)町村部に所在し地域経済の発展につながる取り組みを行う事業
公募要領の55ページ、下から6行目に
町村部に所在し地域経済の発展につながる取り組みを行う事業者、については、政策的観点から
加点を行います。」
と、はっきり記載されていますので、町村部に所在している事業者であれば、事業計画書を作成する際は、
無理にでも「地域経済の発展につながる」という内容にしておくと、加点につながりやすいでしょうね。

2.審査の加点について

公募要領の55ページに「審査の観点」というのが掲載されています。
ここは、採択されるためには、絶対に押さえていなければならないページであるのにもかかわらず、
読んでいないと思われる計画書を多々拝見します。

(1)自社の経営状況分析の妥当性
自社の製品・サービスや自社の強みについて、明確に書かなければいけません。
【自社の製品・サービスの強み】【自社の強み】という項目を計画書に入れることをお勧めします。

(2)経営方針・目標と今後のプランの適切性
「経営方針・目標と今後のプラン」が「自社の強み」と関連していないと、加点されません。
また、「経営方針・目標と今後のプラン」が「対象とする市場(商圏)の特性」を踏まえた内容に
なっていないと、これも加点されません

【経営方針】【経営目標】【強みを活かした行動計画】【市場の特性を踏まえた行動計画】という項目を
入れることで、漏れを防ぐことができます。

(3)補助事業計画の有効性
補助事業計画書においては、「実現可能性」が強く求められます。
そのために必要なのは、「具体的な行動計画を作成すること
「誰に」「何を」「どのような手段で」「どんな価格で」「いつ」「どこで」行うのか
を意識して書く必要があります。
また、その「行動計画」を実行することで、「経営計画」の「今後の方針・目標」が達成されるように
なっていなければなりません。
【創意工夫した点】や【IT活用の取組】について記述することでも加点ポイントとなります。

(4)積算の透明・適切性
経費明細欄が間違っていた場合は、減点対象となる可能性があります。
また、その経費の必要とする理由に説得力がない場合は、これも減点ポイントとなり得ます。

加点ポイント、減点ポイントを押さえた上で、取りこぼしのないように、
「経営計画書」「補助事業計画書」を作成してください。

補助金の情報提供→申請サポート→融資サポートいう流れで、見込み客に対し
アプローチしていくと、顧問契約につながる可能性はとても高くなります。
それが「顧客獲得のしくみ」です。

そんな「顧客獲得のしくみのつくりかた」のヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 5月9日(残2席)、10日(残1席)、19日(金)、6月2日(金)、6日(火)
  
(大阪) 5月11日(残1席)、12日(金)、24日(水)、26日(金)、6月9日(金)
 
※6月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

平成29年度1次公募で採択された士業・コンサルタント事務所の採択者リストを作りました。
「テーマ」を見るだけでも、かなり参考になると思います。
希望される方にプレゼントします。

【小規模事業者持続化補助金 士業・コンサル事務所採択者リスト】プレゼント
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HShJqObGok

現在、募集されている補助金

締切が近い補助金ばかりなので、お気をつけください。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
経済産業省系の補助金は、5月・6月で締め切りになるものがいくつかあります。
それらの補助金について、お伝えします。

1.小規模事業者持続化補助金(追加公募分)

<事業の目的>
持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓等の取り組み(例:新たな
市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)や、
地道な販路開拓等とあわせて行う業務効率化(生産性向上)の取り組みを支援するため、
それに要する経費の一部を補助するもの

<補助率・補助上限額>
補助上限額 : 50万円
補助率   : 3分の2以内
※今回の募集では「補助上限額100万円への引き上げ」は、ありません。

<締め切り>
平成29年5月31日(水)

<特記事項>
なお、今回の公募(追加公募)にあたっては、代表者が満60歳以上の事業者における事業承継に
向けた取り組みの促進や、後継者候補が積極的に補助事業に取り組む事業者が採択されやすく
なっているようです。

<詳細>
商工会議所提出分  http://h28.jizokukahojokin.info/tsuika/
商工会提出分    http://www.shokokai.or.jp/?post_type=annais&p=4887

2.IT導入補助金

<事業の目的>
この補助金は、中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の
一部を補助
することで、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としています。

