税理士以外の士業が認定支援機関になる方法

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
経営革新等認定支援機関になるための「経営力向上計画の作り方のポイント」と、
「認定支援機関の申請方法」について、学ぶことができる動画です。

【経営力向上計画の作り方と認定支援機関の申請方法について】
https://npcstore.jp/SHOP/V004.html
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

税理士や弁護士が認定支援機関をとるのは申請するだけで出来ますが、
それ以外の士業やFPが認定支援機関になるには、とても高いハードルがあります。
でも、士業やFPが簡単に認定支援機関になる方法があるのです。

ミラサポによると、経営革新等支援機関(認定支援機関)とは、
「中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や、
実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。
 具体的には、商工会や商工会議所など中小企業支援者のほか、金融機関、税理士、公認会計士、
弁護士等が主な認定支援機関として認定されています。」
となっています。

認定支援機関になれば「創業・第二創業促進補助金」の申請サポートもできますし、
金利が低く代表取締役の保証が不要の「中小企業経営力強化資金」申込のお手伝いもできます。

また、リスケをする際に必要な「経営改善計画書」作成の際に必要な計画策定費用および
フォローアップ費用の総額の3分の2を補助金で交付してくれる制度もあります。

認定支援機関を上手に使うことが出来れば、士業が見込み客を獲得する上でとても強い武器となります。

しかし税理士や弁護士なら申請するだけで認定支援機関になることが出来るのですが、
それ以外の士業やFP、コンサルタントには、認定支援機関になるまでに高いハードルがあります。

1/研修を受ける
税理士以外の士業やコンサルタントが認定支援機関になるためには、
4回コース(1コース・30時間×4回=17日間・120時間)の理論研修と2日間の実践研修を
受講する必要があります。合計19日間、125,000円のコスト。
業務に忙しい身の士業にとっては、なかなか乗り越えるのが難しそうです。

2/経営革新計画の承認支援を3件以上行う
コストもまとまった時間を使うこともなく、認定支援機関をとる方法があります。
それは、「経営革新計画の承認支援を3件以上すること」です。

各都道府県等は、中小企業者の経営革新への取り組みを支援するため、
「中小企業新事業活動促進法」に基づき、中小企業が自ら策定する新事業計画を審査し、
一定の革新性、経営の向上、実現可能性のある計画を「経営革新計画」として承認しています。
この経営革新計画の都道府県知事の承認をもらうと、中小企業にとって多くのメリットがあります。

この「経営革新計画の承認」取得の支援を専門家として3件以上すれば、
「認定支援機関」として登録することができます。
「経営革新計画の承認」を取得するためには、経営革新計画を策定する必要があります。
この策定は、慣れればそんなに難しくありません。

※以下は2018年4月23日に追記

3/経営力向上計画の認定支援を3件以上行う

慣れればスムーズに行える経営革新計画の策定ですが、
それでもなかなか難しいと言う専門家が少なくありませんでした。

そこに朗報です。現在は経営革新計画ではなく、
経営力向上計画の認定支援を3件以上することで認定支援機関の登録ができます。

経営革新計画を申請する際の申請書が少なくとも9ページ以上必要であるのに対し、
経営力向上計画の申請書類は実質2枚。
単純にボリュームだけ比較して、
「経営革新計画より経営力向上計画の方がより簡単」とは言い切れませんが…
こちらのPDFファイルの3ページ目をご覧ください。

●所得拡大促進税制 のガイドライン – 中小企業庁 – 経済産業省
中小企業等経営強化法 – 経営力向上計画策定・活用の手引き案
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/2016/160616kyoka1A.pdf

2ページ目(表紙を含めば3ページ目)に、 「(2)制度利用のポイント 1.申請書類は実質2枚 ⅰ.企業の概要、ⅱ.現状認識、ⅲ.経営力向上の目標及び経営力向上による経営の向上の程度を示す指標、 ⅳ.経営力向上の内容など簡単な計画等を策定することにより、認定を受けることができます。」 と、「簡単な計画等を策定する」とあります。 そう、簡単な計画等を策定するだけでOKなのです。 ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○ 経営革新等認定支援機関になるための「経営力向上計画の作り方のポイント」と、 「認定支援機関の申請方法」について、学ぶことができる動画です。 【経営力向上計画の作り方と認定支援機関の申請方法について】 https://npcstore.jp/SHOP/V004.html ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
認定支援機関になれば中小企業に対し、多様な角度から資金調達のサポートが出来るようになります。 しかし多くの認定支援機関の方は、その活用法をよく知りません。 認定支援機関の活用法を知るためのヒントが手に入ります。 ●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています

関連記事

税理士以外の士業が、研修を受けずに【認定支援機関】になる方法

19日間の研修受講も、125,000円の費用も必要ありません...

「事業承継補助金(事業再編・事業統合支援型)」募集開始しました

中小企業のM&Aに関わる資金も対象となる補助金です。 ...