Archives

銀行員は企業実態のココを見ている

銀行員は、いろいろな角度から会社のことを調べています。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
金融機関が融資を行う上において、実務上で重要となるのが、企業の実態把握です。
取引先の実態を把握するため、「企業概況表」「取引先概況表」「信用調査書」というような名称の
実態把握シート」を作成します。
最近は、「事業評価性シート」というところも増えています。
 
この「実態把握シート」に加え、「財務分析」や「担保・保証の状況」「他行取引の状況」「取引履歴」等の
資料を基にして融資を決定します。
 
「実態把握シート」には、以下のことが書かれています。
(1)事業概要
(2)商流と業務フロー
(3)市場・業界の特性と動向

こういった現状を把握した上で、競合との比較を行います。
競合に比べ、勝っている点が多ければ、その企業は成長・発展する確率が高いと考えられ、
融資はスムーズに行われます。

しかし、現在、金融機関において、この「実態把握」が十分行われていないケースがよくあります
担当者の情報収集能力が低下しているからです。
不十分な情報で融資審査を行えば、その案件に対しての融資判断は厳しいものにならざるを得ません。
なので、正確な実態把握をしてもらう必要があります。

(1)事業概要

事業概要を把握してもらうために伝えるべき情報は、

1.業種
2.取扱商品・サービスの内容と売上構成
3.会社所在地・規模・立地状況・所有・稼働状況
4.経営陣の経歴・関係・人物像
5.後継者の有無
6.経営理念・ビジョン・経営方針
7.株主構成
8.沿革

の8つです。

これらの情報は、金融機関は当然把握していますが、更新していないことがほとんどであるため、
定期的に更新情報を「文書」で伝えておく必要があります。
事業概要を把握してもらうための資料として、「商業登記簿謄本」「定款」「会社パンフレット」
「組織図」「商品カタログ」「WEBサイトのプリントアウト」
を提出すれば、
理解はより深まることになります。

(2)商流と業務フロー

商流と業務フローを把握してもらうために伝えるべきことは、
「商品・サービスの内容」「事業の特徴」「仕入先」「販売先」「取引条件」
「収益構造(儲けのしくみ)」
です。
これらを「業務フロー表」という図にすることで、金融機関は、より実態把握が出来るようになります。

(3)市場・業界の特性と動向

担保・保証に頼らない「事業性評価融資」をしてもらおうと思えば、
「市場・業界の特性と動向」に基づいた競争力の評価をしてもらう必要があります。
そのためには、自社の経営分析を行い、その分析結果を提示すべきでしょう。
そのための分析手法としてよく使われているのが「SWOT分析」です。

「市場や企業を取り巻く環境の変化」「その変化に対する競合先の対応」「競合先の対応が
自社に与える影響」
を分析し、内部の経営資源分析と併せて、「自社の対応方針」を明確にします。

銀行が企業の実態を把握できるような資料を、企業側から積極的に提供することで、
財務内容や担保・保証に頼らない「事業性評価融資」をしてもらいやすくなります

代表取締役の保証を外したいのであれば、積極的に情報提供を行っていきましょう。
 
 
銀行の担当者が「実態把握シート」をスムーズに書けるようになれば、
融資もスムーズにしてもらえるようになります。
そのための情報提供方法にはコツがあります。
ちょっとしたコツを押さえることで、銀行はとても面倒見がよくなります

そんな銀行への情報提供をするためのちょっとしたコツについて知ることができます。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/
gyou/

(東京) 3月2日(木)、3日(金)、15日(水)、17日(金)、18日(土)、4月4日(火)
 
(大阪) 3月7日(火)、8日(水)、23日(木)、24日(金)、4月6日(木)、7日(金)
 
※4月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

人脈を作ることのできる場所              【独立を考えている士業が、「今」行っておくべきこと10】

人脈は一朝一夕には構築できません

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
以前、独立した士業の方200名に対して、
独立後、知っておけば役に立ったと思ったこと」と「独立前に知っておきたかったこと
についてのアンケートを実施しました。

アンケート結果によるベスト3は、
第1位 どうやって顧客を獲得するのか
第1位 自分の「売り」を何にすべきか
第3位 独立後、見込み客とどう知り合い、どう関係を築いていくか

でした。

1位の「どうやって顧客を獲得するのか」と3位の「独立後、見込み客とどう知り合い、
どう関係を築いていくか」については、ほぼ同じ意味だと思います。

「自分の「売り」を何にすべきか」については、以前のブログ
「独立を考えている士業が、「今」行っておくべきこと(1)」
http://www.npc.bz/marketing/20160812

でお伝えしましたので、今回は、「独立後、見込み客とどう知り合い、どう関係を築いていくか」
についてお伝えします。

独立後、見込み客と知り合うために必要なものは、一にも二にもなく
人脈」です。

独立当初、仕事を確保するには「紹介」もしくは、「自分の知り合いにアプローチ」するのが
、一番手っ取り早いからです。

「紹介してくれる人脈」がなければ紹介は発生しませんし、自分の知り合いの数が少なければ
アプローチする先にも困るでしょう。
かといって、独立してから人脈を構築しようとしても、一朝一夕にはできません
知り合ってすぐの人に紹介するなんてことは、ほとんどあり得ないからです。