<補助率・補助上限額>
補助上限額 : 100万円
補助率   : 3分の2以内

<締め切り>
平成29年6月30日(金) 17時まで

<特記事項>
この補助金を申請に当たっては、「事業計画の作成」と「実績の報告」という二つの縛りがあります。

<詳細>
https://www.it-hojo.jp/applicant/


3.地域・まちなか商業活性化(個店連携モデル支援事業)補助金

<事業の目的>
この補助金は、商店街等内で事業を営む複数の個店が連携して行う、販路開拓や新商品開発の取組を
支援することで、商店街区内の個店同士の相乗効果が生み出す新しい事業の創出を促し、
商店街等の活性化につなげることを目的としています。

<補助上限額・下限額>
上限額:補助事業者数×100万円  下限額:30万円
※ただし、補助事業者数が5者以上であっても、500万円を上限とします。

<締め切り>
平成29年5月15日(月)

<特記事項>
グループの構成員の店舗が営業を行っている商店街区内で実施する販路開拓や新商品開発の取組で
あって、実施することによりグループ構成員の店舗等の売上及び当該商店街等の歩行者通行量の増加
見込まれる事業が対象となります。
なお、事業実施場所である商店街組織から、補助対象経費の1/6以上の額の支援(資金提供)を
受けられることが必要
です。

<詳細>
http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/2017/170412machinakakoten.htm

4.下請中小企業・小規模事業者自立化支援対策費補助金(下請小規模事業者等新分野需要開拓支援事業)

<事業の目的>
この補助金は、親事業者の生産拠点が閉鎖・縮小された、又は閉鎖・縮小が予定されている影響により
売上げが減少する下請小規模事業者等が、新分野の需要を開拓するために実施する試作・開発、
展示会出展等の費用を一部補助
することにより、取引先の多様化を図り、下請小規模事業者等の振興と
経営の安定に寄与することを目的としています。

<補助率・補助上限額>
補助上限額 : 500万円(下限額:100万円)
補助率   : 3分の2以内

<締め切り>
平成29年5月31日(水) 17時まで

<特記事項>
この補助金では、
「事業費(産業財産権等取得費、委託費、雑役務費)」
「販路開拓費(展示会等出展費・旅費、広報費、委託費)」
「試作・開発費(借損料、機械装置等製作・購入費、試作費、実験費)」
という経費が対象となります。

<詳細>
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2017/170126shitaukekaitaku.htm

これらの補助金は、よく知られているものもあれば、ほとんどの中小企業が知らないものもあります。
しかし、これらすべての補助金は、中小企業にとって、必ず、役に立つ内容になっています。

自分たちのクライアントや見込み客に伝えることで、必ず喜んでもらえるものだと思いますので、
積極的に、周りの事業者に情報提供を行っていただきたいと思います。

補助金や助成金をはじめとした「中小企業支援施策」を、周りの経営者や士業、金融機関に
継続的に提供することができれば、「中小企業支援施策に詳しい人」と思ってもらえます。
そうなれば、問い合わせや相談が増えるため、新規客を獲得するチャンスも、大幅に広がります

そのためには、「中小企業支援施策情報の集め方」や「情報提供のしかた」を把握しておく必要があります。

そんな、「中小企業支援施策情報の集め方」や「情報提供のしかた」を身につけるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 5月9日(残3席)、19日(金)、20日(残1席)、6月2日(金)、6日(火)
  
(大阪) 5月11日(残3席)、12日(金)、24日(水)、26日(金)、6月9日(金)
 
※6月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

生き残る可能性が低い金融機関の担当者の特徴

これからは、金融機関を目利きする力が、士業には必要となってきます。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
「近代セールス」(金融機関に関連する人たちがよく読んでいる雑誌)2017年5月1日号に、
【緊急企画=新金融行政方針の衝撃 ~地域金融機関はどう対応するのか~】
という記事が掲載されていました。

この記事は、これから金融機関と、よい関係を作り顧客を紹介してもらいたいと考える
士業やコンサルタント・FPの方々
には、是非、読んでもらいたい記事です。
この記事を読むと、
今後、どのような金融機関が生き残って、どのような金融機関が淘汰されていくのか
についてのヒントが手に入ると思います。

