タグ: 士業キャリア

お世話になりました。

突然ですが、2017年4月15日をもって、ネクストフェイズを退職することになりました。

こんにちは。ネクストフェイズスタッフで社労士の吉竹です。

4月に入ったら雇用形態を切り替えようかなどと考えていましたが、
現在の自分の状況を考え、退職することにしました。
中途半端にするのもよくないですし。

社員になったのが2014年11月。
約2年半在籍してました。

この在籍していた間、なにをやっていたんだろうと改めて振り返ってみます。
振り返ると3つのステージがあったように思います。

●第一ステージ 東川さんとの二人体制
もう、この時期はてんやわんやでした。
メール発信、FAXDM、DM、資料の印刷、ホームページの更新作業、イベントの会場手配、告知、当日の受付、講座の後の懇親会のお店の手配も。
本当に色んな経験をしました。東京のお店の予約なんてしたことなかったですし。
また、個人的に精神的な面でしんどい時期でもあったので、
誰かと一緒に仕事ができるというのは本当に嬉しかったです。

●第二ステージ 山本さんの入社
今年の3月末で退職した山本さんは、2015年7月に入社してきました。
山本さんについて、詳しくはこちらのブログで。
「3月は旅立ちの季節です」
http://www.npc.bz/feeling/20170323
http://www.npc.bz/feeling/20170330

山本さんが入ってきて、本当に助かりました。
業務の負担も軽くなったのはもちろんですが、
何より、職場で話をすることができる人がいるというのが大きかったです。

本当にびっくりするぐらい、すぐに仲良くなりました。

●第3ステージ 事務のスペシャリスト現る
ついに、事務のスペシャリスト、伊藤さんの登場です。
伊藤さんの登場は、2016年4月。

社長と一緒に送られてきた応募書類を読んで興奮し、
面接をして興奮したのを昨日のことのように覚えています。
よく、入社してくれました。本当にありがとうございます。

私がやっていた仕事をどんどんと伊藤さんに引き継ぎました。

本当は、引き継いだ分、新しいことに手をつければいいのですが、
それと同時に私の個人でやっている社労士の仕事も忙しくなってきました。

なんだか、私の役割も終わったんだなと感じることも多くなりました。

私が伊藤さんのために存在したというならば
伊藤さんもまただれかのために存在するのだろう。
その誰かもまた別の誰かのために。
なんだか、藤原佐為のような気分です。

私がネクストフェイズで学んだことは色々ありますが、
一番は、チームで仕事をすることの楽しさも学びました。

何を食べるのかではなく、誰と食べるのか
と同じで
何を仕事としてするのではなく、誰と仕事をするのか
って大事なんですね。

今後は、チーム吉竹を作ります。

ネクストフェイズを通して出会ったみなさん、本当にありがとうございました。
とは言っても、江坂に住んでいますし、私の社労士事務所は東三国にあります。
会いたくなったらいつでもご連絡ください。
東三国と江坂には美味しいお店がたくさんありますので。

===========================
そして、私の後任というわけではありませんが、
現在、人材募集中です。
「販促企画を考え、実行してくれる人を求めています」
https://peraichi.com/landing_pages/view/npc9jin/

興味のある方はぜひ、ご覧ください。
===========================

3月は旅立ちの季節です(2)。

3月末でネクストフェイズを卒業します。
SP融資コンサルタントで弁理士の山本です。

自己紹介の肩書が変わりました。
「SP融資コンサルタント」の資格が追加されます。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
この資格は、所定の要件を満たすと
「一般社団法人融資コンサルタント協会」より認定されます。

融資をはじめとする、資金調達のアドバイスができるコンサルタントの資格です。

その「一般社団法人融資コンサルタント協会」の設立が、
私のネクストフェイズで行った業務で一番大きなものになります。

協会設立の構想ができた当初、「一般社団法人」なるものについて、
何の知識も持っておらず、「協会」ってなんだろう?
という状態からスタートしました。

まずは、世の中のいろいろな協会を調べ、
一般社団法人と会社の違いや、他の法人との違い、
協会の運営方法などの基本的なことから、
定款、会員規約、その他設立の事務手続き、協会のサイト作成等々を
司法書士さんやWEBデザイナーさん等に手伝ってもらいながら進めていきました。
信頼できる社外の協力者って大事ですね。

また、設立記念パーティや、会員の登録方法の確立なども行い、
初めての業務を試行錯誤で進めながら、何とか設立にたどり着きました。
もちろん、ネクストフェイズのみんなに手伝ってもらいながらでしたが、
自分に大きな裁量を与えられての仕事でしたので、
本当に自分が作った協会という思いがあります。

