いつ企画書を出せば、採用される確率は高まるか【商工会議所からよばれる講師になる方法】

出すタイミング一つで、採択確率は大幅に変わります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
商工会議所でのセミナーが行われる繁忙期は、6月から11月。そして、2月~3月。
だいたい4月初旬ぐらいに人事異動があり、しばらくはバタバタしているため、
4月・5月は、あまりセミナーをしません。

また、12月、1月は、年末・年初と慌ただしいため。やはり、セミナーは少なくなる傾向にあります。
なので、6月から11月にセミナーが集中する傾向があります。
2月から3月にかけては、セミナー予算の消化がしきれていないため、駆け込み寺的に、
セミナーを集中して行ったりします。

そんなセミナーの計画をいつ立てるかというと、だいたい、1月~3月ぐらいに立案しています。

なので、商工会議所に対して、セミナー企画の提案をするのであれば、12月から2月ぐらいにするのが、
採用される確率を高めることができます。

かといって、面識もない商工会議所にいきなり訪ねていって
「セミナー企画を作りました。どうか採用してください」
と言っても、相手にしてくれないというのは、以前から何度もお伝えしました。

セミナーの企画書を検討してもらうためには、まず、担当者との人間関係を構築しておく必要があります。
関係構築なしには、企画書を提出しても、そのまま、ゴミ箱行きになるだけです。

担当者との関係構築をするには、最低でも4回は会う必要がありますし、そのために3ヶ月程度の時間は
かかります(場合によっては、それ以上の時間を要するかもしれません)。
そこから逆算すると、商工会議所へファーストアプローチをするのに、
一番良いタイミングは、7月~9月になります。

その時期はちょうど、セミナーの繁忙期でもありますので、まずは、受講者として参加し、名刺交換する。
間を空けないうちに、何度かセミナーに参加することで、顔を覚えてもらえます。
そこから、担当者と会話ができるようになれば、良い関係づくりにもっていくのは、
そんなに難しくありません。

今、すごく良いセミナー企画ができたとしても、すぐに持ち込むのではなく、まず、関係構築から。
そのために、今から企画書を作っておき、3ヶ月かけてブラッシュアップすることで、
採用されやすい企画書にすることができます。


今、商工会議所から、とても求められているテーマの一つに 「事業承継」 があります。 ただ、この「事業承継」セミナーは、10年前から、頻繁に行われているセミナーなので、 今までのような切り口では、なかなか採用してもらえません「スモールM&A」を切り口にした「親族内承継」以外の切り口を提案すると、 商工会議所の担当者は、食いついてくることが少なくありません。 そんな「スモールM&A」に関する基礎的な知識・ノウハウが手に入ります。 『事業承継に強い士業になるための 【スモールM&Aノウハウ】入門講座』 https://peraichi.com/landing_pages/view/smallmanda 【 日 程 】2017年8月30日(水)18:00~20:30(開場 17:30) 【 会 場 】サニーストンホテル<江坂>北館「松の間」        地下鉄御堂筋線「江坂」駅 7番出口より徒歩2分 【 参加費 】7,020円(税込)

関連記事

商工会議所が必ず行う「鉄板ネタ」のセミナーテーマ

鉄板ネタを持っていれば、何年間は食いっぱぐれがないです。 ...

士業やコンサルタントも創業塾に参加してもいいか?

まずは、受講者として参加し、商工会議所の担当者とのパイプをつ...