詳細は、その記事を見ていただきたいのですが、それを元に、私自身が考える、
「生き残る金融機関」と「淘汰されていく金融機関」について、お伝えしたいと思います。
士業やコンサルタント等の専門家として、自分のクライアントに対して、「生き残る金融機関」との
取引を勧める必要がありますので、その判断の一助にしていただければ幸いです。

今回は、その中でも、【生き残る可能性が低い金融機関の担当者の特徴】について、お伝え致します。
担当者の質の善し悪しで、融資をしてもらいやすくなったり、してもらいにくくなったりします
確かに、一人一人の能力は違いますが、同じ金融機関に所属していると、共通の考え方や
動き方があったりします。

自社や、クライアント先の担当者を見ることで、その金融機関が「生き残ることのできる金融機関
なのか、「淘汰される可能性の高い金融機関」なのか、ある程度、見分けることができます。

【生き残る可能性が低い、金融機関の担当者の特徴】

 融資をする際、未だに、担保や保証人頼みになっている
 プロパーでなく、保証協会つきで融資をしたがる
 あまり訪問しない。訪問しても短時間ですぐ帰る
 自社の内容(「強み」「特徴」「ビジネスモデル」等)を把握していない
 取引先や専門家の紹介が少ない
 お願いばかりしてくる
 支店長や渉外担当の責任者を連れてこない
 話の聞き方が下手。
 時間にルーズ
 こちらの本当に欲しいものが何か理解していない
 現場を積極的に見ようとしない
 提案をしてこない
 自分の都合ばかり言ってくる
 こちらのニーズに関わらず、保険や投資信託ばかりを勧めてくる
 補助金や助成金に関する情報を持っていない

これらは、すべて、
顧客本位の考え方になっていない担当者の特徴
になっています。

顧客本位の考え方が出来ている金融機関の担当者は、
日頃の活動で築かれた信頼関係
を顧客と構築できていて、本当に顧客が求めている、
本格的に本業の相談に乗る
という活動も行っています。その結果、
顧客に本当に喜んでもらえる金融機関業務
を提供出来ています。

そのような金融機関とつきあうことが、中小企業にとって、
安定的な資金調達
に繋がってきます。

金融機関に対する「目利き力」を身につけ、クライアントに対し、「最善の金融機関」を
提案できるようになっていただきたいと思います。

担当者の出来、不出来で、融資が借りやすくなるか、借りにくくなるかの結果は、
大きく変わってきます。
「当たり」の担当者になれば、楽なのですが、「外れ」の担当者に当たったときは、
たちまち、融資をしてもらいづらくなります

かと言って、企業側から担当者を選ぶことはできません。
「外れ」の担当者に当たった場合、その担当者が交代するまで、結構、つらい状況になります。

しかし、「外れ」の担当者に当たったときでも、融資をスムーズに借りる方法はあります。

そんな「外れ」の担当者に当たったときに、融資をスムーズに借りるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 5月9日(残3席)、19日(金)、20日(残1席)、6月2日(金)、6日(火)
  
(大阪) 5月11日(残3席)、12日(金)、24日(水)、26日(金)、6月9日(金)
 
※6月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

顧客を獲得しやすいHPと獲得しにくいHPの特徴とは

集客できるホームページと集客できないホームページの違いは何でしょうか?

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
最近独立したばかりの士業の方や、これから独立を考えている士業の方から、
よくある質問の一つに、
どのようなホームページを作ればいいか?
というものがあります。

ホームページを作るか作らないか、どちらがいいかと聞かれれば、
絶対に作るべき
とお答えしています。

ホームページがあるからといって、必ず仕事が獲得出来るかというと、決してそんなことはありませんが、
ホームページを作っていなければ、
「来るはずの仕事」
を失うことになるからです。

例えば、ある経営者が
「社会保険労務士の先生を紹介して欲しい」
と、知り合いの税理士に頼んだ場合、当然、その税理士は、知り合いの社会保険労務士を紹介します。
紹介された経営者は、当該社会保険労務士と面談する前に、その事務所のホームページを見に行きます。

そのときに、ホームページが無ければ、
いまどき、ホームページも作っていないというのは、あまり儲かっていないのではないか
と思ってしまいます。
儲かっていない = 頼りにならない
と、連想されてしまい、その結果、顧客にならないということになります。

なので、ホームページは必ず作っておいたほうがよいのです。

では、どんなホームページを作れば、顧客を獲得できるでしょうか?