しかし、ネクストフェイズを卒業するにあたり、
1つの重要なことに気づきました。

私が「協会会員じゃない」ということです。

冒頭にも申しましたように「融資コンサルタント協会」の会員になるには、
所定の条件を満たす必要があります。

その所定の条件とは「融資に強いFP・士業養成講座」を受講することです。
そのうえで、登録用のプロフィールの送付が必要です。
 送付されていない方は、伊藤まで送付してください。)
2日間のこの講座を、私は部分的には受けたことがあったのですが、
通して受けたことがなかったのです。

協会会員でないことをネクストフェイズの社内ミーティングで話すと、
「講座、受けたらええやん」と(軽く?)、ありがたいお言葉をいただき、
3月11日、12日の大阪での講座を受講させてもらいました。

2日間の講座は、非常に有益でした。
ネクストフェイズに勤務していて、融資に関しる知識は、
知らず知らずのうちに身についていくこともあるのですが、
2日間、みっちり体系立てて学ぶ意味は大きかったです。

また、講座の中ではワークも非常に多く取り入れられており、
受講生同士で、とても仲良くなります。

そして講座を受けて、何よりも感じたのが、
これなら「明日からでも動ける」と思えるほど、
行動に直結する知識やノウハウが学べるということです。

士業は行動することが何よりも大事だと思います。
(詳細は「3月は旅立ちの季節ですね。(1)」をご参照ください。)
講座を受けて私も行動を開始します。

私は、講座を受講する前から法人設立を考えていたのですが、
その法人の設立登記を講座の同期の司法書士さんにお願いしました。

その司法書士さんは事業計画の作成もお得意ということなので、
設立登記に融資を受けるための事業計画の作成サポートも
セットで依頼しました。

事業計画は、自分でも作れる思いますが、
他人の視点を入れたほうが絶対に良いものができると
常々思っており、司法書士さんにお願いしたわけです。

同じ講座で学んでいるので、その司法書士さんも「SP融資コンサルタント」です。
だkら、作成いただく事業計画も一定以上の品質が保証されると思います。

その事業計画をもって、銀行との関係づくりを進めていくつもりです。
融資コンサルタントと、弁理士業務との融合する領域で
お仕事をできていけたらいいなと思っています。

融資コンサルタントの資格は、行動をともなえば、
メインの顧客獲得方法にもなるし、サブ的な顧客獲得方法にもなると感じています。

また、融資コンサルタントは、定期的な勉強会や、
融資コンサルタント協会が提供するいろいろな集客ツールを
会員割引で受けられるメリットがあります。

これらは、協会の設立時から、
どうしたら協会会員さんが銀行との関係を構築して、顧客を獲得することができるようになるか?
ということを、一生懸命続けて、作り上げてきた協会会員向けのサービスです。

自分が設立に携わったので、協会のサポートは、自信をもってお勧めします。
というか、私もこれから利用していきます。

ネクストフェイズを卒業しますが、
これからは、融資コンサルタント協会の会員として、協会を盛り上げていきたいなと考えております

このブログを読んでいただいているネクストフェイズに縁をお持ちの方々とも、
どこかの場所でお会いすることがあると思います。
その時は「SP融資コンサルタントの山本英彦」をよろしくお願いいたします。

まだまだ駆け出し士業ですが、諸先輩方に追いつけるように頑張って参ります。
よろしくご指導、ご鞭撻のほどお願いいたします。

ちなみに、融資コンサルタントについては、
以下のセミナーを受けていただければ、詳細を知ることができます。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 4月4日(火)、5日(水)、13日(木)、14日(金)、15日(土)、5月9日(火)
 
(大阪) 4月6日(木)、7日(金)、21日(金)、22日(土)、5月11日(木)、12日
 
※5月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

山本英彦弁理士が弊社を卒業します

山本は、汗をかいていた。

こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。山本弁理士が、2017年3月31日で弊社を卒業します。こんな機会なので山本についてのブログを書こうと思いますが、どうしたって内輪ネタの駄文にしかならないことは明白です。年度末の最終週、しかも気合いの入る月曜、ご用とお急ぎの方はまずそちらを優先し、お手すきになったときにご再訪くださいませ。

山本は、汗をかいていた。
初めて会ったのが夏だったから、彼が汗をかいていたのは当たり前である。また、ネクストフェイズでの採用面接の場ということもあり、当然すぎる汗でもあった。しかしながら面接官の前でひとしきり玉のような、いや、詩的に言い過ぎた、実際には滝のような汗を彼は流していた。面接後に椅子を片付けたら、座面にも汗の跡がたっぷりと。入社後にその話をしたら、「絶対この会社に入るんだという思いがあふれまして」と山本は言った。しかし椅子片付け係だった編集に伝わったのは熱意ではなく、彼が汗っかきという事実だけだ。