なので、独立前にどれだけ人脈を構築しておけるかが、スタートダッシュが切れるかどうかに
大きな影響を与えます。

「人脈を構築しろと言っても、どこで人脈を構築すればいいかわからない」
という質問もよく受けます。

人脈を構築するためには、まず、「人と会う」というのがファーストステップとなります。
「欲しい人脈と出会える場所」はいろいろとありますが、リストアップしてみると、

● 異業種交流会
● 講演会・セミナー
● 勉強会
● ビジネス系の学校
● 各種イベント
● パーティ
● ビジネス以外の趣味の学校・サークル
● 現在所属している事務所・会社での担当先

といったものがあります。

どの場に行っても、今まで会ったことのない人との出会いがあります。
しかし、ただ、その場に足を運んだだけでは人脈は構築できません。

人脈には5つの段階があります。
1つ目は、【無人脈】段階。
知り合う前の段階ですね。
この段階では、「どんな相手と出会いたいのか」「その相手とどう出会うか」がテーマです。

2つめは、【認知】段階。
会ったことはあるが、ただ知っているだけの関係です。
異業種交流会なんかで名刺交換しただけの段階がこれにあたります。
この関係では、何の利害も発生していません。
名刺交換しただけの仲ですから、「もっと深く知りあう」がテーマになります。

3つめは、【利己】段階。
この段階では「相手から自分のメリットをいかに引き出すか」がテーマとなります。

4つめは、【互恵】段階。
「互いに喜び合い、楽しめる場をいかにつくるか」がテーマ。
勉強会や趣味の場などもここにあてはまるでしょう。

5つめが、【利他】段階。
「いかに相手に喜んでもらうか」がテーマです。

【無人脈】・【認知】・【利己】段階では、一時的にメリットがあっても長期的な人脈にはなりえません
大切なのは、自分の今持っている人脈を、あるいは今後出会う人々との縁を、
【互恵】・【利他】の段階に持っていく
こと。
それこそが、目指すべき人脈(=互いに相手に対し自立的に働きかけ、精神的によい影響を
与え合う友人・知人)なのです。

【互恵】・【利他】段階までなれば、お互い積極的に、相手の役に立とうとしますので、
紹介が発生しやすくなります。

今から【互恵】人脈・【利他】人脈を構築することができれば、
独立した際、スタートダッシュを切ることができるようになります。

「自分の「売り」を何にすべきか」をあらかじめ決めておくことで、見込み客を獲得しやすくなります。
自分の「売り」は経営者にとって、魅力的なものでなければ、その効果を発揮しません

「経営者の悩みや課題」を解決できるような「売り」であるなら、自然発生的に「紹介」や「相談」を
引き寄せることができます。

そんな、経営者が魅力を感じる「自分の売り」を身につけられるヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/
gyou/

(東京) 3月2日(木)、3日(金)、15日(水)、17日(金)、18日(土)、4月4日(火)

(大阪) 2月24日(金)、3月7日(火)、8日(水)、23日(木)、24日(金)、4月6日(木)

※4月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

金融機関の支店長から一目置かれる専門家になれる【ひと言】

このひと言を言うだけで、「この人、金融機関のことに詳しいな」と思ってもらえます。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
金融機関は意外と士業やコンサルタントに仕事を紹介してくれます。
取引先から、「専門家を紹介してほしい」と依頼される場面が結構あるからです。

それだけでなく、「金融仲介機能のベンチマーク(金融庁が地域金融機関向けに公表している経営指標)」の
「選択ベンチマーク」の中に、
「(10)外部専門家の活用」→「40.外部専門家を利用して本業支援を行った取引先数」
という項目があります。

この項目があることにより、今後、金融機関は、専門家を活用することで、
取引先の本業支援を積極的に行っていかなければならなくなっています。
なので、今後は、今までよりもっと、金融機関から仕事を紹介してもらえることが期待できます。

そのために、まず、必要なことは、
金融機関から選んでもらえる専門家
になること。

金融機関側も、取引先に対して専門家を紹介する場合、誰も彼もというわけにはいきません。
彼らのお眼鏡にかなった専門家を紹介します。
金融機関の人間が紹介しやすい専門家とは、
金融機関のことをよく知っている専門家
なのです。

金融機関のことをあまりよく知らない専門家は、無意識に、金融機関の人間がいやがることをします。
知らないうちに地雷を踏んでいることが少なくありません。
金融機関の人間の不興を買うような専門家を、紹介してくれるようなことはありません。

金融機関側にとっても、自分たちが使いやすい専門家を使うに決まっています。
自分たちのことをよく知っている専門家とよく知らない専門家がいた場合、
どちらを取引先に紹介するかは、よくご理解いただけると思います。