【顧客を獲得しやすいホームページ 10の特徴】

1.ターゲットが明確になっている
2.ターゲットの困り事がトップに書いてある
3.困り事の解決策が具体的に書かれている
4.人間性が伝わる写真やプロフィールになっている
5.情報提供が主体となっている
6.字ばかりで構成されていない(見やすい)
7.ターゲットの不安・不満・不便が解消できそうに感じさせる
8.話の流れにストーリー性がある
9.自分が言いたいことではなく、ターゲットの知りたいことが書いてある
10.相談しやすい導線を作っている

【顧客を獲得しづらいホームページ 10の特徴】

1.トップページに「所長あいさつ」が書いてある
2.出来る業務を羅列していて、何が強みかわからない
3.自分の言いたいことしか書かれていない
4,価格をアピールしたホームページになっている
5.まず、事務所の紹介になっている
6.ターゲットが明確になっていない
7.マーケティング会社が提供している同じテンプレートのホームページ
8.訴求力のないキーワード(例:あなたの夢をかなえます)がトップにきている
9.税務・記帳代行業務を前面にアピールしている
10.1年以上も更新されていない

【顧客を獲得しやすいホームページ】にせよ、【顧客客を獲得しづらいホームページ】にせよ、
これ以外にも特徴は、いろいろとありますが、上記特徴を参考にして、ご自分の事務所の
ホームページづくりに活かしていただきたいと思います。

また、すでにご自分の事務所のホームページを持っている場合は、改善するための資料として
活用していただけると幸いです。

【顧客を獲得しやすいホームページ】を作ろうと思えば、一番必要なことは、
ターゲットの困り事を解決できる【強み】」。
【強み】をアピールし、それが、多くの方に浸透すれば、労せず、相談が集中します。

相談は案件に比例し、案件は顧客数に比例する」という【顧客獲得の法則】のとおり、
相談件数を増やすことで、結果的には、顧客数は増えていきます。

中小企業の経営者にとって、一番多い「悩み」や「困りごと」は、「資金繰り」。
「融資に強い専門家」には、自然と相談が集まります

そんな「融資に強い専門家」になるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 5月9日(残3席)、10日(残1席)、19日(金)、20日(残1席)、6月1日(木)
  
(大阪) 5月11日(残3席)、12日(金)、24日(水)、26日(金)、6月9日(金)
 
※6月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

今、商工会議所が求めているセミナーテーマ

現在、商工会議所でとても集客力の高いセミナーは◯◯というテーマのセミナーです。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
日本で一番、商工会議所に講師を派遣しているセミナーエージェントである
株式会社日経コンサルタント
さんから取材した、
「平成29年度の商工会議所のセミナー状況」
についての第二弾をお伝えします。

先日のブログでは、
商工会議所では、販売促進のセミナーができる女性講師を探している
とお伝えしました。
それ以外に、今、商工会議所が、とても実施したがっているセミナーが一つあります。

特に地方の商工会議所では、そのセミナーの集客力がとても高いため、同じセミナーを2回行った
という例もあるぐらいです。

その、集客力のとても高いセミナーとは、
人材採用・育成セミナー
なのです。

みなさんもご存知のとおり、どこの業界も企業も人材不足です。
特に中小企業や飲食店では、人材確保ができないため、業務も満足にできない状況に
なっているところも少なくありません。

中小企業がハローワークや求人サイトに求人情報を掲載しても、ほとんど、問い合わせも来ない状況です。
しかし、求人のノウハウを持っていない中小企業にとっては、どうすればよいかわかりません

某商工会議所では、普段のセミナーの集客が30名いけば、大成功と言われていたにもかかわらず、
あるセミナー担当者が
飲食店のための人材採用セミナー
を企画した際、強気の読みで、「定員80名」と設定しました。