山本は、また汗をかいていた。
なぜなら山本は出産中だったからだ。彼がこの世に送り出そうとしていたのは、一般社団法人融資コンサルタント協会。商標を取るかどうか本業の弁理士ならではの試行錯誤(結局取らなかったが)、定款、申請、設立会段取り、告知…。汗を流して連日の産みの苦しみに耐える山本。待ちに待ったサイトオープンは、ある夏の夜、12時だった。「その瞬間、どっと汗が出た」と彼は後に述懐する。まあ7月でしたしね。愛する家族が寝静まった深夜、PCと向き合い、ひとり汗まみれで自宅出産した男、それが山本。

山本は、社長の尊厳を高めた。
しかし編集が気になったのがそのときの椅子の座面であったことは、あの椅子の片付け役として当然の着目点である。餞別として座面に敷くタオルを贈ってはどうかと弊社代表のヒガシカワに進言したら、「モノより飲み会」と即却下。いいコト言ってるように聞こえるが、機会あらば飲みたいという(機会と書いてスキと読む)ヒガシカワらしい、竹を割ったような清々しい回答であった。人間このように正直に生きたいものだと社長への尊敬の念が増したのは言うまでもない。山本の功労はこんな細部にまで行き渡るのだ。

山本は、スタッフを大人にした。
要するに何が言いたいかといえば、彼が正真正銘、融資コンサルタント協会の生みの母であることだ。ちなみに父については彼に問わないでほしい。それは比喩がこんがらがるからという身も蓋もない理由ではなく、過去を問わないのが大人のプロトコルだからだ。編集も大人への階段を上ろう。正直に生きるだけでは大人にはなれないのだな。前項と言っていることが真逆だが、過去のことは問わない読者の大人の矜持に期待したい。

山本は、これからも汗をかく。
ネクストフェイズを卒業したら、(いい)汗をかく機会に、もっと、たくさん、恵まれますように。送り出すネクストフェイズのみんなに自然にそう願わせるのが、汗をかくのを惜しまない山本らしい。彼が次に、何を汗まみれで出産するのか楽しみだ。もちろんそのとき父について問わないのは大人どうしのお約束である。

注:山本は、まだ辞めてません。
今日で終わりっぽい文章になりましたが、山本は3/31まで弊社スタッフです。どうぞみなさま、最後まで彼をよろしくお願いいたします。励ましのおたよりもお待ちしております。ついでながら(ついでかよ)、ネクストフェイズでは新しいスタッフ(販促担当の正社員事務職)を絶賛募集中です。詳しくはこちらのネクストフェイズ人材募集ページをどうぞ。とにかく「楽しく」、そして「長く」仕事をしていける会社であることは、弊社代表・ヒガシカワが目から出る汗を拭きながら保証しています。社長、泣くのはまだ早いって。

3月は旅立ちの季節ですね。(1)

3月末でネクストフェイズを卒業します。
ネクストフェイズ スタッフで弁理士の山本です。

ネクストフェイズで働いて1年半ほどになります。
まだまだ駆け出し士業ですが、おかげさまで少しずつ弁理士の仕事が増えてきました。
そんなわけで、ネクストフェイズの仕事と両立が難しくなり、この度の卒業することになりました。

当初、1年~3年でお客さんの取り方を覚えれば卒業ということになっていました。
ですので、ほぼ、予定通りの卒業ということになります。

今回、卒業を機に少し振り返ってみたいと思います。
これから独立を考えていらっしゃる士業の方や、独立間もない士業の方には、
少しでも役に立つ情報となれば嬉しいです。

私は、企業勤めから弁理士として独立しましたので、
お客さんは、完全に0でした。

企業勤めの前は、特許事務所に勤務していたので、特許事務所の業務はわかりますが、
どうすればお客さんが見つかるのか全く分からず、インターネットと向き合う日々でした。

本当に何をしていいのかまったくわからないので、ちょっと再就職なども頭を過ぎり、
ハローワークのサイトなどを覗いたりしていました。

そこで、ネクストフェイズの求人を見つけました。
独立したまま勤務可能で、お客さんの取り方を学べる環境と、
まさに、今の自分のためにある求人だと思い、すぐに応募しました。

私よりも先の応募者の方もいらっしゃったのですが、
滑り込みで面接してもらい、見事採用となりました。2015年7月のことです。

それから、1年半ほど、ネクストフェイズでいろいろな経験をさせてもらいました。
振り返ると、いろいろな経験をさせてもらいました。
一言、二言では言い表せませんが、一番の思い出は、最初の事業計画合宿です。