だから、金融機関に選んでもらえる専門家になろうと思えば、
「私は金融機関のことをよく知っていますよ」
とアピールすること
が重要になってきます。

金融機関の支店長や、貸付担当役席と初めて会ったときに、
「この専門家は、金融機関について詳しいぞ」
と一目置かれる存在になれる、【ひと言】があります。

それは、
「御社の『選択ベンチマーク』は、どれを選ばれていますか?」
という【ひと言】です。

金融庁が公開した、金融機関における金融仲介機能の発揮状況を客観的に評価できる多様な指標
「金融仲介機能のベンチマーク」は、これからの金融機関の業務のやり方の基本となってきます。
一昔前の「金融検査マニュアル」と同じ位置づけになるという、金融機関にとって、とても重要な指標です。

この「金融仲介機能のベンチマーク」は、大きく2つのベンチマークに分かれています。
一つは、全ての金融機関が金融仲介の取組みの進捗状況や課題等を客観的に評価するために活用可能な
「共通ベンチマーク」。
もう一つは、各金融機関が自身の事業戦略やビジネスモデル等を踏まえて選択できる
「選択ベンチマーク」です。

「共通ベンチマーク」は、どの金融機関も伸ばさなくてはいけない指標であり、
各金融機関は、この指標を伸ばすために必死になります。
この「共通ベンチマーク」の指標を伸ばすお手伝いができれば、それだけでも、
金融機関から仕事を紹介してもらえる確率は高まります。

「選択ベンチマーク」は、金融機関が任意に選ぶことのできるベンチマークです。
項目数にして、50ほどあります。
「選択ベンチマーク」の何を選ぶかによって、その金融機関のスタンスが表れてきます

例えば、
「(3)本業(企業価値の向上)支援・企業のライフステージに応じたソリューションの提供」の
「16. 創業支援先数(支援内容別)」を選択ベンチマークに選んだ金融機関は、今後、
「創業者支援に力を入れる金融機関」だということになります。

もし、創業希望者が相談に来た場合、この選択ベンチマークを選んでいる金融機関を紹介してあげれば、
創業融資が借りやすくなるということは、十分あり得ます。

このように、金融機関がどの「選択ベンチマーク」を選ぶかにより、その金融機関の融資姿勢が
ある程度わかります。
金融機関側にとって言えば、「選択ベンチマーク」を通じて、自分たちが取引先から
選ばれる金融機関になるか、選ばれない金融機関になるか、大きく変わってくる重要な情報なのです。

しかし、多くの専門家は、この「金融仲介機能のベンチマーク」の重要性に気づいていません
とてももったいない。

だから、どの「選択ベンチマーク」を選んでいるのかを聞けば、
この専門家、金融機関についてかなり詳しいな
と思ってもらえることができるのです。

「金融仲介機能のベンチマーク」は、金融機関から仕事を紹介してもらいたいと
考える専門家にとっては、宝の山です。
今からでも全然遅くありません。
「金融仲介機能のベンチマーク」をよく研究することで、金融機関が魅力を感じる提案が
どんどんできるようになります

そんな「金融仲介機能のベンチマーク」を利用して、金融機関に提案をするためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/
gyou/

(東京) 3月2日(木)、3日(金)、15日(水)、17日(金)、18日(土)、4月4日(火)

(大阪) 2月23日(木)、24日(金)、3月7日(火)、8日(水)、23日(木)、24日(金)

※3月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

「オンリーワン士業」のススメ

日本で「オンリーワン」になる必要はありません。
自分の周りの士業の中で「オンリーワン」になればいいのです。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
顧問先や仕事の案件を獲得するしくみをつくるのに、一番手っ取り早い方法は、
相談を増やすしくみをつくること
というのは、何度もお伝えしてきました。

「相談をふやすしくみ」をつくるために行うべき最初の作業は、
「私は、経営者の◯◯という悩みを解決できる専門家です」
と、徹底的にアピールすること

経営者は、多かれ少なかれ経営課題を抱えています。
しかし、自分一人で、その経営課題を解決するのは難しい。
そんなときに、専門家からのアドバイスを求めます。

なので、中小企業の経営課題を解決できる専門家ということをアピールし、
それが、多くの人に浸透すれば、たくさんの相談が来ます。

私の知り合いに、株式会社つながりバンクの齋藤由紀夫さんという方がいらっしゃいます。
この方は、スモールM&Aのスペシャリストです。

通常、M&Aというのは、年商の大きな企業に対して行うことが多いです。
小さい中小企業のM&Aを仲介しても、仲介料のうまみが少ないからです。
しかし、齋藤さんは、あえて、小さい中小企業のM&Aを専門にされています。
「社会的使命」を重視しているからです。

通常、一人で事務所運営を行っている士業やコンサルタントのメインクライアントは、
年商10億円ぐらいまでのところが多いと思います。
年商1億円以下のところもざらです。

事業承継も満足にできない企業は、圧倒的に年商1億円以下のところです。
しかし、そういった企業のM&Aを行う専門家が圧倒的に少ない。
齋藤さんは、年商1億円以下クラスのM&Aも積極的に行っています。

