タグ: 士業キャリア

士業が独立するにあたって磨いておくべき3要素

1月7日士業が独立するにあたって磨いておくべき3要素

思いつきで独立してしまうと、軌道に乗るまでにより多くの時間がかかります

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
ネクストフェイズで開催している
「融資に強いFP・士業になる方法セミナー」
ですが、ほとんどの受講者は、すでに独立をされている士業の方や、
MDRTやCOTといった保険営業の方
です。

最近は、受講者の中に、
将来的に独立を考えている資格を持っている方
が増えてきました。
独立するにあたって、武器となる何かを、あらかじめ身につけておきたいという考えで
受講されているようです。

「融資に強いFP・士業になる方法セミナー」には、希望者に対して、
50分間の無料個別相談がついています。
受講者の7割以上の方は、この無料個別相談を利用されますが、
「将来的に独立を考えている士業の方」
の利用率は、ほぼ100%となっています。

その方たちが相談される内容のほとんどが、
独立までに、今、 何をしておくべきでしょうか?
というものです。

独立を考えている士業が、事前に磨いておくべきことは3つ。
一つ目は「強み」。二つ目は「人脈」。そして三つ目は「人間性」なのです。

独立を考えたときには、まず、
「強みをどう決めるか」「人脈をどう広げていくか」「人間性をどう高めていくか」
について、はやめに手をつけておかないと、独立してからの顧客獲得に大きな影響を与えます。

独立したばかりの士業の多くは「紹介」で顧客を増やしていきます
その紹介を引き寄せるために必要なのが「強み」「人脈」「人間性」になるのです。

多くの士業の方がいる中で、なぜ、「その人」を紹介するのかと言えば、何らかの理由があるから。
例えば、
金融機関からの資金調達サポートに無類の強みを発揮する
という強みがあれば、
この人は、融資に強い税理士です
と、一言で紹介できます。

「強み」がない士業を紹介する場合、
「この人はいい人だから」
という抽象的な表現になってしまいます。
それでは、紹介された方も、「この人に依頼しよう」とは、思ってくれません。

「人脈」がなければ、紹介してくれる人の絶対数が少ないので、
見込み客の数も増えません

「人間性」が低い人間に、誰が見込み客を紹介するでしょうか?
紹介するからには、紹介される側にとって喜ばれる人を紹介したいと思うのは
当然でしょう。
「心が狭い」「責任感に乏しい」「利己主義」の人が紹介されることは、
絶対にありません。
紹介されるのは、
「信頼できる」「誠実」「かわいげのある」といった人
ですね。

だから、独立を考え始めたらすぐに、
「強みをどう決めるか」「人脈をどう広げていくか」「人間性をどう高めていくか」
ということを考えるのが重要になります。

「強みの決め方」「人脈の作り方」「人間性の高め方」については、
また、別の機会にお伝えさせていただきます。

AIやITの発達や、競争環境の激化により、独立したての士業が
顧客を獲得するのは、年々、難しくなってきます。
多くの同業者がいる中で、差別化出来る要因がないと、
選んでもらえない
からです。

かといって差別化できる要因は、一朝一夕には身につきません。
勤務している間に、そういったものを身につけ、それをアピールすることで、
独立したときには、それがブランドとなっています。

そんな差別化出来る要因を身につけるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 1月9日(月)、10日(火)、18日(水)、19日(木)、21日(土)
 
(大阪) 1月12日(木)、13日(金)、26日(木)、27日(金)、2月7日(火)
  
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模事業者持続化補助金を獲得出来る確率を高めたいのであれば・・・

動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut

税理士試験に合格したら

IMG_3911

12/16(金)、税理士試験の合格発表がありました。この時期ソワソワする、かつて受験生だった税理士さんも多いかもしれませんね。

こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。以下は、ある日の社内での会話。

吉竹社労士 「今年は職員の試験結果が気になって仕方ない、という所長先生がいらっしゃいましたよ。天井に向かって手を合わせておられました。『お願いっ!』って」
山本弁理士 「そうそう、職員さんの試験勉強を、とても応援しておられましたから」
東川診断士 「合格後の何年かは、同じ試験の合格発表時期はなんかソワソワしてたけど、だんだん仕事にまぎれて忘れてしもとった。そうか、職員さんが受験したら、そりゃ気になるなー」

ちなみに東川の中小企業診断士、今年度試験の合格発表は2017年1月5日です。

山本弁理士 「独立しようか、するならいつか…と迷う新人税理士さんが増える時期かも?」
東川診断士 「合格してすぐ独立じゃなく、勤務事務所を変える、という選択もあるで」
吉竹社労士 「この時期、税理士や科目合格者向けの転職フェアも多いんですよねー」