ネクストフェイズの現在の経営理念
『稼ぐ士業を増やす』を作成しました。
(詳細はhttp://www.npc.bz/cp/を参照)

これは、ネクストフェイズの目標であると当時に、
私の中では、目標が『稼ぐ士業』になることに定まりました。

自分なりに独立してからを振り返えると、
『稼ぐ士業』になるために必要なことは、何よりも行動力だと思います。
お客さんを増やすために、いろいろなツールや、ノウハウがあると思いますが、
結局は、実践しないと結果(お客さん)はついてこない、
逆に、実践すれば、効率の良い悪いはあっても、お客さんができるというのが実感です。

士業は、難しい試験に合格しなければなりません。
その試験勉強の過程で、少なからず効率良く勉強することが求められると思います。
その試験勉強の習慣もあってか、
士業には、効率の悪い行動を嫌う人が多いような気がします。

だから、いろいろな集客ノウハウを勉強して、効率よくお客さんを見つけたい。
と思う人がほとんどだと思います。(私はそうでした。)

それで、セミナーや講座に行って、集客のノウハウを勉強して、
一番効率が良い集客方法(答え)を探したりしがちです。

私もネクストフェイズで働けば、
集客方法の答えが見つかるものだと考えていました。
、、、でも、集客に答えなんてないんですよね(今さらかもしれませんが)。

答えがあったら、
誰かが見つけて、それが広がって誰も苦労してないですよね。

だから、行動力が最も重要だと思うのです。

答えがないものに対して、結果を求めるには、
行動して、行動して、その中のいくつかが結果につながる。
行動という弾を数打つしかないのだと、今は感じています。

行動するのは、しんどいです。
よく知らない人に会うのは疲れるし、会ってもお客さんになってくれるとは限らない。
そもそも会ってもらうのにも、いろいろ苦労します。

結果の見えていない独立当初に行動をするのは本当に辛かったです。
でも、自分の今のお客さんは、
開業当初に、とりあえずあいさつに行ったお客さんや、
名刺交換をして強引に面談に押しかけたお客さんです。

知り合いの行政書士に100件の訪問をされた人を知っています。
私は、撃たれ弱いので、100件も数は打てませんでしたが、
訪問した企業さんのうち、運よく、いくつかの企業さんがお客さんになってくれました。
訪問したお客さんのほんの一部で、決して効率はよくありませんが、行動していなかった今はありません。

少しでも行動できれば、ほんの少し結果がでる気がします。
たくさん行動できれば、少し結果が出る気がします。
あきらめずに行動できれば、必ず結果がでる気がします。
行動することが「稼ぐ士業」になることの必須要件だと思っています。

ネクストフェイズは、「稼ぐ士業を増やす」の経営理念のもと、
士業向けに様々な情報提供をしています。
もうすでに社長の東川さんに会ったことのある方は、ご存じだと思いますが、
行動力のある人に対して、サポートは惜しまない人です。

以下のセミナーで東川さんに会うことができます。
行動のヒントももらえるセミナーです。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 4月4日(火)、5日(水)、13日(木)、14日(金)、15日(土)、5月9日(火)
 
(大阪) 4月6日(木)、7日(金)、21日(金)、22日(土)、5月11日(木)、12日
 
※5月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ネクストフェイズでは新しい人材として、正社員事務職(販売促進担当)を募集しています。
詳しくは下記をご参照ください。

■ ネクストフェイズの人材募集

人脈を作ることのできる場所              【独立を考えている士業が、「今」行っておくべきこと10】

人脈は一朝一夕には構築できません

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
以前、独立した士業の方200名に対して、
独立後、知っておけば役に立ったと思ったこと」と「独立前に知っておきたかったこと
についてのアンケートを実施しました。

アンケート結果によるベスト3は、
第1位 どうやって顧客を獲得するのか
第1位 自分の「売り」を何にすべきか
第3位 独立後、見込み客とどう知り合い、どう関係を築いていくか

でした。

1位の「どうやって顧客を獲得するのか」と3位の「独立後、見込み客とどう知り合い、
どう関係を築いていくか」については、ほぼ同じ意味だと思います。

「自分の「売り」を何にすべきか」については、以前のブログ
「独立を考えている士業が、「今」行っておくべきこと(1)」
http://www.npc.bz/marketing/20160812

でお伝えしましたので、今回は、「独立後、見込み客とどう知り合い、どう関係を築いていくか」
についてお伝えします。

独立後、見込み客と知り合うために必要なものは、一にも二にもなく
人脈」です。

独立当初、仕事を確保するには「紹介」もしくは、「自分の知り合いにアプローチ」するのが
、一番手っ取り早いからです。

「紹介してくれる人脈」がなければ紹介は発生しませんし、自分の知り合いの数が少なければ
アプローチする先にも困るでしょう。
かといって、独立してから人脈を構築しようとしても、一朝一夕にはできません
知り合ってすぐの人に紹介するなんてことは、ほとんどあり得ないからです。