齋藤さんの元でスモールM&Aについて学んでから、1週間もしないうちに、
M&Aの案件の話が3件もありました。
カラーバス効果ですね。

しかし、スモールM&Aの経験のない私は、実際にそのサポートを行う際には、
齋藤さんを頼らざるをえません
私の周りのスモールM&Aの専門家は、齋藤さんしかいないからです。

多分、齋藤さんの他にも、スモールM&Aの専門家はたくさんいるのだろうと思います。
でも、私の周りにおいては、スモールM&Aの専門家は齋藤さんしかいません。
先日、齋藤さんの「スモールM&Aアドバイザー養成講座」を受講した人は、
20名以上いましたが、その20名以上の方全員が、私と同じ状況になっています。

すなわち、その20名にスモールM&Aのサポート案件の依頼があった場合には、
自動的に齋藤さんのところに話が行くようになっています

齋藤さんが、私たちの周りでスモールM&Aの専門家のオンリーワンだからです。

別に、スモールM&Aの専門家になれと勧めている訳ではありません。
案件を獲得したいのであれば、自分の周りにいる士業やコンサルタントの中で、
オンリーワンの存在になればいい
ということを言いたかったのです。

もし、あなたに士業やコンサルタントの知り合いが100人いれば、
その100人が持っていない強みを持つだけで、その100人の専門家の顧問先からの相談を
一手に引き受けることができるようになります。

相続に強い専門家はたくさんいるでしょう。
でも、自分の周りにいる100人の士業やコンサルタントの中に、相続に強い専門家がいない場合は、
彼らが相談される相続案件のほとんどが、自分のところに来ます。

まずは、自分の周りがだれも持っていない、「オンリーワンになれる強み」を身につけ、
それを徹底的にアピールする
ことで、相談や案件は、積極的に営業せずとも引き寄せることが
できるようになります。

まずは、「オンリーワン」ネタを見つけましょう。

周りにたくさんいそうで、意外といないのが
「融資に強い」士業やFP、コンサルタントです。

税理士が「融資に強い」と思われていますが、「融資に関する相談」に対して、
即座に的確なアドバイスができる税理士は、ほんのわずかだと税理士自身が言っています。

だから、「融資に強い専門家」になることができれば、周りの士業やFP・コンサルタントの中でも
オンリーワンの存在になれます

オンリーワンになることができれば、相談がどんどん集まってきます。

「融資に強い専門家」になれば、「どんなメリット」があり、「どんなサービスが提供」でき、
どれだけの報酬が手に入るか」についての情報が手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/
gyou/

(東京) 3月2日(木)、3日(金)、15日(水)、17日(金)、18日(土)、4月4日(火)

(大阪) 2月23日(木)、24日(金)、3月7日(火)、8日(水)、23日(木)、24日(金)

※3月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

商工会議所担当者が講師を選ぶときに見る4つのポイント

ポイントを外した提案は、採用につながりません

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
商工会議所の担当者が講師を選ぶとき、何を重点的に見ているかご存知ですか?

多くの講師が、セミナーの企画書を商工会議所に提出するのですが、このポイントを外しているため、
ゴミ箱に直行となっているものがたくさんあります。

商工会議所担当者が講師を選ぶときに見るポイントは、4つあります。

一つ目のポイントは、「セミナータイトル」です。
まず、タイトルで興味を惹かなければ、選ばれることはありません。
担当者がセミナーの企画を立てる場合、テーマが決まっている場合と、決まっていない場合はあります。

テーマが決まっている場合は、そのテーマに沿った企画を選びます。
そのときに、提出したセミナーの企画が、そのテーマに沿ったものであれば、
まな板の上にのせてもらうことができますが、他にも、同じような企画書も、
そのまな板の上にはのっています。

「タイトル」に特徴があれば、それだけで、優先的に企画書を見てくれます
最初に見た企画書の内容がよければ、そのセミナーが採用されるというパターンが多いですね。

また、テーマが決まっていない場合は、届いた企画書の中から「面白そうな感じのするもの」が
選ばれる傾向にあります。

人材採用セミナー
というタイトルと、
応募者に「あなたの会社で働き続けたい!」と言わせる採用テクニック
というタイトルでは、どちらを聞きに行きたいと思ってもらえるのか、一目瞭然ですよね。

なので、採用されたいのであれば、タイトルは徹底的に考える必要があります。
「機能的」なタイトルではなく、「感情に訴えかける」タイトルを心掛けることで、
興味を持ってもらえるタイトルにすることができます。
セミナータイトルを考えるときは、最低でも50個以上は考える癖をつけたいものですね。

二つ目のポイントは、「実績」です。
実績のない講師は選ばれることはありません。
実績のない講師は、採用する側にとってもリスクが高く、どうしても避けられる傾向にあるのが現実です。
自主セミナーでも構わないので、最低、10回以上のセミナー実績は欲しいものです。