その企画書を見た上司は、
「80名も来るはずがない。もっと定員を少なくすればどうか」
とアドバイスしたところ、その担当者は、
多くの中小企業経営者から要望のあったセミナーです。80名ぐらいは、何とか集まると思います」
と答えて、定員80名で押しきりました。

そして、募集をしたところ、開始して1週間もしないうちに、80名どころか、200名近くの応募があった
そうです。
その担当者は、あわてて、その講師を斡旋した日経コンサルタントさんと相談し、
同じ講師で同じ内容のセミナーをもう1回行うことに決定したそうです。

日経コンサルタントの担当者は、その話を、営業に廻っている全国各地の商工会議所の
セミナー担当者に対して、会う人ごとに伝えたところ、
うちの商工会議所でも、同じ内容のセミナーがしたい
と、依頼が殺到したとのことです。

しかし、日経コンサルタントにしても、「人材採用&育成」のセミナーができる講師の数は、
あまり多くいない
とのことですし、今なら、売り込んでもらえる大きなチャンスかもしれません。
人手不足の状況は、2020年までの東京オリンピックまでは、少なくとも続くようですから、
ここ3年ぐらいは、鉄板ネタになるかもしれませんね。

ですから、もし、あなたが、「人材採用&育成セミナー」ができる講師であれば、
積極的に、商工会議所やセミナーエージェントに売り込んでみれば、採用される確率は、
今までより、とても高くなると思いますよ。

商工会議所やセミナー担当者に売り込むためのセミナー企画書のつくりかたについては、拙著

【90日で商工会議所からよばれる講師になる方法】
http://www.npc.bz/book2/90days/

に詳しく書かれていますので、そちらをご覧ください。

【第10回 商工会議所によばれる講師オーディション】のエントリー、現在、募集中です。

オーディション本番は、9月3日(日)ですので、今から準備しても、十分間に合います。

商工会議所からの講師依頼に、ここまで直結したオーディションは他になかなか見当たりません。
もちろん、チャンスは誰にでも開かれています。あなたも参加してみませんか。
企画書審査の締切は2017年6月11日(日)、無料でチャレンジしていただけます。

「商工会議所で講師デビューがしたい」
「もっとたくさん、商工会議所で講師をする機会がほしい」
「これだけはどうしても伝えたい」
という熱き想いを持っている講師の方、エントリーお待ちしております。

【第10回 商工会議所によばれる講師オーディション】
https://www.koushi-audition.com/

地元の中小企業経営者に貢献したいと思うなら

ここに行けば、融資に関する情報が得られる」という存在になれば、相談は格段に増えます。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
私は2003年2月に、経営コンサルタントとして開業しました。
その4年後の2007年に法人化して、2009年に現在の社名「ネクストフェイズ」になりました。

法人設立したときは、別の社名だったのです。
そのときの社名は株式会社資金調達という商号でした。
もともと、資金調達支援を行っていたので、わかりやすい名前が良いだろうと思い、
こういう名前にしたのです。

当時は、「資金調達コンサルタント」と名乗っている人もあまりなく(現在もそんなに
増えていませんが)、私のことを知っている士業や経営者の方々からの紹介や相談で、
毎日、忙しく過ごしていました。

それが爆発的に忙しくなったのが、法人設立して1年ぐらい経った頃でした。
「株式会社資金調達のヒガシカワ」としての露出もたくさん増え、公的支援機関の
サブマネージャーやアドバイザーをしていた関係で、SEO対策をしなくても、
「資金調達コンサルティング」と検索すれば、ほとんど1番上に表示されていました。

そのせいか、毎日3件ぐらいずつ、問い合わせが入るようになりました。

「今まで、融資を受けたことがないのだが、どうすれば、確実に融資をしてもらえるようになるか
指導してほしい」
「◯◯業をしているのだが、◯◯業だと、どの金融機関が借りやすいのか教えて欲しい」
「創業融資に積極的な金融機関はどこ?」
「金融機関に融資を断られたのだけれど何とかしてほしい」
「3日以内に融資してくれるところを紹介してほしい」

etc.etc・・・

最初は、ひとつひとつの問い合わせに対して、丁寧に対応していたのですが、
あまりにも問い合わせが多く、仕事に影響をきたしはじめました
それから依頼を引き受ける方針を「紹介の方のみ」と切り替え、ネット経由で、
あまり問い合わせが来ないように、社名を「ネクストフェイズ」に変えたのでした。

