一日で【経営革新等認定支援機関】として登録するためのワークショップを開催します。

東京:限定15名、大阪:限定9名となります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
みなさんもご存知だと思いますが、
「ものづくり補助金」や「創業補助金」を申請するためには、
「経営革新等認定支援機関」(以下、「認定支援機関」と書きます)の押印が必要になります。

また、2千万円までは「無担保・無保証人」で借りられる、日本政策金融公庫の
「中小企業経営力強化資金」も、「認定支援機関」のサポートが必須要件になっています。
「認定支援機関」になれば、中小企業支援できる幅が広がります。

税理士や弁護士なら、申請するだけで認定支援機関になることが出来るのですが、
それ以外の士業やFP、コンサルタントにとっては、認定支援機関になるためには、
とても高いハードルがあります。

今までは、「経営革新計画の承認支援」を3件以上しなければいけませんでした。
経営革新計画書の申請書は9ページ以上あり、結構、手間がかかります。
しかし、昨年7月から「経営力向上計画の認定支援」を3件するのでもOKということに
なりました。
「経営力向上計画」の申請書類は実質2枚。
1日で完成できる分量です。

自分の「経営力向上計画」を作ることができれば、あと2人の作成支援をするだけで、
【認定支援機関】の登録申請ができるようになります。
19日間の講習も、125,000円の費用も要りません。

そこで、今回、「【認定支援機関】の登録をしたいが、なかなかその時間がとれない」
という士業・FP・コンサルタントの方を対象に
【経営力向上計画作成ワークショップ】
を開催します。
この【経営力向上計画作成ワークショップ】に参加するだけで、
1日で【認定支援機関】の登録申請の準備ができるようになります。

具体的には、
① 「経営力向上計画」の作成方法を学ぶ
② 自分の「経営力向上計画」を作成する
③ 他の受講者2人以上の「経営力向上計画」の作成の支援を行う
④ 【経営革新等認定支援機関】登録申請書を準備する
という作業を1日で行います。

実際に、他人の「経営力向上計画」の策定を支援すれば、「支援実績」になりますので、
登録要件を満たすことができます。

「経営力向上計画」を作るのは、そんなに難しくありません。
経営者のサポートに慣れている士業・FP・コンサルタントであれば、自社の「経営力向上計画」は、
2時間もあれば完成します。
それに、作成支援してくれる仲間がたくさんいますので、結構簡単にできると思います。

【経営力向上計画作成ワークショップ】詳細

<日 時>
(大阪)平成29年5月 2日(火) 10:00~18:00
(東京)平成29年5月22日(月) 10:00~18:00

<場 所>
(大阪)株式会社ネクストフェイズセミナールーム
(東京)katana汐留オフィス

<参加費>
正会員:54,000円
準会員:108,000円
非会員:162,000円

<申込方法>
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=364778
にアクセスし、必要事項を記入の上、送信ください。
送信後、参加費の入金をお願いします。

<定 員>
(大阪)  9名
(東京)  15名

<カリキュラム>  
1.「経営力向上計画のつくりかた」セミナー   1時間30分
2.「経営力向上計画」作成ワーク1(個人ワーク) 1時間30分
3.経営力向上計画」ブラッシュアップ(グループワーク) 1時間30分
4.「経営力向上計画」作成ワーク1(個人ワーク) 1時間30分
5.経営革新等認定支援機関の申請のしかた 1時間

本気で【認定支援機関】に登録したい方の参加をお待ちしております。

関連記事

効果を出せるHPを制作できる業者の選び方

「HPを作れば、集客は楽勝です」と言っている業者は、要注意!...

セミナーで参加者をクライアントにするためのポイント

セミナーもやり方次第で、立派な顧客獲得ツールとなります。 ...