三つめは、「評判」。
他の商工会議所で行ったセミナーの評判を聞いて、その講師にセミナーを依頼するというのは、
結構よくあります。

担当者があるセミナーテーマを考えたときに、まず、調べるのが、
別の商工会議所で行われた同テーマのセミナー
そのセミナーを開催した商工会議所の担当者が、講師を探している商工会議所の担当者の
知り合いだった場合、必ず、そのときの感想や評判を聞きます。
そして、その評判が高かった場合、ほぼ、その講師は採用されます

商工会議所でのセミナー実績がない場合は、「評判」の問い合わせはしてもらえませんが、
セミナー企画書に、「受講者の感想」という形で、いい評価の感想を書いておけば、
「評判が高いセミナーだったんだな」
と思ってもらえますので、採用される確率を高めることができます。

そして、四つめは「オリジナリティ」です。
オリジナリティがないセミナーの内容だと、「誰に話してもらっても同じ」ということになるので、
わざわざ、あなたを指名する必要はありません。
あなただからこそ話せる内容になっていないと、選んでもらえないことになります。

オリジナリティを出すために必要なのは、「事例」
特に、自分が経験した「事例」は、他の方には話せません。
また、臨場感たっぷりに伝えることもできます。
オリジナリティの塊ですね。
「事例」をふんだんに入れることを、特に意識しておいてください。

セミナーの企画書を作る際は、「タイトル」「実績」「評判」「オリジナリティ」をよく意識した上で
作成してください。

採用される確率が、格段に高まりますよ。

セミナー企画書を書こうと思っても、どう書けばわからないという相談をよくいただきます。
採用されるセミナー企画書にはコツがあります。

そんな採用される企画書を書くためのノウハウが満載です。

【90日で商工会議所からよばれる講師になる方法】(同文舘出版)
http://www.npc.bz/book2/90days/

融資に影響を与えるのは「機能」よりも「感情」

金融機関とのつきあいに効率性を求めてはいけません

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
金融機関から融資をしてもらうのに重要なことは、何だと思いますか?

財務内容?担保?保証人?事業性?
確かにそれらも大事なのですが、それらはすべて「機能」的なもの。
実は、「機能」よりも重要なことがあるのです

それは「感情」です。

「感情」?
なぜ、「感情」なんか重要なんだ?
と思われるかもしれませんが、とても重要なのです。

どれだけすばらしい財務内容であったとしても、その社長のことを支店長が嫌っていれば、
融資が実行されることはありません

どれだけすごい業績の会社であったとしても、担当者に、その会社を支援したいという
モチベーションが低ければ、通りやすい稟議書を書くことができません

財務内容や業績ももちろん大事なのですが、まず、金融機関の人たちから
この会社を何とか応援したい
と思わせることができなければ、どんなにすばらしい資料を作ったとしても、意味がないのです。

だからといって、金融機関の人間の機嫌をとれと言うわけではありません。
「応援したい」と思わせるために行うべきことは、
接触頻度」と「真面目さのアピール
なのです。

会う回数が増えれば増えるほど、その人間に対して好意を感じる度合いは高くなります。
(ザイアンス効果)
担当者と会う回数を増やすのは、そんなに難しい話ではありません。
用事を作って、会社に来てもらうよう依頼すればいいからです。

しかし、融資判断のキーマンとなる、貸付担当役席や支店長を、
頻繁に呼びつけるわけにはいきません。

あなたの会社が、その支店にとってVIP扱いされるような会社であれば、
それができるかもしれませんが、その支店にとっては、「その他大勢の会社」のうちの
一つであるなら、そんなことはできません。

だから、会う回数を増やそうと思えば、
こちらの方から、用事を作って訪問するというのが必要となってきます。

確かに、担当の人に来てもらうことができれば、効率的に仕事をこなすことはできます。
しかし、こと、金融機関との取引を考えた場合、効率的にコトを済ますというのは、避けるべきなのです。

手間がかかっても、こちらから支店に足を運ぶ。
そして、そこで、貸付担当役席や支店長に挨拶をする。
時々(月に1回程度)は、会社の業績報告を行う。

という風に通うだけで、「その他大勢の会社のうちの1社」から、
よく顔を拝見する社長の会社
という風に認識が変わります。

そうなると、応援してもらえる度合いが大きくなります。

まず、支店長や貸付担当役席に、顔と名前を覚えてもらうことを、第一段階の目標にしてください。

すこしずつ認識度が上がることで、融資もどんどん借りやすくなりますよ。

「金融仲介機能のベンチマーク」の中に
外部専門家を活用して本業支援を行った取引先数
という指標があり、今、金融機関は外部専門家を紹介していかなくては
ならない
ようになっています。

支店においては、何といっても、支店長が一番たくさん、案件を持っています。
支店長と知り合い、仲良くなることで、そういった案件を
優先的に紹介してもらえるようになります

そんな支店長と知り合い、仲良くなるための方法のヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/
gyou/
 
(東京) 3月2日(木)、3日(金)、15日(水)、17日(金)、18日(土)、4月4日(火)
 