勤務する事務所を変えるにしろ、変えないにしろ、あるいは独立するにしろ、合格発表後は、ピチピチ新人税理士さんにとって自分のキャリア・将来を考える時期。そもそも12月~1月の税理士事務所といえば年末調整、下期源泉、法定調書などでお忙しいと思うのですが、2月の確定申告シーズンほどではないのでしょう。だからこそ本格的に忙しくなる前、考える時間を少しでも取れる今、合格発表が行われるのでしょうね。…と、編集は理解しました。

閑話休題。合格なさったみなさま、おめでとうございます。そうでなかった方も、かならず次回よい結果を手にできますように。試験の苦しさも、合格の喜びも、(そして、独立後の厳しさも!)、みなさんと同じように経験しているのが、スタッフ全員士業のネクストフェイズです。

税理士試験に合格したあなたへ

合格直後の今でなくてもいいけれど、いつか独立が本格的に見えてきたとき、一度ぜひこのセミナーを受けてみてください。「融資に強くなると、経営者仲間からだけでなく、銀行からもお客さんを紹介してもらえるんだ」と頭の隅に置いておいてくだされば、独立後、きっと役に立ちます。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

事業計画書には旅をさせよ

IMG_1324

ネクストフェイズが運営する融資コンサルタント協会では、会員さんからのメールや電話などによる個別相談を受け付けたり、ご報告をいただいたりしています。先日、ある士業さんから、得意先企業の事業計画書についてご相談をいただきました。

相談者 「得意先の経営者と私と一緒に考えて作った事業計画書です。融資を受けられそうでしょうか」
東 川 「(…読みながら)あ、ここ、もしかしてあなたがアドバイスなさいました?」
相談者 「わかります?」
東 川 「ええ、たいへん客観的で、説得力があるんです。きっと助言なさったのだろうなと思って」
相談者 「では問題点は…」
東 川 「まずこちらの点、もう少し具体的な根拠がほしいところです。たとえば…」
(2016年10月某日、個別相談にて)

事業計画書のご相談、全国にいる融資コンサルタント協会員の方々からメールや電話などでちょくちょくいただいています。「融資してもらったり業績を上げるためには絶対不可欠な書類(by 東川)」だからでしょう。

東川 「事業計画書づくりって、ひとりで悩むより、他人に見てもらうのが一番なんやで」
編集 「そうなんですか」
東川 「さっき見せてもろた事業計画書みたいに、経営者ひとりじゃなくて、顧問の士業さんと相談しながら作るとひとりよがりじゃない事業計画書ができる。絵に描いた餅じゃないから、実現しやすいねん」
編集 「作ったら、誰かに見てもらう、と」
東川 「とくに売上予測などの見込みが甘い点をチェックしてもらえるのがありがたいよね。他人のことって、よう見えるし」

士業なら、得意先の事業計画書にアドバイスする機会が少なからずあるでしょう。でも自分の事務所の事業計画となると、「…」という方が多いものです。普段はお客さまのために時間を使っているみなさん、年末、1日だけ、ご自身のために時間を作りませんか。ネクストフェイズが大阪にて事業計画書作成ゼミを行います。他人ではなく、自分のための事業計画書、同じ士業仲間とあれこれディスカッションしながら、楽しく作っていきましょう。

自分の事務所、来年どうする? どうしたい?
事  業  計  画  書  作  成  ゼ  ミ

●日時:2016年12月28日(水)10:00~17:00
 ※その後、懇親会(実費)を行います

●場所:株式会社ネクストフェイズ会議室 (大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田1階)
 ※大阪地下鉄御堂筋線江坂駅より徒歩約10分

●定員:10名 ※定員になり次第締め切ります

●講師:東川 仁
 (一社)融資コンサルタント協会代表理事/(株)ネクストフェイズ代表取締役/中小企業診断士/繁盛士業プロデューサー

●内容:
・士業が【事業計画】を作成する際のコツ
・数値計画から事業計画を考える
・売上計画を現実にするための方法
・自身の「サービス」の見える化にトライする
・目標売上を確保するためにすべきことは
・事業計画書ネタ出しディスカッション
・事業計画ブラッシュアップミーティング
・来年の事業計画コミットメント

●料金:
・融資コンサルタント協会会員 30,000円
・非会員 60,000円 ※いずれも税別

参加ご希望の方は:
●氏名
●事務所名/企業名
●電話番号
をご記入の上、メールにてお申し込みください。→ info@fc-a.jp ※融資コンサルタント協会 担当:山本
またご質問などありましたら、気軽にお尋ねください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「事業計画書づくりの前に、講師の雰囲気を知りたい」「融資相談をよく受けるんだけれど、どうサポートすればいいかイマイチ自信を持てない」という方は、こちらもぜひご検討ください。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以前も紹介した書籍ですが、多くの方が興味を持ってご覧になっているようです。事業計画書って、ちゃんと作れば、ちゃんと効く。絵に描いた餅じゃないとは、そういうことなんですね。

会社設立申請がネット完結したら、士業どうなる?

