格付けアップの手法はもう古い

現在、金融庁にとって、債務者区分はあまり重視していません。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
先日、ある経営者の方と話をしていたところ、
「銀行から融資を受けやすくしようと思ったら、格付けアップが一番重要だと、
税理士の先生に言われました。
どうすれば、格付けを上げることができるようになりますか?」
と聞かれました。

私は、一瞬耳を疑いました。
「まだ、そんなことを言っている税理士がいるのか?」
と。

何も、格付けアップが無駄だと言うつもりはありません。
ただ、現在の金融庁の方針として、債務者区分(会社の格付け)は、ほとんど重要視していません。
その証拠に、2年以上前から、金融庁が金融機関に2年に一度行う「金融庁検査」において、
債務者区分のチェックは行っていません。

ご存知のとおり、2014年7月から、金融庁は金融機関に対する指導方針を、大幅に変更しました。
2014年6月までは、
「できるだけ安全性の高い先(格付けの高い先)に融資するように」
と言っていました。
だから、格付けアップの手法が有効だったのです。

しかし、2014年7月からは、
「将来性のある会社に対し、その将来性を評価した上で、積極的にリスクマネーを融資するように」
と方針が変わったのです。
この「将来性を評価して融資する」ことを「事業性評価融資」と言います。

これから、金融機関から融資をしてもらいやすくしようと思うのであれば、
「格付けアップ」
よりも
「事業性評価融資をしてもらいやすくなる資料作成」
のほうが重要になります。

以前の金融庁が重視していたのは「金融検査マニュアル」でした。
でも、今はあまり重視していません。
来年には、この金融検査マニュアルが廃止されるかもしれないという話もでています。

現在、金融庁が一番重要視しているのが、
「金融仲介機能のベンチマーク」
です。
一般的には、あまり注目されていませんが、この「金融仲介機能のベンチマーク」が、
金融機関の経営に関して、とても大きな影響を与えるものとなっているのです。

もし、金融機関から顧客を紹介してもらいたいと思うのであれば、
この「金融仲介機能のベンチマーク」は必ず、目を通しておいてください。
士業やコンサルタントが、金融機関とよい関係を構築するためのヒントがたくさん載っています。

「金融仲介機能のベンチマーク」については、別の機会で解説させていただきます。

未だに「格付けアップ」と言っているようでは、
「金融機関を取り巻く環境や最新情報について、詳しくない」
と思われても仕方がないということは、知っておいていただきたいと思います。


これから金融機関が重要視しているのは、「事業性評価融資」。
将来性をアピールすることで、今までなら、なかなか融資をしてもらえなかったような企業でも、
融資をしてもらえるようになります。

「事業性評価融資」をしてもらえるような資料を作成するお手伝いができれば、
金融機関からも、企業からも、顧客を紹介してもらえるしくみを作ることができます。

そんな「事業性評価融資」をしてもらえるような資料づくりのヒントが手に入ります。


●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/
  
(東京) 1月9日(月)、10日(火)、18日(水)、19日(木)、21日(土)
  
(大阪) 1月12日(木)、13日(金)、26日(木)、27日(金)、2月7日(火)
   
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
  
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模事業者持続化補助金を獲得出来る確率を高めたいのであれば・・・

動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut

関連記事

銀行員は企業実態のココを見ている

銀行員は、いろいろな角度から会社のことを調べています。 ...

金融機関の支店長から一目置かれる専門家になれる【ひと言】

このひと言を言うだけで、「この人、金融機関のことに詳しいな」...