なので、独立前にどれだけ人脈を構築しておけるかが、スタートダッシュが切れるかどうかに
大きな影響を与えます。

「人脈を構築しろと言っても、どこで人脈を構築すればいいかわからない」
という質問もよく受けます。

人脈を構築するためには、まず、「人と会う」というのがファーストステップとなります。
「欲しい人脈と出会える場所」はいろいろとありますが、リストアップしてみると、

● 異業種交流会
● 講演会・セミナー
● 勉強会
● ビジネス系の学校
● 各種イベント
● パーティ
● ビジネス以外の趣味の学校・サークル
● 現在所属している事務所・会社での担当先

といったものがあります。

どの場に行っても、今まで会ったことのない人との出会いがあります。
しかし、ただ、その場に足を運んだだけでは人脈は構築できません。

人脈には5つの段階があります。
1つ目は、【無人脈】段階。
知り合う前の段階ですね。
この段階では、「どんな相手と出会いたいのか」「その相手とどう出会うか」がテーマです。

2つめは、【認知】段階。
会ったことはあるが、ただ知っているだけの関係です。
異業種交流会なんかで名刺交換しただけの段階がこれにあたります。
この関係では、何の利害も発生していません。
名刺交換しただけの仲ですから、「もっと深く知りあう」がテーマになります。

3つめは、【利己】段階。
この段階では「相手から自分のメリットをいかに引き出すか」がテーマとなります。

4つめは、【互恵】段階。
「互いに喜び合い、楽しめる場をいかにつくるか」がテーマ。
勉強会や趣味の場などもここにあてはまるでしょう。

5つめが、【利他】段階。
「いかに相手に喜んでもらうか」がテーマです。

【無人脈】・【認知】・【利己】段階では、一時的にメリットがあっても長期的な人脈にはなりえません
大切なのは、自分の今持っている人脈を、あるいは今後出会う人々との縁を、
【互恵】・【利他】の段階に持っていく
こと。
それこそが、目指すべき人脈(=互いに相手に対し自立的に働きかけ、精神的によい影響を
与え合う友人・知人)なのです。

【互恵】・【利他】段階までなれば、お互い積極的に、相手の役に立とうとしますので、
紹介が発生しやすくなります。

今から【互恵】人脈・【利他】人脈を構築することができれば、
独立した際、スタートダッシュを切ることができるようになります。

「自分の「売り」を何にすべきか」をあらかじめ決めておくことで、見込み客を獲得しやすくなります。
自分の「売り」は経営者にとって、魅力的なものでなければ、その効果を発揮しません

「経営者の悩みや課題」を解決できるような「売り」であるなら、自然発生的に「紹介」や「相談」を
引き寄せることができます。

そんな、経営者が魅力を感じる「自分の売り」を身につけられるヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/
gyou/

(東京) 3月2日(木)、3日(金)、15日(水)、17日(金)、18日(土)、4月4日(火)

(大阪) 2月24日(金)、3月7日(火)、8日(水)、23日(木)、24日(金)、4月6日(木)

※4月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

名刺をデータベース化しておくとスタートダッシュが切れる 【独立を考えている士業が、「今」行っておくべきこと(9)】

やらなければいけないけど、ついつい先延ばしになってしまうことってありますよね。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
士業が独立するにあたって、あらかじめできることは、いっぱいあります。
名刺管理もその一つ。

新規顧客を開拓するために、見込み先リストを作るのですが、その時に効力を発揮するのが
名刺のデータベース」。
名刺をデータベース化しておけば、独立してすぐに、
「見込み先」「紹介が期待できる先」「挨拶に行っておくべき先」「独立の連絡をしておく先」
「メールマガジンを送る先」等と、分類することができます。

その分類したリストに対して、いろいろなアプローチをすれば、
独立して、すぐにスタートダッシュを切ることができます

例えば、「見込み先」。
見込み先をリスト化して、そのリストを「A」「B」「C」とランク分けしておきます。

「A」は、仕事をもらえそうな先(顧問先になってくれそうな先)
「B」は、すぐには仕事にならないが、将来的には、仕事をもらえそうな先
「C」は、仕事をもらうのが難しそうな先

このリストの中から、まずアプローチするのは、「C」の先。
見込みの薄い顧客から攻めるのです。

なぜ、そんな見込みの薄い顧客から攻めるかと言うと、「顧客開拓話法の練習」をするためなのです。

見込み先を訪問しても、最初は、仕事につながるような効果的な話をすることができません。
営業経験のある人ならともかく、多くの士業は、初めての経験であることが多いでしょう。
だから、まず、練習が必要。
練習なしに、顧客獲得のための話法は上達しません

