商工会議所にセミナー企画書を送っても読んでもらえません【新刊内容ピックアップ(3)】

商工会議所によばれたい講師が、行いがちな間違いですね。
  
こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
2月7日(水)に発売された、
【最新版 90日で商工会議所からよばれる講師になる方法】
http://www.npc.bz/book2/90days/
  
まだ、手に取っていない方のために、一部をピックアップして、紹介させていただきます。
3回目は、
「2-3 商工会議所に直接アプローチするいきなり企画書を送ってもムダ!」
です。

ここから、商工会議所へ直接アプローチする方法をお伝えします。 まず最初にお話ししておきたいのは、いきなり目当ての商工会議所等に企画書を送りつけるのは ムダだということです。 商工会議所の担当者がセミナーの企画を考える際、2つのパターンがあります。 ひとつは、担当者の頭の中に 「◯◯というテーマのセミナーを実施したい」 と、はっきり決まっているパターン。 このパターンの場合は、そのテーマで話せる講師を探します。 もうひとつは、担当者自身に具体的なアイデアはないが、何本かのセミナーの企画を 考えなければならなくなったパターン。 この場合、面白そうなセミナーテーマを探します。 どちらのパターンにせよ、講師を探す際に重視するのは、「話のクオリティ」です。 見ず知らずの講師からいきなりセミナーの企画書を送られても、 その人がどういう人柄かわかりませんし、その人が上手に話をするのかどうかもわかりません。 企画書を見ただけで、その講師のクオリティを確かめずにセミナーを企画・運営したところ、 とても不評で参加した受講者からクレームをつけられたという経験をもつ担当者は大勢います。 このため、企画書を送られたとしても、講師の話のクオリティがわからない以上、 そのままスルーしてしまうことが多いのです。 担当者の頭の中で開催したいセミナーのテーマがはっきりしているときに、 送られてきた企画書が自分の考えるセミナーテーマとぴったり合致した場合、興味を持ってくれます が、そんな幸運は確率的にとても低いと言わざるを得ません。 相手にとってあなたは全然知らない人、実績の信憑性が確認できず、クオリティも確認できない。 そんな人物から送りつけられたセミナーの企画書が好意的に受け取ってもらえるワケがありません。 だから、いきなり企画書を送りつけてもムダなのです
商工会議所にセミナー企画書を送っても読んでもらえないのであれば、 どのようにして、自分のセミナー企画を売り込んでいけばいいのか?」 という疑問にお答えすべく、   【最新版 90日で商工会議所からよばれる講師になる方法】 http://www.npc.bz/book2/90days/ を執筆しました。 そして、今回の発売に当たって、 【商工会議所から何度もよばれるセミナー企画の作り方】 という記念セミナーを行い、動画にしました。 「商工会議所によばれる講師になりたい」 「一度だけではなく、何度もよばれるようになりたい」 と望まれている方にご覧いただけたら幸いです。 【商工会議所に何度もよばれるセミナー企画の作り方2018/動画&テキスト】 https://npcstore.jp/SHOP/V001.html 価格 7,020円 時間 約100分

関連記事

経営者のための商工会・商工会議所150%トコトン活用術

これ1冊で、商工会・商工会議所のことが、よくわかります。 ...