(大阪) 2月23日(木)、24日(金)、3月7日(火)、8日(水)、23日(木)、24日(金)
 
※3月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

セミナーで顧客を獲得したいのなら、この本をお勧めします

私は、この本を読んだおかげで、セミナー経由で顧客を獲得できる方法を確立できました。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
私は、今でこそセミナー経由で、仕事を獲得出来るようになりましたが、
最初の頃は、全然、仕事につながりませんでした。

苦労して受講者を集めたおかげで、参加者は、たくさん来たのですが、そこから、仕事につながらない
徒労感が募るばかりでした。

たくさんの商工会議所から、よばれるようになり、話をする機会は増えたものの、
なかなか、仕事の依頼につながりません。
「顧客獲得型セミナー」「情報提供型セミナー」が違うということを、その時は、知りませんでした。

それを知ったのが、ある本と出会ってから。

それが、遠藤晃顧客教育研究所の遠藤晃さんの著書
『たった5人集めれば契約が取れる! 顧客獲得セミナー成功法』(ダイヤモンド社)

この本を読んで、自分のセミナーが「顧客獲得型セミナー」ではなく、
「情報提供型セミナー」だったと言うことが気づいたのです。

本を読んだだけで、セミナー経由での仕事が、とても増えました。
そして、遠藤晃氏に興味を持ちました。

いろいろとネットを探してみると、遠藤氏が行っている
【 No.1セミナースター養成塾 】
というのを見つけました。

当然、すぐ、参加しました。

結構、高額の講座でしたが、参加して正解でした。
この講座を受講することで、セミナーから顧問契約やバックエンドの講座につながる率が、
劇的に高まりました

それ以来、「セミナーで顧客獲得したい」という方から質問があったときは、
「「たった5人集めれば契約がとれる 顧客獲得セミナー成功法」という本を読んで、
【 No.1セミナースター養成塾 】を受講すれば、セミナーで顧客を獲得できるしくみを
作ることができますよ。」
と伝えることにしています。

その【 No.1セミナースター養成塾 】が東京と大阪で開催されます

この「セミナースター」は、遠藤さんのたった5人集めれば契約が取れる、
集客から顧客化までの発想やノウハウを全て公開しています。

この講座を参加された、修了生から圧倒的な成果が輩出されていています。
私も、その一人だと自負していますし、私と仲が良くて、セミナーで集客を成功している方の多くは、
遠藤さん門下生です。

今度、その【 No.1セミナースター養成塾 】のプレセミナー兼説明会である
【 戦略的顧客獲得セミナー構築法 《ベーシック》 】セミナー
開催されます。

このプレセミナーを聞くだけでも、
セミナーをどうやって、バックエンドにつなげることができるようになるのか」
の仕組みが見えてきます。

説明会を兼ねているとは言え、参加されたら、集客の発想法が180度変わると思いますよ。

単なる「セミナー開催ノウハウ」でもなく、小手先だけの集客テックニックや
営業ノウハウだけでもありません。
それでいて、抽象論ではなくて、超具体的!

もし顧問契約や高額サービスを受注したい方やコミュニティー運営に興味があるのであれば、
この機会に参加をお勧めします。

本だけでなく、著者から直接、
「セミナーから顧客を獲得するしくみ」
について聞きたいのであれば、
下記、セミナーの受講をお勧めします。

受講料、たったの5,000円
絶対に得るものがあるセミナーです。ヒガシカワが自信を持ってお勧めします。


【 No.1セミナースター養成塾 東京18期ベーシックセミナー】
http://no1seminarstar.com/seminar/tokyo18/

 
◆2017年2月17日(金)18:30~21:00 懇親会あり
◆2017年2月24日(金)18:30~21:00 懇親会あり
◆2017年3月2日 (木)18:30~21:00 懇親会あり
◆2017年3月10日(金)18:30~21:00 懇親会あり
   
会場:大井町きゅりあん
 
 
【 No.1セミナースター養成塾 大阪8期ベーシックセミナー】
http://no1seminarstar.com/seminar/osaka8/

 
◆2017年3月7日 (火)14:30~17:00  懇親会あり
◆2017年3月27日(月)14:30~17:00  懇親会あり

会場:新大阪丸ビル別館・本館

※各回同内容です。
===================

銀行員は経営者のココを見ている

融資の際に、銀行員が一番重要にしていることは、財務内容でも担保でもなく、経営者なのです。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
金融機関の支店長に対して
新規で融資取引を開始する上で、一番何を重要視しますか?
と尋ねると、ほぼ全員が、
経営者です
と答えます。

それほど、金融機関にとって、経営者というのは、融資判断をする上で、
とても重要なポイントとなります。
特に中小企業に対する融資の場合は、この傾向は顕著になります。

経営者とは、ただ人に命令するだけではなく、にチームの意識共有や目標達成までの道筋の提示を行い、
与えられた任務を遂行するリーダーでもあります。
結果はもちろんのこと、同時にチーム全員のモチベーション維持や、個々の成長も考えなくてはなりません。
そんな金融機関が経営者に求める資質についてまとめてみました。

(1)経営理念や具体的なビジョンがあるか?
(2)社員に対して愛情を持っているか?
(3)成長意欲があるか?
(4)目的達成意欲は強いか?
(5)数字にこだわっているか?