営業に対してあまり気が進まないのは、
「断られたらどうしよう」
と思ってしまうから。成果を求めてしまうからなのです。

最初から、
この人は、どうせ仕事をくれないのだから、セールストークの練習にしよう
というマインドで訪問すると、断られてもあまりショックを受けません。
目的が違いますから。

面談の数をこなすことで、顧客開拓話法の内容が磨かれていきます
「C」の顧客を使って、試行錯誤を繰り返します。

話法のスキルが上がれば、「B」リストの見込み先を攻めていき、更に話法を磨いて、
「A」リストの見込み先にアプローチしていきます。
練習せずに最初から本命の「A」を攻めても、うまくいかないことが多いですが、
充分練習した後で「A」を攻めれば、仕事を獲得出来る可能性が格段に高まります

「C」をバッティングピッチャーにして打ち込むことで、ヒットになる確率を高めることができます。
「B」は練習試合です。そして「A」が公式戦。
大事なのは、公式戦で勝つこと。そのためには、練習が必要となるというわけです。

名刺をデータベース化しておかないと、誰がバッティングピッチャーで、誰が公式戦の相手か、
なかなかわからず、闇雲に訪問して、失敗を続けることになります。

独立して、一刻も早く顧客を獲得したいのであれば、
独立前から名刺をデータベース化しておくことをお勧めします。

私が、名刺をデータース化するのに使っているのは、「Eight」というアプリです。
スキャナーで読み込むか、スマホで撮影するだけでデータベース化できるので、
とっても使い勝手が良いですよ。

Eight
https://8card.net/

独立後スタートダッシュを切るために、もう一つ必要なことは、
独立までに強みを確立し、アピールしまくること」。
独立してから、強みを決めようとしても、それが浸透するまでに、かなりの時間がかかります。

独立時に、「◯◯に強い××さん」というブランドが確立していれば、
その後の顧客獲得活動は、格段にやりやすくなります。

経営者が魅力を感じる「融資に強い」という強みが身につくヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 2月15日(水)、16日(木)、17日(金)、3月2日(木)、3日(金)、15日(水)
 
(大阪) 2月7日(火)、8日(水)、23日(木)、24日(金)、3月7日(火)、8日(水)
 
※3月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

「税理士は安定した職業ではなくなった」…のだとしたら

安定を目指して税理士資格を取った、という人も多いでしょう。しかし資格があるだけでは安心できない時代になったことは、もう何年も前から言われています。税理士だけでなく、行政書士や社労士、弁理士、弁護士、司法書士、FP…など、ほかの資格についても同じですよね。

こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。資格が安定を約束してくれないことはわかった。でも不安定なままで職業人生を続けるのもなかなかシンドイ。

東川診断士 「もう安定なんて、どこにもない時代やからね」
吉竹社労士 「でも何だかんだ言って、数字がなんとなく毎年安定している士業さんはいるんですよ」
山本弁理士 「いますー! しかも思ったより多いんです」

なぜ? どうやって? 安定させることができるんでしょうか。

東川診断士 「たしかに安定している士業はけっこういるんやけど、それって『結果的に安定』やん?」
吉竹社労士 「ああそうですね、一年終わってみて、いろいろあったけれど、あれ、数字は安定していたなー、みたいな感じです」
山本弁理士 「つまり、数字の中身の問題?」
東川診断士 「そのとおり。実際には、一年のうちに顧客が入れ替わったりしてるねん」

(2017年1月某日、社内にて)

長く仕事をしていれば、ときには顧問先が離れることもあるでしょう。でも次に新しいお客さんと出会えたら、数字としては安定しますよね。

金融機関出身の東川が強くすすめるのは、銀行からお客さんを紹介してもらう方法です。銀行と仲よくなれば、あなたの代わりに銀行員が、安定的に、あなたの営業活動をしてくれるようになります。それってどういうこと? 銀行員って何を考えているの? と興味をお持ちになったら、↓こちらの動画↓をどうぞ。

●銀行から顧客を紹介してもらうための3ステップ(無料動画です)
video_3step

金融機関出身の東川が、金融機関から顧客を紹介してもらうための無料動画を作りました。3回に分けているので視聴しやすく、それだけに内容が頭に入ってきやすいと好評ですよ。

士業が独立するにあたって磨いておくべき3要素 【独立を考えている士業が、「今」行っておくべきこと(8)】

思いつきで独立してしまうと、軌道に乗るまでにより多くの時間がかかります

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
ネクストフェイズで開催している
「融資に強いFP・士業になる方法セミナー」
ですが、ほとんどの受講者は、すでに独立をされている士業の方や、
MDRTやCOTといった保険営業の方
です。

