契約社員を正社員にすると、57万円(72万円)もらえます。【助成金情報】

社員を雇うのであれば、これを使わないのは、もったいない。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
厚生労働省の助成金に「キャリアアップ助成金」があります。
支給要件がシンプルで支給申請に必要な書類もわかりやすいため、人気のある助成金です。
実際に、無理なく使える企業が多いというのもポイントです。

どのような助成金かといいますと、
有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者
(以下「有期契約労働者等」という)の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、
これらの取組を実施した事業主に対して助成をするものです。

キャリアアップ助成金には、「正社員化コース」、「人材育成コース」、「処遇改善コース」という
3つのコースがありますが、その中でも使いやすいのが「正社員化コース」です。
今回は、この「正社員化コース」について、お伝えさせていただきます。

実は、つい先日、ネクストフェイズも、このキャリアアップ助成金をいただきました。
いきなり、口座に60万円が振り込まれていたので、
「これは、何のお金だ?」
ということで、調べてみると、キャリアアップ助成金を申請していたことを
思い出したという次第です。

社会保険労務士の先生に、全部、丸投げしていたので、何もしないで、
60万円のお金が入ったことになります。
(実際は、社会保険労務士の先生に報酬を払わなければいけないので、手取りは減りますが、
それでも、とてもうれしい臨時収入でした)

これは、申請しないと、本当にもったいないと思いますよ。

この「正社員化コース」は、就業規則または労働協約その他これに準ずるものに規定した制度に基づき、
有期契約労働者等を正規雇用労働者等に転換または直接雇用した場合に助成金が交付されます。

【支給額】
(1)有期契約労働者→ 正規雇用に転換した場合:
   1人当たり57万円(生産性の向上が認められた場合72万円)
(2)有期契約労働者→ 無期雇用に転換した場合:
   1人当たり28.5万円(生産性の向上が認められた場合36万円)
(3)無期雇用→ 正規に転換した場合:
   1人当たり28.5万円(生産性の向上が認められた場合36万円)

これ以外にも、
「派遣労働者を派遣先で正規雇用労働者または多様な正社員として直接雇用した場合」
「母子家庭の母等又は父子家庭の父を転換等した場合」
「若者雇用促進法に基づく認定事業主が35歳未満の者を転換等した場合」
「勤務地・職務限定正社員制度を新たに規定し、有期契約労働者等を転換又は直接雇用した場合」
には、47,500円~285,000円が特別に加算されます。

国の方針として安定した雇用形態の労働者を増やしたいという思いがあります。
有期契約労働者は、いつからいつまでと期間の定めがある労働者ですので、
安定した雇用とはいいづらいです。
そこで、有期契約労働者を無期または正規雇用の労働者として雇用した場合に企業に
助成金が支給されるのです。

【無期雇用と正規雇用の違い】
正規雇用:期間の定めがなくフルタイムで働く労働者。就業規則で定める正社員としての労働条件で   
       雇用されている労働者。
無期雇用:期間の定めがない労働契約を締結する労働者。正社員、正規雇用労働者を除く。

【問合せ先】
都道府県労働局・ハローワーク

※詳細内容については、下記の厚生労働省ホームページもご確認ください。http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html


「補助金や助成金の情報を提供しても、自分はノウハウも、資格もないので、顧客のサポートができない」 という方もいらっしゃいます。 自分ですべてサポートする必要はありません。 ある程度の前さばきををしてあげれば、後は、専門家を紹介することで、 クライアントには、喜んでもらうことができます。 そんな、補助金や助成金の前さばきをする方法や、紹介できる専門家を見つけるためのヒント が手に入ります。 ●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー   (東京) 8月7日(月)、23日(水)、24日(木)、25日(金)、9月12日(火)    (大阪) 8月9日(水)、10日(木)、28日(月)、29日(火)、9月14日(木)   ※9月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

人事評価制度を作って50万円、達成すれば、さらに80万円【助成金情報】

従業員の賃金アップを考えている経営者なら、とても使いやすい助...

7月10日が忙しさピークの社労士とは

もう少しだけがんばりましょう、社会保険労務士のみなさん! し...