IMG_7694

「仕事減るやん」と焦らなくていい、ぜんぜん心配いらないと、ネクストフェイズ代表・東川が言いました。

こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。この記事から始まった会話でした。

●「起業申請 ネットで完結」(2016年10月24日・日本経済新聞夕刊)
20161024_nikkei

※全文は日経会員のみに公開
編集「司法書士、行政書士など、起業サポートを多く手がけている士業にとって無視できない記事です」
東川「司法書士や行政書士のなかには、起業をメイン業務にしてない人もようさんおるで」
編集「そりゃそうですが」
東川「この流れは止まらんし、むしろ加速するよ。政府も具体的に動き出したしね。でもネットをはじめとするITに取って代わられない業務を見つけるのが、これからの士業ちゃうのん」
編集「とはいえ、実現は2019年か…」
東川「あと2~3年も猶予があるやん! 今から新しい経験を少しずつ積んでいけば、2019年にはベテランになってる。心配いらんて」

顧客企業と金融機関の関係を、長期的な視座でつないでいくのが、融資コンサルタント。それぞれの事情を総合的に判断した臨機応変なアドバイスは、そう簡単にITやAIに置き換えられません。事務所の経営を安定させる、一生もののスキルを、今のうちから身につけておきませんか。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー

yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「士業が銀行から顧客を紹介してもらえる」なんて聞いても、少し前までなら「まさかー」「そんなの特別な人だけでしょ」でしたよね。でも今は、「そうだよね」と受け止めてもらえる時代になりました。実際に銀行から顧客を紹介してもらっている士業さん、おおぜいおられます。上記の「融資に強いFP・士業になる方法セミナー」でも、その実例を詳しく聞けますよ。

【あわせてどうぞ】
●銀行の融資担当者は「消える仕事」?
2014年に書いた記事ですが、ネクストフェイズブログのなかでもよく読まれている一本です。

撤退基準を決めておく 【独立を考えている士業が、「今」しておくべきこと(7)】

11月2日撤退基準を決めておく

大きな傷を負わない限りは、何度でもやり直しができるのです。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
すでに独立開業している人や独立開業を目前としている人に今こんな話をするのは気が引けるのですが、
今回は、「辞めどき」についてお伝えさせていただきます、

一生懸命頑張っているのだけれど、うまく顧客を確保できず、売上が低いまま、ずっと続いている。
ということは、たまにあります。
その時に考えることは2つ。

ひとつは、
売上を上げるための方法を、徹底的に考え、今まで以上に行動量を増やす
もう一つは、
今の自分では、このビジネスを行うのは難しいと考え、一旦、撤退する

出来れば、撤退なんかしたくないと思います。しかし、引き時の見極めは重要なのです。
引き際を見誤って高金利の消費者金融に手を出し、返済できぬまま倒産・破産に至ったケースを
前職でたくさん見てきました。

「もう少し持ちこたえたら何とかなる」という言葉に具体的な施策があれば話は別ですが、
そうでなければ何ともならないのが厳しい現実。
どんな状況に陥ったら事業をたたむのか、あらかじめ決めておきましょう
最初に基準を決めておけば撤退に踏み切る決断の時間が短く、傷も浅くて済みます
また、ギリギリの線をいつも意識し続けることで事業計画の見直しや融資申請などの「次の一手」が
早めに打てます。

開業当初の私の場合は、
「通帳残高が生活費2ヵ月分=60万円を切ったら」
が境界線でした。
あらためて就職活動を行って新しい会社に入るまで最低でも1ヵ月、初任給までさらに1ヵ月、
ということを考えると、貯金ゼロの状態なのに残高が生活費2ヵ月分になるまで粘るという基準は
(自分のことながら)あまりにもリスキーでした。

このブログを読まれているみなさんは、きっと蓄えもおありだと思いますが、再就職が難しい時代
だということや、当時の私とは違ってご家族もいらっしゃるかもしれないということを考慮すれば、
せめて生活費3~6ヵ月分くらいは預金残高に余裕をもたせることをおすすめします。

また、昨日まで独立開業者として働いていた人が(たとえ仕事ゼロの状態でも)、さあ今日から再就職活動だと
決めても、なかなかすぐに動けるものではありません。
自分にどんな仕事ができて、それは現在の労働市場に対してどんな価値としてアピールできるのか、
そのために履歴書をどう編集していくのか、どんな業種を希望しているのか、雇用条件はどこまで譲れるのか
などを考え始めると、実際の求人に応募するまでにある程度のタイムラグが生じます。
となれば、再就職活動の開始時期にも少しゆとりを持ちたいものです。

でも私の本心としては、撤退なんて、再就職なんて、してほしくない。
あなたがどれだけの決意で独立したのか、同じ創業者として私にも想像できるからです。
「あきらめる」基準を頭の中に置きつつも、融資などの有効な打ち手を「あきらめずに」試し続けましょう。