最近は、受講者の中に、
将来的に独立を考えている資格を持っている方
が増えてきました。
独立するにあたって、武器となる何かを、あらかじめ身につけておきたいという考えで
受講されているようです。

「融資に強いFP・士業になる方法セミナー」には、希望者に対して、
50分間の無料個別相談がついています。
受講者の7割以上の方は、この無料個別相談を利用されますが、
「将来的に独立を考えている士業の方」
の利用率は、ほぼ100%となっています。

その方たちが相談される内容のほとんどが、
独立までに、今、 何をしておくべきでしょうか?
というものです。

独立を考えている士業が、事前に磨いておくべきことは3つ。
一つ目は「強み」。二つ目は「人脈」。そして三つ目は「人間性」なのです。

独立を考えたときには、まず、
「強みをどう決めるか」「人脈をどう広げていくか」「人間性をどう高めていくか」
について、はやめに手をつけておかないと、独立してからの顧客獲得に大きな影響を与えます。

独立したばかりの士業の多くは「紹介」で顧客を増やしていきます
その紹介を引き寄せるために必要なのが「強み」「人脈」「人間性」になるのです。

多くの士業の方がいる中で、なぜ、「その人」を紹介するのかと言えば、何らかの理由があるから。
例えば、
金融機関からの資金調達サポートに無類の強みを発揮する
という強みがあれば、
この人は、融資に強い税理士です
と、一言で紹介できます。

「強み」がない士業を紹介する場合、
「この人はいい人だから」
という抽象的な表現になってしまいます。
それでは、紹介された方も、「この人に依頼しよう」とは、思ってくれません。

「人脈」がなければ、紹介してくれる人の絶対数が少ないので、
見込み客の数も増えません

「人間性」が低い人間に、誰が見込み客を紹介するでしょうか?
紹介するからには、紹介される側にとって喜ばれる人を紹介したいと思うのは
当然でしょう。
「心が狭い」「責任感に乏しい」「利己主義」の人が紹介されることは、
絶対にありません。
紹介されるのは、
「信頼できる」「誠実」「かわいげのある」といった人
ですね。

だから、独立を考え始めたらすぐに、
「強みをどう決めるか」「人脈をどう広げていくか」「人間性をどう高めていくか」
ということを考えるのが重要になります。

「強みの決め方」「人脈の作り方」「人間性の高め方」については、
また、別の機会にお伝えさせていただきます。

AIやITの発達や、競争環境の激化により、独立したての士業が
顧客を獲得するのは、年々、難しくなってきます。
多くの同業者がいる中で、差別化出来る要因がないと、
選んでもらえない
からです。

かといって差別化できる要因は、一朝一夕には身につきません。
勤務している間に、そういったものを身につけ、それをアピールすることで、
独立したときには、それがブランドとなっています。

そんな差別化出来る要因を身につけるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 1月9日(月)、10日(火)、18日(水)、19日(木)、21日(土)
 
(大阪) 1月12日(木)、13日(金)、26日(木)、27日(金)、2月7日(火)
  
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模事業者持続化補助金を獲得出来る確率を高めたいのであれば・・・

動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut

税理士試験に合格したら

12/16(金)、税理士試験の合格発表がありました。この時期ソワソワする、かつて受験生だった税理士さんも多いかもしれませんね。

こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。以下は、ある日の社内での会話。

吉竹社労士 「今年は職員の試験結果が気になって仕方ない、という所長先生がいらっしゃいましたよ。天井に向かって手を合わせておられました。『お願いっ!』って」
山本弁理士 「そうそう、職員さんの試験勉強を、とても応援しておられましたから」
東川診断士 「合格後の何年かは、同じ試験の合格発表時期はなんかソワソワしてたけど、だんだん仕事にまぎれて忘れてしもとった。そうか、職員さんが受験したら、そりゃ気になるなー」

ちなみに東川の中小企業診断士、今年度試験の合格発表は2017年1月5日です。

山本弁理士 「独立しようか、するならいつか…と迷う新人税理士さんが増える時期かも?」
東川診断士 「合格してすぐ独立じゃなく、勤務事務所を変える、という選択もあるで」
吉竹社労士 「この時期、税理士や科目合格者向けの転職フェアも多いんですよねー」

勤務する事務所を変えるにしろ、変えないにしろ、あるいは独立するにしろ、合格発表後は、ピチピチ新人税理士さんにとって自分のキャリア・将来を考える時期。そもそも12月~1月の税理士事務所といえば年末調整、下期源泉、法定調書などでお忙しいと思うのですが、2月の確定申告シーズンほどではないのでしょう。だからこそ本格的に忙しくなる前、考える時間を少しでも取れる今、合格発表が行われるのでしょうね。…と、編集は理解しました。

