無借金経営は、社長の「犯罪」

無借金経営を自慢している社長は、
その本当の「リスク」に気づていないのかもしれません。

こんにちは。ネクストフェイズの岸田です。

2017年12月17日のダイヤモンドオンラインに
「無借金は社長の“犯罪”!」という
インパクトの強いタイトルの記事が掲載されていました。


以前のブログにも書きましたが
「借入れは悪」と考えている経営者は実に多く、
地震など、不慮の事態が起きてしまった場合
現預金が底をついてしまうと、倒産に追い込まれてしまうという
リスクが高くなってしまうことに気づいてない方は
たくさんいらっしゃいます。

実際、私も
「ウチの会社は一回も借金をしたことがない」
「今年度も、何とか借入れをせずに乗り切ることができた」
と誇らしげに語る経営者を何度も聞いたことがあります。

今回、ご紹介している記事は、なぜ、数字のプロである
税理士や会計士が、借入れを勧めないかの
見解も書かれており、興味深いものとなっています。

士業が融資に対する正しい知識がない。
だから、顧問先には「借入れは悪」
と、アドバイスをする。

これは、経営者にも士業にもマイナスだと
いうことに、気づくべきです。

士業が融資の知識を身につけ、そのメリットを理解する。
だから、顧問先には「借入れは会社や社員を守るために必要」
とアドバイスをする。

こういう流れができれば、
顧問先は倒産リスクが下がり、安定的な経営ができる。
士業は、他と差別化を図り、専門知識を提供することにより
安定的に収入を得られるようになります。

弊社のセミナーでは、そのためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー


(東京) 12月26日(火)、1月8日(月)、9日(火)、10日(水)、16日(火)
   
(大阪) 12月27日(水)、1月11日(木)、12日(金)、24日(水)、25日(木)
  
※1月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

AIのおかげで士業の仕事は楽しくなる?

AIを脅威ではなく、味方と考えればいいのではないでしょうか。...

AI時代に消える人

今から、生き残り策を講じないと、 近い将来、仕事がゼロにな...