自分のビジネスをあきらめないためには、売上を確保するための顧客を見つけること。
しかし、ただ漫然と待っているだけでは、顧客を獲得することはできません。

経営者が魅力を感じる「強み」をアピールし続けるという行動をして、はじめて、
こちらの存在に気づいてくれます。

そんな経営者が魅力を感じる「専門家としての強み」を身につけるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 11月16日(水)、18日(金)、21日(月)、12月6日(火)、7日(水)、8日(木)
 
(大阪) 11月9日(水)、10日(木)、11日(金)、24日(木)、28日(月)、30日(水)
 
※12月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【独立を考えている士業が、「今」しておくべきこと】シリーズ 好評連載中
●(7)撤退基準を決めておく
●(6)異業種交流会は役に立たないか?
●(5)ネットで顧客を獲得できるというのは幻想?
●(4)独立前にあらかじめやっておけばよかったと思うこと
●(3)新規客を獲得したい士業が身につけておくべき知識
●(2)独立したばかりの士業の現実
●(1)独立を考えている士業が、「今」行っておくべきこと

異業種交流会は役に立たないか?             【独立を考えている士業が、「今」しておくべきこと(6)】

10月12日異業種交流会は役に立たないか?

「異業種交流会なんて参加しても無駄」だという人は多いけれど・・・

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
専門家として独立開業を考えている人からがしてくる質問で多いのが、
異業種交流会って、人脈をつくるのに本当に役に立つのですか?
という質問です。

「多くの方が、「異業種交流会なんて役に立たないよ」と言われます。
でも、私にとっては、多くの人と知り合う機会を考えた場合、異業種交流会ぐらいしか思い浮かびません」
とも言われます。

私もコンサルタントとして独立する前は、多くの異業種交流会に参加しました。
多くの異業種交流会では、自分が欲している人脈を作ることは出来ませんでしたが、
すべての交流会が役に立たなかったということは、なかったと思います。

15年前に異業種交流会で知り合って、いまだにおつきあいが続いている人もいます。
大事なことは、自分に合う異業種交流会を見つけるということではないかと思います。

そのために、しておくべきことは

(1)自分がどんな人脈を得たいのか明確にする
(2)とりあえず、いろいろな種類の交流会に複数回参加してみる
(3)「1分間自己紹介シナリオ」「定型質問集」の事前準備

ということでしょう。

(1)自分がどんな人脈を得たいのか明確にする
ただ漠然と、「多くの方と知り合えるから」という理由で異業種交流会に参加した場合は、
これといった人脈を得られることは、ほとんどありません。
なぜなら、異業種交流会に参加する人たちの多くが「売りたい人」ばかりだからです。

自分の持っている商材を、相手に伝えて、顧客になってもらおうと考えている人ばかりなので、
こういう人たちは人の話を聞きません。
そんな人たちと知り合っても、なかなか、長いつきあいをすることはむずかしいと思います。

だから、交流会に参加する場合は、「自分がどういう方と知り合いたいのか」ということを明確にし、
名刺交換した際に、「この人は自分の知り合いたい人ではない」と思うと、そそくさと挨拶を切り上げ、
他の人に話をしにいくほうがいいでしょう。

(2)とりあえず、いろいろな種類の交流会に複数回参加してみる
どの交流会が自分の役に立って、どの交流会が役に立たないかということは、
自分の目で見て経験するしかありません。
人からの評判も参考にして、“当たり”の交流会に参加したい気もわかりますが
「この交流会は参加して失敗だった」
という経験もしておくべき
ではないかと思います。
その経験を重ねることで、「目利き力」が身につくからです。
その上で、自分に合う交流会の傾向を掴むことが出来るようになります。

そして、1度参加してみて、「これは失敗だったな」と思ったような交流会でも、
次に行ったときには、参加者の雰囲気がぐっと変わっているということはありますので、
できれば、一度で見切らずに、複数回参加してみることをお勧めします。
2回参加して、「こりゃダメだ」と思ったら、もう参加しなければいいと思います。

(3)「1分間自己紹介シナリオ」「定型質問集」の事前準備
どの交流会に参加しても、消極的になると、出会いの機会は少なくなります。
ガツガツとしろというつもりはありませんが、モジモジしていると、周りの方も挨拶をしにくくなります。

私もそうですが、士業の方の多くが「引っ込み思案」。
でも、それでは、人脈を増やすことはなかなか難しいので、交流会では勇気を持って、
自分から積極的に挨拶に行くようにしましょう。

そのために有効なのが事前準備。
1分間自己紹介シナリオ」や、名刺交換の際の「定型質問集」を
事前に準備しておけば、名刺交換したときの最初の3分ぐらいは、スムーズに会話ができるようになります。
3分話してみて、「この人とは合わない」と思えば、そこで挨拶を切り上げて、次の人に挨拶に行くという風にすれば、
自分の意中の人と出会える可能性が高まります。

士業にとって、役に立つ人脈の一つが「異業種の士業人脈」。
独立後に、同業の士業から仕事を依頼されても、来る仕事の多くは、
「下請け」か「手間のかかる割に報酬の少ない仕事」。
割のいい仕事は、自分でするからです。