それが奏功したのか、ネット経由での問い合わせは少なくなったのですが、商工会議所でのセミナーが
多くなり、その受講者の方々からの相談が増えたため、業務量はそんなに変わらず、
それが今もずっと続いている状態です。

今まで資金調達支援をしていて感じたことは、
中小企業の経営者や創業希望者は、資金調達に関して悩んでも、相談する場所がわからなかったり、
見つける事ができなかったりしている

ということでした。

確かに商工会議所や、よろず支援拠点、中小企業支援センターのような中小企業支援機関はあるのですが、
多くの中小企業経営者や創業希望者にとって、敷居が高かったり行くのに不便だったりします。

だから、地元で「相談できる相手」を探しているのです
もし、あなたが「地元の中小企業経営者や創業希望者に貢献したい」と考えているのであれば、
地元の融資の相談窓口
になってください。

融資に関して相談したいと考えている経営者は少なくありません。
きっと相談が増えると思いますよ。

融資に関する相談に応えることのできるだけの知識もノウハウがないために、
融資の相談を避けて通っている士業や、当たり障りのない回答をしているコンサルタントは、
残念ながら少なくありません。
相談した方は、そんな態度をされたり回答をもらったときに、とても失望しています。

別に、相談された内容について、自分がその場で答えを出す必要はありません。
一旦、話を聞いて、
それについては、詳しく調べた上で回答させていただきます
と言って、後日、回答するようにします。

その後、融資に詳しい人に相談をして、その回答を聞き、その回答を、相談者に伝えてあげれば、
その方の悩み解決につながります。

大事なことは、相手の悩みを解決すること
自分が、そういった相談窓口になってあげればいいのです。

そのためには、まったく融資に関して知らないというのでは、多少問題があるので、
たった少しでいいので、融資に関する知識を身につけてください。

そんな「融資の相談窓口」になるためのヒントを手に入れることができます。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 5月9日(火)、10日(残2)、19日(金)、20日(残2)、6月2日(金)
  
(大阪) 5月11日(残3)、12日(金)、13日(土)、24日(水)、26日(金)
 
※6月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

新規客を獲得するための【ザイアンス効果】と【返報性の原理】

あなたは、「何を提供して」経営者に貢献することができますか?

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
先日、ある保険営業の方と
できる営業担当とできない営業担当の違いは何か?
という話をしていました。

そこで出てきたのが、
「出来る営業担当は、
どうすれば見込み客のお役に立つことができるか
を考えた上で、まず、貢献し、出来ない営業担当は、
どうすれば、見込み客から保険契約をしてもらうことができるか
を考えて、まず、営業する。」
という話でした。

保険営業に限らず、士業やコンサルタントも同じで、
「顧問契約をしてもらおう」
と考えて、見込み客に接すると、自分の売り込みになってしまい、その見込み客から嫌がられてしまします。

見込み客を顧客にしようと思えば、大事なことは、一にも二にも
何度も会う
ということ。

何度も会うことで、人は、その相手に対して好意を感じてくれるようになる(ザイアンス効果)
からなのです。
だからといって、しつこく訪問して営業しても、それは逆効果。
営業せずに、自然に何度も会える機会を作るというのがポイントなのです。

そのために有効なのが、
まず、相手に貢献する
ということで、先に相手の「困りごと」や「悩みごと」、「必要としているもの」を類推し、
その「困りごと」悩みごと」を解決する手段や、「必要としているもの」を提供することによって、
相手に喜んでもらいます。

「困りごと」悩みごと」を解決する手段や、「必要としているもの」を提供するには、
1回や2回会ったぐらいでは、できませんから、自ずから、会う機会は増えます。

その上、「まず、相手に貢献する」ことによって、
「返報性の原理(人は他人から何らかの貢献を受けた場合に、お返しをしなければならない
という感情を抱くが、こうした心理をいう)」
が働くので、顧客になってもらいやすくなります。

