藤本式 顧客獲得セミナー Video

高齢者社会は、行政書士にとって追い風。
わかってはいるけれど…

建設業など一部を除けば個人客が多く、単発業務がほとんど…などの理由から、とくに営業に工夫がいるといわれているのが行政書士です。すでに他の先生が入っている建設会社に、どうやれば自然に近づいていける? 高齢化社会にともなって相続や高齢者サポート分野にチャンスがあると気づいていても、どこにどうアプローチする? 行政書士として安定的な収入って、効率的な営業方法って、いったい…?? 「?」だらけの行政書士だからこそ、すでに安定して繁盛している同業者に、その営業方法を教えてもらいましょう。

自分も食べて、家族も養って、スタッフも雇う。
「安定繁盛」の行政書士が講師です

こんにちは、(株)ネクストフェイズのヒガシカワです。今回弊社が主催する、「行政書士として安定的に繁盛する!【藤本式】顧客獲得セミナー」の講師は、奈良県奈良市で事務所を構える藤本忠相(ふじもと・ただすけ)さん。建設業の顧客が約60件、相続相談は年間約150件という、多忙な行政書士です。建設業に対しての営業法だけでなく、高齢化社会にフィットしたオリジナルな営業方法も確立。現在は相続・高齢者支援の売上が右肩上がりとのことで、事務所では複数のスタッフに、家庭では愛する家族にサポートされながら、日々あちこち飛び回って精力的に活動しています。

手の内を惜しげなく公開します

行政書士の顧客獲得法については、藤本さんいわく「まだまだ売上アップの余地があるのに、みんな気づいていないだけ、思いついていないだけ」なのだとか。そんな、独立開業以来、10年以上かけて磨き上げた貴重なアイデアを、惜しみなく語ってくれる充実の「行政書士として安定的に繁盛する!【藤本式】顧客獲得セミナー」です。

お伝えするのは、
広告もブログもソーシャルも使わない手法

繁盛している士業の営業手法として、広告やブログ、ソーシャルなどの活発な運用を想像する方がおありかもしれません。なかには「その手の話なら聞いたことある」「広告は費用がかさみそうだし、ブログやソーシャルまで手が回らない」とお思いの方も少なくないでしょう。でもご安心ください。藤本さんは、その一切を、使いません。じゃ、どうしているの? そもそも、どこに対して営業しているの? 行政書士が安定的に繁盛する仕組みとして、具体的に何を、彼は私たちに教えてくれるんだろう? ちょっとわくわくしてきませんか?

行政書士として安定的に繁盛する!
【藤本式】顧客獲得セミナー概要

カリキュラム

行政書士で、安定的に食えますか? - 「もちろん!」
  • あの噂は本当?
  • 繁盛行政書士って
  • 定期的報酬の仕組み など
無理のない「御用聞き」型アプローチ
  • 御用聞き必須ワード
  • DMはFAXか郵送か
  • 報酬設定のカギ など
ハードルの低い「セカンドオピニオン」提案
  • 意外と歓迎される理由
  • この流れが自然
  • その後の利かせ技 など
高齢化社会はチャンス!シニア個人客はどこにいる?
  • 行政書士の「あるある」失敗談
  • 営業先の選択ポイント など
シニア個人客を「紹介」してもらうための営業
  • 金融機関は行政書士のココを見る
  • 他士業との提携のコツ など
自由でオープンな質疑応答
  • 「トークが苦手で」「DMづくりのコツは?」
    など、あなたも遠慮せずにどうぞ

価格

10,800円(税込)

講師紹介

藤本 忠相(ふじもとただすけ)
行政書士/さくら行政書士事務所所長

大学法学部在籍中に行政書士資格を取得。一般企業勤務を経て、29歳で行政書士としての実務経験ゼロで独立開業。以来10年以上、行政書士としてのビジネスモデルを考え、実践し、修正して、また実践…を繰り返し、安定的に繁盛する仕組みを確立。建設業の顧客が約60件、相続相談が年間約150件と多忙の日々を、奈良県奈良市の事務所では複数のスタッフが、家庭では愛する家族がしっかりサポート。ここ数年は相続関連や高齢者サポートの分野が伸び、売上も業務比率もアップ。新聞等メディアからの取材だけでなく、金融機関の業界誌での連載も。