しかし、異業種の士業から依頼される場合は、「将来的に顧客となってくれる仕事」と
なることが少なくありません。

そんな異業種の士業と良い関係を構築できる場が、「セミナー」や「勉強会」なのです。
セミナーや勉強会のテーマに興味を覚えて参加する人たちというのは、同じような価値観を持っています。
同じ価値観を持っている人どうしなら、懇意になるのも難しくありません。

だから、セミナーや勉強会には積極的に参加されることをお勧めします。

「融資に強い専門家になりたい」といういろいろな専門家が集まるセミナーです。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 10月21日(金)、24日(月)、25日(火)、31日(月)、11月1日(火)、2日(水)
 
(大阪) 10月18日(火)、19日(水)、26日(水)、11月9日(水)、10日(木)、11日(金)
 
※11月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【独立を考えている士業が、「今」しておくべきこと】シリーズ 好評連載中
●(7)撤退基準を決めておく
●(6)異業種交流会は役に立たないか?
●(5)ネットで顧客を獲得できるというのは幻想?
●(4)独立前にあらかじめやっておけばよかったと思うこと
●(3)新規客を獲得したい士業が身につけておくべき知識
●(2)独立したばかりの士業の現実
●(1)独立を考えている士業が、「今」行っておくべきこと

ネットで顧客を獲得できるというのは幻想?        【独立を考えている士業が「今」行っておくべきこと(5)】

9月27日ネットで顧客を獲得できるというのは幻想

あなたの周りにネットで集客できている士業は何人います?

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
最近、「融資に強いFP・士業セミナー」に、
近いうちに独立を考えています
という士業の方の参加が増えてきました。
独立に際して、あらかじめ「強み」を作っておきたいとのことです。

そういった受講者に対し、50分間の無料コンサルティングを行っています。
その無料コンサルティングの中で、必ず尋ねるのが
独立したあと、顧客を獲得するためにどういった手段を考えていますか?
という質問です。

その質問に対し、かなり多くの方が、
インターネットで集客しようと思っています
と言われます。

「その他の集客方法は?」
と聞くと、
「今のところ、ネットで集客ぐらいしか思いつきません」
と答えられることが少なくありません。

巷では、多くのホームページ作成業者が、
「インターネットで顧客がどんどん獲得できます」
みたいな広告を少なからず見ます。

私の周りでも、そういった業者にホームページの作成を依頼されますが、
「顧客がどんどん獲得できた」
という話は、ほとんど聞きません

確かにネットでどんどん集客できている士業の方もいらっしゃることはいらっしゃいますが、
そういった方は、自分でサイトをこまめに管理されています。
そういう方に話を聞くと
サイトを作っただけでは、集客は難しい
と言われます。

「ネットで顧客を獲得するためには、継続的な情報発信やサイトの更新、
最新のSEO対策を実施するといったような、こまめなメンテナンスを行う必要があります。
どれほどすばらしいサイトを作ったとしても、最初は何人かの顧客を獲得できるかもしれませんが、
作ったきりにしてしまうと、長期的に顧客を獲得するのは難しいでしょうね」
と言われていました。

ホームページがあれば顧客が獲得出来るというわけではありませんが、
なければ、獲得出来るはずの顧客は逃げていきます

知り合いからの紹介で、紹介された専門家に依頼しようと考えた場合、まず、どんな人であるのか、
ネットで調べます。
そのときにホームページがなかったり、あっても、しょぼいものだったりすると、その専門家に
依頼しようとする気はなくなります。

だから、ホームページは必ず作っておく必要があります。

でも、どんな業者を選べばいいの?
という疑問が出るでしょう。

先日、志師塾の五十嵐和也さんのメルマガで、
ホームページ制作会社の見極め方
という話が書かれていました。

それによると、なぜなら、ホームページ制作会社には「マーケティングタイプ」
「デザイナータイプ」の2タイプあり、
その使い分けをしていないと、上手くいかない
とのことでした。

五十嵐さんは、
Webでお客様を獲得したいのであれば、「マーケティングタイプの会社」に依頼しなさい
と言っています。

では、どうやって「マーケティングタイプの会社」を見極めればいいのでしょうか?
それを見極めるための質問があるそうです。

その質問とは・・・。
詳しくは、五十嵐さんのサイトをご覧下さい。↓
http://gimlet-ex.jp/Lha1812/1s21

結局、何が言いたいのかと言うと、
ホームページを作っただけでは、顧客をどんどん獲得するのは無理!
ということなのです。

ホームページは最低必要源のインフラであって、それに集客を頼り切るようなビジネスモデルを
作ってしまうのは危険なのです。

だから、独立前には、ネット以外の集客手段も最低10個は考えておきましょう

独立を考えているのであれば、ネットに頼らずに顧客を獲得する手段を持っておいた方がいいでしょう。
有効な手段としては、
「強み」を決めて、それをアピールすること。

その「強み」が経営者にとって、魅力的であればあるほど、自分の存在を知ってもらうだけで、
見込み客からの相談は集まります。

経営者にとって魅力的な「強み」となる「融資に強い専門家」になるノウハウを獲得出来るヒント
手に入ります。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【独立を考えている士業が、「今」しておくべきこと】シリーズ 好評連載中
●(7)撤退基準を決めておく
●(6)異業種交流会は役に立たないか?
●(5)ネットで顧客を獲得できるというのは幻想?
●(4)独立前にあらかじめやっておけばよかったと思うこと
●(3)新規客を獲得したい士業が身につけておくべき知識
●(2)独立したばかりの士業の現実
●(1)独立を考えている士業が、「今」行っておくべきこと

独立前にあらかじめやっておけばよかったと思うこと 【独立を考えている士業が、「今」行っておくべきこと(4)】

9月13日独立前にあらかじめやっておけばよかったと思うこと

あのことさえ知っておけば、軌道に乗るまでの時間が短縮できたのに・・・

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
独立してすぐに軌道に乗ったという士業の方の話はあまり聞きません。
もちろん、そういう人もたまにいるのですが、ほとんどの方は、最初は苦労されています

そんな、独立直後の苦労話を聞かせていただくことが多いのですが、今回は、
独立を考えている士業のために、彼らが、独立後に思った
独立前にあらかじめやっておけばよかったと思うこと
について、ご紹介させていただきます。

お客様を3名以上は作っておくことかと思います。
独立してからお客様を作るのは、精神的につらいと思います。

固定費をできるだけ減らす策をとっておくことでしょうか。
僕は精神的に辛いのは我慢できても、我慢のしようのない資金不足は仕事以外にも家庭にも影響でますので…

手元資金の確保でした。
貧すれば鈍すだと思います。
上記に加えて最低限の会計知識と人脈作りと英語力でしょうか。
会計知識以外はできてなくて苦労いたしました^^;

ホームページを作っておくことです。
独立すると1日1日がノルマです。月収30万円からとしても、毎日一万円。
ホームページは業務内容、自社案内、代表者経歴がつまっており、またすぐに準備できないので、
いろんな意味で作っておきたいです。

もっともっと自分を知る、観察することです。
自分の才能や得意なことが、どれだけあるのかを、観ていくことです。
才能が独立しようとする分野だけではない場合が多いと思います。
複合的に合わせ技で独立する方法も模索出来ますしね。

額が小さくてもいいので、固定で売り上げが上がる仕掛けを1つは持っておくことかと思います!
ひと月、売上0円の時がありましたが、精神的にきつかったです。

資金力、一気にアクセルを踏み込むための体力と気力かな~と振り返ってみると思いました。
この3つは、ずっと必要かと思います。あとは、みなさんがおっしゃっているとおり、
顧問先さんなりがあると違うと思います。
ちなみに私の開業当初は4件+アルファといった具合でした。

私も勢いで退職しそのまま起業したクチです!
集客の仕組みと食べていけるぐらいの顧客がいると変な焦りがなく、仕事に注力出来ると思います!

やはり人脈でしょうか?
それも県や商工団体とのパイプです。私は、挨拶まわりをしたタイミングが良く、
そこから少しずつ実績が出てきました。
もちろん、強み(自信を持てる領域など)のPRは必須ですね。

自分の得意なことを明確にすることでしょうか。
スポーツ、趣味、知識などなど。自分が専門家として起業することは、出来て当たり前ですし、
何で差別化するのかは、そこに活動のエッセンスがあると思います。

身辺整理はしっかりとしておきましょう。
「離婚」・「結婚」ほ独立前後には避けましょう。ほんまに大変ですよ

街ごとに安心してアライアンスを組む方やクライアントを連れて行けるお店を知っておくこと。
そうすることで、いろいろとスムーズにお話ができますね。

借入出来るだけの自己資金の準備と1件でもいいので顧客を持っておく事です。
私の場合は、機動力を高めるため独立後まもなく正社員を雇用しました。その際、公庫で借入をしましたが、
自ら事業計画書を作りプレゼンした経験は、その後の仕事にも大変プラスになりました。

ご参考になりましたでしょうか?

独立してから、軌道に乗るまでの期間を短くするためには、先達の苦労話はとても参考になります。
自分の周りの独立されている士業の方々に対して、
「独立した直後の苦労話」
を積極的に聞いてみませんか?

それだけで、独立開業が成功する可能性が高まりますよ。

独立前にやっておけばよかったことの第1位は、
強みを作っておくこと
でした。
それも、
経営者が魅力を感じてくれる強み
です。

そんな経営者が魅力を感じてくれる強みを身につけるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【独立を考えている士業が、「今」しておくべきこと】シリーズ 好評連載中
●(7)撤退基準を決めておく
●(6)異業種交流会は役に立たないか?
●(5)ネットで顧客を獲得できるというのは幻想?
●(4)独立前にあらかじめやっておけばよかったと思うこと
●(3)新規客を獲得したい士業が身につけておくべき知識
●(2)独立したばかりの士業の現実
●(1)独立を考えている士業が、「今」行っておくべきこと

自分の武器を磨く

katana

あなたは、得意分野のアップデートを怠っていませんか?

ネクストフェイズスタッフで社労士の吉竹です。

私は、採用に強い社労士として活動しています。
おかげさまで、そういいまわっているだけで採用支援のお仕事や
先日は、業界団体の大会の講演のお仕事までいただきました。

そんな私ですが、この前の土曜日に採用関連のセミナーに参加してきました。

正直なところを話すと、朝起きて、
「土曜なのに他にも仕事あるのにちょっとめんどくさいな」
と思っていました。
「採用で今でもそれなりに仕事があるし、新しいことが手に入るのかな?」
とも思っていました。
(講師の先生は私が尊敬し、お世話になり、かつ大好きな方。先生、ごめんなさい)

お金も払った後だったので参加したのですが、
目からうろこの連続で本当にとんでもなくすばらしいセミナーでした。

採用に自信がありますので、こんな話、私が聞いたらすぐにでもお客さんがとれる!
そう思いました。

自信があっても常に新しい情報を仕入れていくって大切なんですね。

実は、私は以前にもこんな経験があり、
「模擬面接館研修」というのを受けたことがあります。
当時で、300人以上の模擬面接を実際にやったことがあって、
当日、会場に向かう道で、「どうせいっても大したことないんだろうなぁ」
と思っていたのですが、これも目からうろこの連続!

ちなみに、その研修で代表で模擬面接のロールプレイングをして、
「こんなにいい代表のロープレは初めて」と先生に褒められました。

自分の強みが強化されていくのを実感していました。

今ある強みを伸ばす、そのために新しい情報を仕入れたり、別の角度から補強する。
これってとても大事なことだとおもった土曜日のできごとでした。

このセミナーもきっと、あなたの強みを強化するのに役立つと思いますよ。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 9月6日(火)、7日(水)、27日(火)、28日(水)、29日(木)、10月3日(月)
 
(大阪) 9月20日(火)、21日(水)、22日(木)、10月11日(火)、12日(水)、18日(火)
 
※10月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

西守正希税理士インタビュー【4】「創業支援・コンサル型の税理士、生き残り方法は?」

IMG_6785

東京都豊島区で開業している税理士、西守正希さん(37歳)。
当初から創業支援を大きく掲げ、順調に業績を伸ばしておられます。
独立3年目ながら、そのビジネスモデルや事務所経営手腕の、まあ見事なこと。
開業前から固めていたビジョン、気になる料金体系、人材採用の試行錯誤、
職員さんの給与システム(驚き!)など、細かくお尋ねしてきました。
聞き手は、ネクストフェイズ編集部です。
ところどころ、同席していたネクストフェイズ代表・東川も入ってきますよ。

というわけで、
推定全国100万人の士業インタビューシリーズファンのみなさま、
前回掲載から長らくお待たせしました。
今回もいつもと変わらず、5回連載でお送りします。

西守正希さんプロフィールはこちら

【もくじ】
第1回 創業者に月額3万も4万も請求できない。だから…
第2回 会計事務所の料金表に、柔軟性を
第3回 会計事務所の人材採用、工夫のしどころ
第4回 創業支援税理士に必要な「法人税務以外」の知識
第5回 若手税理士におすすめ!顧客獲得の具体策
*****************************************************************************

第4回 創業支援税理士に必要な「法人税務以外」の知識

西守 どの業界にもそういう一定の傾向はあると思うんですけど、税理士なら6月、7月、あと、税理士試験明けの9月。さらに、合格発表後の12月、1月あたりの募集かな。とはいえ…。

―― とはいえ?

西守 年末が近づくにつれて、優秀な人材は少しずつ減ってきます。すぐ繁忙期が始まりますから、動けなくなっちゃうんですよ。

―― それも要チェック項目ですね。みなさーん、優秀な人材確保は、なるべく秋までに!

西守 私の事務所は創業支援をメインにしていますが、創業支援とひとくちに言っても、必要な能力は幅広いですしね。

―― そこで西守さんの強みというか、特長がフォーカスされますよね。たとえば創業支援を看板に掲げる税理士さんはほかにもいらっしゃるでしょうけれど…。

西守 ええ、これは以前務めていた税理士法人で学んだことなんですけれど…。あのう…(しばらく考えて)…、私、法人の税務だけができる税理士では、創業支援はできないと思っているんですよ。

―― 法人だけでは、税務だけでは。

西守 たとえば法人成りするにあたって、設立の登記が必要になるじゃないですか。となると、登記の知識も必要ですよね。また、「人を採用する」「役員報酬を出す」「社会保険に加入」「雇用保険に加入」となると、労務の知識も絶対に必要です。

―― たしかに。

西守 もちろん個人の税務にも精通していないと。たとえば個人事業主のお客さまからのご相談で、「法人化するのに、どのタイミングがベスト?」と尋ねられることがけっこうあるんです。そこでですね…。

―― はい。

西守 たとえば、たとえばの話ですよ。あくまで例ですが、あまりその分野に詳しくない税理士さんだと、「法人化してもらった方が顧問報酬も高くなるし、よくわからないけど法人化を薦めちゃおう」…というケースだって考えられますよね。

―― ああ…。

西守 もちろん私の場合は、個人の方がその方にとって有利なら「個人のままで」という提案をしますし、その判断をしていただくための材料や条件をお出しするんですが、そのためには勉強が必要です。

―― なるほど。

西守 もちろん補助金にも詳しくありたいと思っていますし。

―― 補助金は種類も多いですしね。

西守 また、私はFP資格も持っているんですけど、ファイナンシャルプランニングの知識がないと、たとえば税金面だけじゃなくてトータルで考えたライフプランの中で、いま行おうとしている処理が適切かどうか判断もできませんよね。

―― FP資格まで。

西守 さらに、これは創業支援の後の話になりますが、将来的には相続税や資産税関係などの知識も必要になってきます。つまり、ひとりのお客さまとおつきあいするということは、入り口は創業支援であっても、幅広い知識を持っている人間じゃないと務まらないなというのは感じています。そうでなければ、お客さま個人個人にとって、また、その時期その時期に応じた、適切なアドバイスができないと。

―― トータルなサポート力ですね。

西守 「創業支援でいこう」と決めた以上は、そこに少しでも関わることなら、知識もスキルもすべて身につけていきたいなと今も思っています。だからこそ、ネクストフェイズの融資セミナーに参加したんです。

東川 ありがとうございます(笑)。

西守 こちらこそ! 去年でしたか、まだ知識も経験も不十分だったとき、ネクストフェイズの融資セミナーで勉強させていただいて、本当によかったなと感じています。

IMG_6695
●西守「高校時代までゲーム開発の仕事に就きたいと考えていました。クリエイターに憧れていたんです。
でも税理士だって、とてもクリエイティブな仕事ですよね。記帳して申告して、だけの時代じゃない」
東川「クリエイティブじゃないと、もう税理士はやっていかれへんよ。それより、どんなゲームしてたん?」
…その後ふたりは往年のゲームのディープな話へ…(編集はついていけず)

□ 最新情報は、専門メルマガ、Webサイト、そして「人」から

―― しかし創業融資にしろ補助金にしろ、制度がよく変更されますよね。汎用性の高い一般知識とは別に、最新情報はどのように得ておられますか?

西守 専門のメルマガが多いですね。それこそ、東川先生のメルマガとかで仕入れたり。

東川 ありがとうございます! ←うれしそう

西守 あとは、Webサイトです。日本政策金融公庫、区、銀行などのホームページを、つねにチェックすること。さらに…。

koko
●日本政策金融公庫のサイトはチェック必須!

西守 日本政策金融公庫、そして地元の信金さんの担当の方のなかに、けっこう仲よくさせてもらっている人がいるんです。そこで最新の融資制度や金利動向、お客さまにとってより有利となる融資のご提案などなど、さまざまな情報をいただくことができているんですよ。

―― 「人」経由。

西守 はい、「人」経由ですね。

東川 十分ですよね。ここまで最新情報を追っかけていける人、なかなかいないです。

西守 本当ですか。

東川 真剣に情報を追っかけていると、チェックすべきメルマガやWebサイトについて、ある程度、勘がつかめてきます。ここは有用、ここはイマイチとか。それに、公庫や信金さんの内部の「人」から得られる情報も貴重です。普段から僕も言うてますが、やっぱり金融機関と士業は仲よくしておきたいですよね。

―― 今もご自身の業務について勉強熱心で、また同時に事務所の経営という大きな視点でもお仕事されている西守さんがですね…。

西守 まだまだですって(笑)。

―― いえいえ、そんな優秀な西守さんが(笑)、これから独立しようとしていたり、独立間もない税理士さんに、「これ、やっとくといいよ!」と具体的にアドバイスするとしたら?

西守 うーん、具体策ということでいえば、おすすめは、セミナーですね。

―― セミナー? ぜひ詳しく教えてください!

(第5回につづきます)

*****************************************************************************
西守正希税理士インタビュー <全5回>
「創業支援・コンサル型の税理士、生き残り方法は?」

【もくじ】
第1回 創業者に月額3万も4万も請求できない。だから…
第2回 会計事務所の料金表に、柔軟性を
第3回 会計事務所の人材採用、工夫のしどころ
第4回 創業支援税理士に必要な「法人税務以外」の知識
第5回 若手税理士におすすめ!顧客獲得の具体策
*****************************************************************************

☆西守さんが実際に手がけた融資事例を、融資コンサルタント協会サイトにアップしています。ぜひあわせてご覧ください。
IMG_6684_nishimori
●融資コンサルタント協会→融資事例→「補助金の採択歴が…」