ある優秀な保険営業担当者は、見込み客の中小企業の経営者に会ったときには、絶対に保険の話はしません。
あなたの話を聞きたくて、お伺いしました。
といって、徹底的に相手の話を聞きまくると言います。

1日話を聞いた翌日にも訪ねて
「続きを聞かせてください」
と言われるそうです。

中小企業の経営者は、「話し好き」の方が多いのですが、会社では、従業員は何度も同じ話を
聞かされているので、満足に話を聞いてくれません。
「話を聞かせたい社長」は、「従業員が満足に話を聞いてくれない」ことに対して不満を覚えています

そんな社長の「他人に自分の話を聞かせたい」というニーズを見抜き、その営業担当は、
徹底的に相手の話を聞きまくります。
3日ぐらい連続で話を聞き続けると、一切、保険の話はしていないのにもかかわらず、3日目には、社長から
保険の契約書を置いて行きなさい
と言われ、保険契約につながることが多いと、その人は、言っていました。

相手のニーズを見抜き、そのニーズに応えるべく、貢献することで、顧客を獲得することが
容易になります。

そのためにも、これからの士業・コンサルタント・保険営業には、
相手のニーズを見極める能力」を磨く必要があるでしょうね。

中小企業経営者の3大ニーズは、「資金繰り」「売上アップ」「人材の確保・育成」です。
これらのうち、一つでも解決出来るノウハウを持っていれば、それを提供することで、
経営者に対して「貢献」ができます。

その中でも、一番多い悩みは「資金繰り」。
金融機関からスムーズに融資をしてもらうサポートをすれば、経営者からは、とても喜んでもらえます。

そんな、スムーズに融資をしてもらうサポートをするためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 5月9日(火)、10日(残3席)、19日(残3席)、20日(残2席)
  
(大阪) 4月22日(残1席)、5月11日(木)、12日(金)、24日(水)、26日(金)
 
※5月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

なぜ、銀行員は、あなたに顧客を紹介してくれないのか

まずは、紹介してくれない原因を把握する必要があります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
「金融機関の担当者と知り合いになっているのですが、こちらが紹介しても、
先方からなかなか紹介してもらえません。
どうすれば、紹介してもらえるようになるのでしょうか?
という質問が最近、とても増えてきています。

通常であれば、よく紹介してくれる専門家に対して、金融機関側からも紹介のお返しをする
ということはよくあります。
返報性の法則」が働くと言うことですね。

しかし、こちらが金融機関に対して貢献しているのに、金融機関から「お返し」がないということは、
少なからずあります。
その理由として、3つが考えられます。

1.貢献する相手が間違っている

よくあるパターンとして、「担当者」に対して顧客を紹介しているということが挙げられます。
貢献する相手は「担当者」ではなく、「支店長」や「渉外担当役席」でないと、
紹介してもらえる可能性は低くなります。
「担当者」レベルでは、あなたに紹介してもらえる案件の絶対量が少ないからです。
担当者にとっては、自分の担当先しか紹介出来るネタはありません。
また、取引先顧客の「困りごと」を把握する力が低く、案件を見つける能力も低いからです。
それに対して、「支店長」や「渉外担当役席」だと、支店全体の顧客の情報を持っている上、
顧客の「困りごと」を見つけ出し、その解決のお手伝いをするというのが仕事なので、
紹介してもらえる案件を持っている量が全然違います

2.金融機関の人間のアンテナが低い

先述したように、支店長や渉外担当役席は紹介案件につながる取引先をある程度持っている
はずなのですが、彼らのアンテナが低いため、その案件を見つけることができないということもよくあります。
「支店長」や「渉外担当役席」と言えども、仕事の出来る人、出来ない人に大きく分かれます
仕事が出来ない人は、アンテナも低いため、案件を見つけることも少なく、当然、紹介も
あまりしてもらえません。
自分が貢献する相手の性格や能力を見極めるということも重要になってきます。