(1)経営理念や具体的なビジョンがあるか?
経営理念があるのとないのとでは、業績や会社の成長力に大きな違いが出ます。
経営理念を明文化しておくことで、経営判断に迷ったとき、自分たちが進むべき方向を
明確にすることができます。
また、社員に経営理念が浸透していれば、個々の社員が主体的に考え行動するようになるので、
一丸となった強い組織を作ることができます。
それだけでなく、多くの方が共感できる経営理念であれば、金融機関や取引先といった
社外からの信頼を得ることもできます。

(2)社員に対して愛情を持っているか?
会社で一番大事なのは、「お金」でもなく、「技術やノウハウ」でもなく「人」。
社員を大事にする会社は、働いている社員も、その能力を最大限発揮してくれるので、
やはり、業績が良いです。
人を育てる上でもっとも大切なものは「愛情」に尽きる
と、京セラの稲盛和夫氏もおっしゃっています。
社員との結びつきが強い社長だからこそ、強い組織を作ることができると、金融機関は考えています。

(3)成長意欲があるか?
業績を伸ばしている経営者に共通するのは、「成長意欲が高い」こと。
「今までと同じこと」を続けていても業績が伸びないことを金融機関は知っています。
また、成長しようとしない経営者に、「成長しろ、挑戦しろ」と言われても社員はついて来ません。
自己の成長のために研鑽を怠らないことも、優れた経営者の条件だと考えています。

(4)目的達成意欲は強いか?
金融機関も、「なんとなく経営を行っている」社長と、「成果にこだわっている社長」を比べた場合、
「成果にこだわっている社長」のほうが頼りになると思っています。
計画を立て、その計画を達成することにこだわる姿勢を見せるからこそ、
金融機関も全力で応援しようという気になります。

(5)数字に強いか?
金融機関の人間が一番嫌がるのは、数字に疎い経営者。
売上や利益のことを尋ねても、「それは経理に任せているから」と言われると、
「誰の会社なのだ」と思ってしまいます。
また、数字に疎ければ、どんぶり勘定の経営者と評価されるため、融資についても厳しくなりがちです。
数字が苦手であっても、「実績数値」や「目標数値」をメモして常に携帯しておけば、
質問されたときには、それを見ながら答えることができます。
そういった努力の部分も金融機関は見ているのです。

今までは、融資を受ける際には、社長は保証人に入る必要がありました。
しかし、これからは、金融機関とのつきあいかたによっては、社長が保証人に入らなくても
よくなるケースが出てきます。
もちろん、ただ、お願いするだけでは、保証人不要の融資にはしてもらえません。
士業やFPがサポートすることにより、それは可能になります。

そんな保証人不要の融資をしてもらうためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 2月15日(水)、16日(木)、17日(金)、3月2日(木)、3日(金)、15日(水)
 
(大阪) 2月23日(木)、24日(金)、3月7日(火)、8日(水)、23日(木)、24日(金)
 
※3月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

【商工会議所のつかい方】という内容の本を書ける人を探しています

これから、著書を出版したいと考えられている現役の商工会議所の方、もしくは、商工会議所OBの方は、
一度、ご検討ください

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
今回は、いつもの情報提供ではなく、【著者候補募集】ということで、
投稿させていただきます。

以前、私の知り合いの出版社の編集長から
【商工会議所の上手な使い方】という内容の本を出版したいと思っているのですが、
ヒガシカワさんの知り合いで、そんな本が書けそうな商工会議所の方はいませんかね?
ヒガシカワさんは、【90日で商工会議所からよばれる講師になる方法】という本も書かれていますし、
商工会議所でのセミナーをたくさんされているので、商工会議所関係の方とたくさん面識があるでしょう。
心当たりの方がいらっしゃったら、是非、ご紹介ください」
と、相談を受けました。

「この人なら書けるのではないか」という人を紹介させていただいたのですが、
打合せの結果、方向性が違っていたようで、その方との話はなくなってしまいました。

話がなくなったときに、わざわざ、その旨の連絡をいただきました。
その時に編集長から、
どうしても、この本の出版を実現したいので、
また、心当たりのある方がいらっしゃいましたら、是非、ご紹介ください。」
と頼まれました。

確かに多くの商工会議所の担当者の方とお話をさせていただく機会はあるのですが、
そのうち、誰を紹介すればよいのか、正直、悩んでいる状態です。

商工会議所に勤められている士業の方なんかは、適任ではないかと思っています。
その方が、将来的に独立を考えられているのでしたら、今のうちに、著書の1冊も出していると、
独立するときにも、かなり有利に働くと思います。