講師・藤本さんと交流のある人々からの声

高齢化社会の風にのるために
行政書士/匿名希望さま

「紹介紹介って言うけれど、みんな誰に紹介してもらっているの?」という疑問にスッキリ答えてくれるセミナーです。とくに相続や高齢者支援の分野に参入するなら、絶対におさえておきたい営業先、さらにそのアプローチのポイントを全公開してくれます。

おかげで、自宅開業から大阪市内へ事務所移転!
行政書士/矢野善久さま

税理士や社労士のように顧問契約が当たり前ではないからこそ、「自分なり」に極めることができるのが行政書士。藤本先生とお会いして「営業」の必要性、重要性を教えていただきました。行政書士登録から3年余、自宅開業から大阪市中央区に事務所移転することができたのも、藤本先生のおかげです。

紹介への導線をよく知っている行政書士
司法書士・行政書士/樋口倫彦さま

藤本先生に依頼や紹介が絶えないのは、依頼者のニーズを深いところまで突き詰めて考えて行動しておられるから。だからこそ、一見、他の行政書士と同じ営業方法を取っているように見えても、効果が違う! 紹介が起きやすいんです。

ノウハウの出し惜しみナシ
弁護士/湯原伸一さま

約8年のおつきあいです。藤本先生の魅力は、収集した情報を即座に実践するその行動力。成功事例はもちろん、それ以上の失敗事例も積んでおられるので、活きたノウハウを多数お持ちです。また藤本先生の性格上、ノウハウの出し惜しみはないでしょう。今回のセミナーを通じて貴重な知見をとことん吸収し、成功への一歩を踏み出してください。

アイデアあふれる頼もしいお人柄
税理士/横山千夏さま

とにかく爽やか、丁寧な対応、的確な判断、素早い行動、飽くなきアイデアマン、人と人をつなげる天才…という人物像が、私から見た藤本先生。いちどお会いすると、また次もお会いして、ご意見を伺いたくなります。心から頼れるスーパーマンですよ!

行政書士資格を持っているということは、
あの試験を突破してきたわけで、
つまり行政書士って『やればできる人』なんです

「行政書士にとって、売上アップの余地、まだまだあるんです」(藤本さん)

講師の藤本さんはよく、このようにおっしゃいます。
また、「私だって、まだまだ発展途上ですよ」とも。
繁盛しすぎて毎日お忙しい藤本さんでさえ「途上」だなんて、
行政書士の可能性がどれだけ豊かであることか ―― 大きな希望がわいてきます。
実際に「今の行政書士の先生はちょっと…」と不満に思う建設会社は意外に多く、
そして何よりも、社会の高齢化は今よりまだまだ進んでいくのです。

10年以上の研究を重ねたビジネスモデル。その源は…。

さらに藤本さんは、こんな風にも言っています。
「行政書士資格を持っているということは、あの試験を突破してきたわけで、
つまり行政書士って『やればできる人』なんです」。
この、同じ試験を突破した者どうしの信頼とか情みたいなものが、
10年以上かけて築いた手の内を、惜しげなく語らせてしまう原動力なのでしょう。
セミナー歴も長く、お話し上手ということもあいまって、なかなかの熱さですよ。
乞うご期待。

行政書士として、安定繁盛していきましょう。あなたも。

このセミナーには「すぐ試せる」、いえ、「すぐ試したくなる」ノウハウが満載です。
「地道に実践していけば、今たとえ駆け出しでも、
スタッフを数名雇えるくらいにはなりますよ」

という講師の言葉も、実に心強い。
たくさん勉強して、せっかく取った資格です。
あのときの努力以上の実りを、末永く、安定的に。
「行政書士の売上って、まだまだ伸びしろある!」「もっと人の役に立てるんだ!」、
そして「この資格、取っててよかった!」「この資格でずっと生きていけるんだ!」と
実感し、安心し、やる気がわいてくるセミナーへ、ようこそ。