3.金融機関の人間があなたの出来ることを把握していない

「支店長」や「渉外担当役席」の能力も高く、彼らに積極的に貢献しているのにもかかわらず、
紹介がもらえない原因の一つに、
金融機関の人間があなたの出来ることを把握していない
ということが挙げられます。
自分としては、金融機関の人間が自分の提供しているサービスについて詳しいと
思っているかもしれませんが、以外と、明確に認識していないことが多いのです。

あなたが何ができるのかわからなければ、案件を振ってくれることなぞ期待できません。
まず、自分が貢献できるサービスについて、明確に認識してもらう必要があります。
そのためには、自分のサービスを目で見て確認出来るツール(サービスチラシ)を作る必要があります。

「この人は、私たちの顧客に対して、こんなサービスを提供してくれることができるのだ」
ということを理解してもらえると、相手のアンテナも高くなり、案件を見つけてもらいやすくなります。
紹介を引き寄せたいのであれば、「サービスパッケージチラシ」の作成をお勧めします。

じっと待っているだけでは、金融機関からの紹介を引き寄せることはできません。
紹介を引き寄せるためには、しかけやツールが必要になります
どんなツールを使って、どのようなしかけを行うか?
上手に行うと、信じられないぐらい顧客の紹介につながったりします。

そんな紹介を引き寄せるためのしかけづくり、ツールづくりのヒントが手に入ります。
 
 
●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 5月9日(火)、10日(水)、17日(水)、19日(残3席)、20日(残2席)
  
(大阪) 4月21日(満席)、22日(残1席)、5月12日(金)、13日(土)、
 
※5月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

小規模事業者持続化補助金に採択された【士業事務所】は  何が違うのか?

【小規模事業者持続化補助金 士業・コンサル事務所採択者リスト】をプレゼントします
詳しくは、文末をご覧ください。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
先日、しようしようと思っていて、延び延びになっていた作業をやっと実行することができました。

その作業とは、
小規模事業者に採択された士業・コンサルタント事務所調査
です。

なんのために、この作業をしたのかというと、
採択に成功している士業・コンサルタント事務所は、何が違うのか?
ということを調べたくて行ったのです。

士業・コンサルタント事務所の「採択者の事業名称」を見ることで、何かヒントが
手に入るのではないかと考えました。
これらのリストを見てみると、採択される士業・コンサルタント事務所には共通点がありました
その共通点については、また、別の機会にレポートを作成しようと思っていますので、
リリースを楽しみにしておいてください。

今回、小規模事業者持続化補助金を商工会議所から申請し、採択された件数は、約6,400件。
採択事業者のうち、士業・コンサルタント事務所の数は、141件でした。
各地域別内訳は、

北海道  125件中 2件
東北   300件中 1件
北陸・信越  418件中 7件
関東   2109件中 57件
東海   934件中 22件
近畿   1254件中 31件
中国   441件中 9件
四国   198件中 2件
九州・沖縄  613件中 10件  合計   6392件中 141件

※手作業で集計したため、多少の誤差はある可能性があります。

なかなか厳しい結果ですね。
でも、このリストを見ていると、いろいろとアイデアも出てくると思いますの
で、採択可能性をアップさせることができるようになると思います。

現在は、「士業・コンサルタント事務所」リストしか出来上がっていませんが、時間を見て、
「理容室・美容室・サロン」「整体院・整骨院」「飲食店」等の採択事業者リストも
順次作成していこうと思います。
リクエストの多い業種から手をつけていこうと思いますので、
こんな業種の採択事業者リストが欲しい
というリクエストがございましたら、ご連絡いただけると優先順位の参考にさせていただきます。

今回は、せっかく時間をかけてリストを作成しましたから、
【小規模事業者持続化補助金 士業・コンサル事務所採択者リスト】
を、このブログをお読みいただいている士業・コンサルタントの方々に参考にしていただきたく、
プレゼントさせていただきます

希望者は、下記サイトにアクセスし、必要事項を入力の上、
お申し込みください。

【小規模事業者持続化補助金 士業・コンサル事務所採択者リスト】プレゼント
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HShJqObGok

この情報は、ご自由にシェアしていただいて結構です。

お知り合いの方で、「小規模事業者持続化補助金」に申し込みたいとご希望の
士業・コンサルタントの方に、教えてあげてください。

このリストがみなさまの参考になれば幸いです。