この話に興味のある方がいらっしゃいましたら、ヒガシカワ宛にメッセージを
お送りいただけますでしょうか?
一度、お話をお伺いさせていただいた上で、その編集長をご紹介させていただきたいと思います。

絶対に出版につながるという確約は出来ませんが、かなり高い確率で、出版につながる話ではないかと
思っています。

この記事を読んだみなさんの周りで、書けそうな人がいていましたら、
この情報を提供いただければ幸いに存じます。

現役の商工会議所の方でなくても、以前、商工会議所にお勤めになっていた方でも結構です

それではよろしくお願いします。

ヒガシカワは、最盛期で年間200回以上、商工会や商工会議所等でセミナーを行っていました。
今でも、年間50回程度は行っています。
なぜ、商工会議所でそれだけのセミナーを行うことができたのか?
そんな、商工会議所から講師として依頼されるためのノウハウが手に入る本です。

【90日で商工会議所からよばれる講師になる方法】(同文舘出版)
http://www.npc.bz/book2/90days/

2年半で35件の新規顧客を獲得した税理士が行ってきたこと

人間、素直で行動力があれば、大抵のことは達成できるのではないでしょうか?

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
私の知り合いの税理士で、開業してから2年半で、全くゼロから顧問先を35件まで増やした方が
いらっしゃいます。

彼は前の事務所の所長と喧嘩し、半ば追い出されるような形で独立しました。
奥さんは身重で、すぐにでも顧客を獲得しなければならない状況に追い込まれていました。
でも、今まで税理士事務所で実務ばかりをしていて、営業は全くしたことがない。
どうすれば新規客を獲得出来るかの方法を知らなかったのです。

そんな彼が参加したのは、地元の商工会議所で行われていた「創業塾」。
その「創業塾」のカリキュラムに、「先輩起業家の体験談」というのがありました。
そのときの先輩起業家がヒガシカワでした。

「最初の2年半はほとんど食べることが出来ませんでしたが、2年半を超えたぐらいから軌道に乗り、
30件の顧問先を獲得出来ました」
という話をさせていただきました。

話の後、その税理士は、私のところに走ってきて、
ヒガシカワさん。どうやって2年半で30件もの顧問先をとってくることができたのですか?
と、真剣なまなざしで聞いていきました。

「私はただ、
『融資に強いコンサルタントです。もし、なかなか融資してもらえず困っている経営者がいましたら、
お手伝いさせていただきますよ。』
と言い続けただけ
ですよ。最初は、そのことがなかなか浸透しませんでしたが、
積極的に活動しているうちに、
『クライアントが融資に困ったら相談出来る専門家がいるぞ』
と、多くの人に知ってもらってから、相談が集まってきたのです。
その相談に乗って、お手伝いしているうちに、だんだんと顧問先が増えてきたのですよ。」
と答えると、その税理士は、

「ヒガシカワさん。『融資に強いノウハウ』を身につけるのは難しいですか?」
と尋ねてきました。

私自身、『融資に強いというノウハウ』は、金融機関のことを知っているかいないかに
関わってくるだけなので、難しいとは思っていませんでした
ので、
「ノウハウを身につけるのは難しくないですよ。でも、その後、
どれだけ積極的に行動できるかどうかがカギになります。
いくらノウハウを身につけても、待っているだけでは、仕事はとれませんからね」
と伝えました。

「ヒガシカワさん。その『融資に強いノウハウ』を私に教えてくれませんか?」
と、その税理士は言ってきました。
その迫力に気圧されて、私は思わず
「いいですよ」
と言ってしまいました。

【融資に強いFP・士業養成講座】が誕生した瞬間です。

その税理士からは、「素直さ」が人間一番大事なんだと改めて思わされました。
彼は、講座で学んだことを忠実に行っていきました。
それだけではなく、私が
「あの金融機関に支店長に挨拶に行きましょう」
「知り合いの経営者が融資を申し込むとき、強引に付いていきましょう」
「自分の事業計画をまず作りましょう」
「近所の金融機関との関係を作るために、自分がまず、借りましょう」
「自分の周りの経営者や士業の方々に対して、『融資に強い税理士』だということを
徹底的にアピールしましょう」

と指示したことも、言われるまま行いました。

その結果、多くの方から融資に関する相談が増え、それらの相談に乗っていくうちに、
仕事の依頼につながりました。
仕事が上手くいったクライアントから顧問契約がもらえ、そういった顧問先が、
別の経営者の知り合いを紹介してくれるという、いいパターンにはまり、
その結果、2年半で35件の顧問先獲得につながったのでした。

新規客を獲得できるしくみを作れなければ、これからは、安定した事務所経営を行うことは、
ますます難しくなってきます。
しかし、そんなしくみの作り方を学べる場所は、なかなかありません。

【融資に強いノウハウ】を武器に新規客を獲得出来るしくみをつくるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 2月15日(水)、16日(木)、17日(金)、3月2日(木)、3日(金)、15日(水)
 
(大阪) 2月23日(木)、24日(金)、3月7日(火)、8日(水)、23日(木)、24日(金)
 
※3月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください