セミナー受講者を顧客にするための5つの方法

セミナー後のアンケートだけでは、受講者を顧客にはできません

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
「セミナーをしても、その後、顧客獲得につながらない」
と相談されることがよくあります。

どんなすばらしいセミナーを行ったとしても、その後、顧客獲得につなげるためのしくみが
なければ、成果にはつながりません。

セミナーを行って、受講者を顧客にするにはいくつかの方法があります。

1.受講者ともう一度会う機会を作る
2.受講者を「無料相談」に誘導する
3.セミナーの続きのセミナーや勉強会を準備しておく
4.メールマガジンを送り、関係性を細く長く持っておく
5.受講者が興味を持ちそうな情報を定期的にファックスDMで送る

今回は、このうちの
「受講者ともう一度会う機会を作る」
という方法についてお伝えします。

どれだけすばらしいセミナーをしても、受講者のほうから、
「もう一度お会いして話をお聞きしたいのですが」
と言ってくることは、ほとんどありません。
だから、もう一度会おうと思えば、こちらからアプローチする必要があります。

セミナーをしていると、どの人が熱心に聞いているのか、よくわかります。
熱心に聞いている方は、セミナーの内容に興味がある方なので、見込み客をなり得ます。
そういう方を何人か見つけておき、途中の休憩や、セミナー修了後に、
こちらの方から名刺交換に行くのです。

熱心に聞いてくれているからといって、向こうから名刺交換を来てくれるとは限りません。
確実にアプローチするためには、こちらから名刺交換に行くべきです。
受講者にすれば、講師の方から名刺交換に来てくれて、いやな思いをする人は一人もいません。
喜んでもらえます。

そして、名刺交換したときに相手の住所を見て、
「◯◯市◯◯町ですか?偶然ですね、この近くに、うちの顧問先があるのですよ。
来週、その顧問先を訪問する予定になっています。今日のセミナーの感想などを
聞かせていただきたいと思っているのですが、顧問先を訪問する際の前後にでも、
御社に訪問させていただいたらご迷惑でしょうか?」
と尋ねてみてください。

セミナーに強く興味を持っている方ですから、講師から、直接話を聞きたいと言われて、
断る人は、なかなかいません。
まして、「ご迷惑ですか?」と聞かれて、「ご迷惑です」という人も、なかなかいませんから、
ほぼ100%、承諾してもらえますその近所に顧問先がなくても、「顧問先があります」と言ってください。
受講者の会社を訪問するときの方便で構わないのです。

訪問した際には、
「今回、どういう目的でセミナーに参加されたのですか?」
という質問をしてください。

セミナー内容に関する経営課題を抱えていたために、受講したでしょうし、その経営課題を
解決するヒントが得られたので、興味を持って聞いてくれたのだと思います。
ですので、上記質問をすることで、その経営課題についての話題になります。

その話を深掘りしていくと、経営課題に関する具体的な内容を話してくれます。
その内容について、3つぐらいのアドバイスをします。
4つめのアドバイスをするときに、
「その内容につきましては、少し、調べる必要がありますので、
次回、お会いしたときにお伝えさせていただいても良いですか?
再来週に近くの顧問先に来る予定がありますので、その時にでも訪問させていただきます。」
と次のアポイントをとるのです。

そういったことを何回か続けますと、先方から
「あなたの顧問料はいくらぐらいなのですか?」
と聞かれることがよくあります。

そうなれば、顧客化に成功というわけです。

私自身が顧問先を獲得した効果的な方法ですので、一度、試してみてください。
少なくとも、セミナーをして、ただ待っているだけよりは、遙かに顧客を獲得できるようになりますよ。


セミナー受講者を顧客にするために重要なことは、受講者と何度も会うこと。 会う回数が増えれば増えるほど、講師に対する好意が深まりますし、 講師の知識・能力・人となりも理解してもらえます。 そんな受講者を顧客にするためのセミナー運営の方法についてのヒントが手に入ります。 ●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー   (東京) 10月6日(金)、9日(月)、10日(火)、19日(木)、20日(金)    (大阪) 10月12日(木)、13日(金)、27日(金)、28日(土)、11月9日(木)   ※11月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

こんな会計事務所に勤めていると危ない

10年後の顧客数と顧問料単価を考えてみたことはありますか ...

【年商1,000万円超え士業】の勉強会

年商1,000万円を超えた士業が、次に目指すのは、何なのか?...