閑話休題。合格なさったみなさま、おめでとうございます。そうでなかった方も、かならず次回よい結果を手にできますように。試験の苦しさも、合格の喜びも、(そして、独立後の厳しさも!)、みなさんと同じように経験しているのが、スタッフ全員士業のネクストフェイズです。

税理士試験に合格したあなたへ

合格直後の今でなくてもいいけれど、いつか独立が本格的に見えてきたとき、一度ぜひこのセミナーを受けてみてください。「融資に強くなると、経営者仲間からだけでなく、銀行からもお客さんを紹介してもらえるんだ」と頭の隅に置いておいてくだされば、独立後、きっと役に立ちます。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

事業計画書には旅をさせよ

ネクストフェイズが運営する融資コンサルタント協会では、会員さんからのメールや電話などによる個別相談を受け付けたり、ご報告をいただいたりしています。先日、ある士業さんから、得意先企業の事業計画書についてご相談をいただきました。

相談者 「得意先の経営者と私と一緒に考えて作った事業計画書です。融資を受けられそうでしょうか」
東 川 「(…読みながら)あ、ここ、もしかしてあなたがアドバイスなさいました?」
相談者 「わかります?」
東 川 「ええ、たいへん客観的で、説得力があるんです。きっと助言なさったのだろうなと思って」
相談者 「では問題点は…」
東 川 「まずこちらの点、もう少し具体的な根拠がほしいところです。たとえば…」

(2016年10月某日、個別相談にて)

事業計画書のご相談、全国にいる融資コンサルタント協会員の方々からメールや電話などでちょくちょくいただいています。「融資してもらったり業績を上げるためには絶対不可欠な書類(by 東川)」だからでしょう。

東川 「事業計画書づくりって、ひとりで悩むより、他人に見てもらうのが一番なんやで」
編集 「そうなんですか」
東川 「さっき見せてもろた事業計画書みたいに、経営者ひとりじゃなくて、顧問の士業さんと相談しながら作るとひとりよがりじゃない事業計画書ができる。絵に描いた餅じゃないから、実現しやすいねん」
編集 「作ったら、誰かに見てもらう、と」
東川 「とくに売上予測などの見込みが甘い点をチェックしてもらえるのがありがたいよね。他人のことって、よう見えるし」

士業なら、得意先の事業計画書にアドバイスする機会が少なからずあるでしょう。でも自分の事務所の事業計画となると、「…」という方が多いものです。普段はお客さまのために時間を使っているみなさん、年末、1日だけ、ご自身のために時間を作りませんか。ネクストフェイズが大阪にて事業計画書作成ゼミを行います。他人ではなく、自分のための事業計画書、同じ士業仲間とあれこれディスカッションしながら、楽しく作っていきましょう。

自分の事務所、来年どうする? どうしたい?
事  業  計  画  書  作  成  ゼ  ミ

●日時:2016年12月28日(水)10:00~17:00
 ※その後、懇親会(実費)を行います

●場所:株式会社ネクストフェイズ会議室 (大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田1階)
 ※大阪地下鉄御堂筋線江坂駅より徒歩約10分

●定員:10名 ※定員になり次第締め切ります

●講師:東川 仁
 (一社)融資コンサルタント協会代表理事/(株)ネクストフェイズ代表取締役/中小企業診断士/繁盛士業プロデューサー

●内容:
・士業が【事業計画】を作成する際のコツ
・数値計画から事業計画を考える
・売上計画を現実にするための方法
・自身の「サービス」の見える化にトライする
・目標売上を確保するためにすべきことは
・事業計画書ネタ出しディスカッション
・事業計画ブラッシュアップミーティング
・来年の事業計画コミットメント

●料金:
・融資コンサルタント協会会員 30,000円
・非会員 60,000円 ※いずれも税別

参加ご希望の方は:
●氏名
●事務所名/企業名
●電話番号
をご記入の上、メールにてお申し込みください。→ info@fc-a.jp ※融資コンサルタント協会 担当:山本
またご質問などありましたら、気軽にお尋ねください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「事業計画書づくりの前に、講師の雰囲気を知りたい」「融資相談をよく受けるんだけれど、どうサポートすればいいかイマイチ自信を持てない」という方は、こちらもぜひご検討ください。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以前も紹介した書籍ですが、多くの方が興味を持ってご覧になっているようです。事業計画書って、ちゃんと作れば、ちゃんと効く。絵に描いた餅じゃないとは、そういうことなんですね。