富井禎文行政書士インタビュー【3】「行政書士×金融機関、仲よくなるコツは?」

東京都葛飾区に事務所を構える行政書士、富井禎文(とみい・よしふみ)さん(54歳)。
20年以上も勤務した資産家向け相続対策専門コンサルティング会社を辞め、
2013年、50歳のとき、行政書士資格の取得後すぐに独立開業しました。

長年の経験を活かした不動産関連を中心とする業務には、
金融機関との連携が必須だと、独立当初から考えておられたそうです。
そこから「士業と金融機関の連携」を推進するネクストフェイズとご縁が生まれ、
今回のインタビューにつながりました。

実際に金融機関から顧客の紹介を受けている富井さんから、
毎月実践しておられる金融機関への訪問の詳細、リアルな集客方法、
行政書士ならではの事情を踏まえた若手のみなさんへのアドバイスなどをお聞きし、
いつものように5回連載でお届けします。

聞き手はネクストフェイズ編集部ですが、
今回も取材に同席していたネクストフェイズ代表・東川がときどき発言しています。

富井禎文さんプロフィールはこちら

富井禎文行政書士インタビュー <全5回>
「行政書士×金融機関、仲よくなるコツは?」
【もくじ】
第1回 銀行訪問は月に1日、9店舗まとめて
第2回 士業との連携を求め始めた金融機関
第3回 金融機関訪問を継続させるポイント
第4回 集客はWebじゃなく、リアルで
第5回 行政書士よ、事務所を出よう
*****************************************************************************

【第3回】金融機関訪問を継続させるポイント

東川 継続といえば、ある士業さんから、こないだ銀行訪問についてこんな相談を受けたんです。 富井 どんな内容ですか。 東川 その士業さん、ある金融機関の人と知り合いになって、そこの支店長に会えるように紹介を頼んだんです。でも思うように進まへんかったらしくて、その活動やめてもうたっておっしゃっるんです。しかし、その方は1つの金融機関、1つの支店しかトライしてはらへんのです。百発百中を狙うから、すぐあきらめてしまうんですよ。富井さんなんて、事務所から歩いて行ける範囲のすべての金融機関、支店で言うたら19件ですよ。 富井 そのとおりです。5件しか訪問してなかったら、0勝5敗する可能性も、ないではない。全敗では、さすがに心折れると思うんですよ。でも19件行けば、2件や3件は話を聞いてくれたりするから、それを喜びにして「もう1回ココに行こう!」と思わないと。 ―― とにかく数を多く、そして継続することだと。 富井 そう、継続すると決めること。1回休むと次が行きづらくなるんです。だいたいみなさん、毎月訪問しようと最初は決めるんだけど、途中で1回休んだりすると、次、行けないんですよね、なかなか。 東川 継続している間は、継続のパワーが出ますもんね。 富井 ええ、1回休むと「こないだ1回休んじゃった」という記憶が残って、また次も休んじゃうということになっちゃうんですね。休みグセがついちゃうので。 ―― しかも銀行訪問は毎月第2週か、第3週か、その期間だけですよね。 富井 そうです、期間限定なんですよ。私は、月初には訪問日を決めています。その日はもう、空けておく。 ―― 何日も費やすわけじゃないですし。 富井 はい、月に1日だけ。やろうと思えば大変ではないんですよ。そういう意味ではね。 ―― 火、水、木曜がおすすめ? 東川 月、金は、どっちかというと避けといたほうがいい。 富井 あと、10日と15日を外せば

●「私の仕事例ですか? たとえば葛飾区のご高齢の方。配偶者から相続した他県の家屋を売却したいと思っても、 自分で現地の不動産屋さんに頼めます? たとえ頼めても、どこまで親身に対応して、売る努力をしてくれるか…。 でも私は自分の知識や経験を総動員して、最良の答えを出す。机上の理論だけではなくて、実現する、結果を出す。 そこが、この仕事の魅力です。はい、好きな仕事です(富井)」

□ すぐに結果を求めない ―― 最初は「行政書士って何する人?」という説明から始め、毎月、1回も休まずに通って。 富井 大事なのは、成果を急がないこと。「すべてがうまくいくとは思わない」という心がけです。何かやるときって、すぐ結果が出ないと嫌だという方が多いけれど、2回・3回やってみて成果が出なかったらみんなやめちゃうわけですよ。そのくらいの回数で結果を出すのって、無理に決まっているから。 東川 僕もよくセミナーで、最低でも4回は会わんとアカンと言うてます。4回会うまでは、自分を売り込んだらアカンって。 富井 なかなか、そこまでできないんですよ。それが、訪問が続かない理由なんですけどね。 東川 逆に言うたら、そこ乗り越えることができたら大丈夫。だってほかにそこまでやる人間はいてへんから。 富井 そうそう。「やったもの勝ち」って、そういうことですよ。 東川 もったいないなあと思うけどね。ホンマに仕事がないんやったら、銀行訪問してみたらいいですよ。  □ 自分をサボらせない工夫 ―― そういえば富井さんは、東川に毎回、銀行訪問のご報告をくださるとか…。 富井 それ、「自分をサボらせないように」ですよ。「毎月ネクストフェイズの東川さんに報告する」と決めてしまえば、やらざるを得なくなるから。だってカッコ悪いじゃないですか、途中で報告やめるのって。 ―― 「あれ、今月は富井さんからご報告がないなあ」って(笑)。 富井 ということになっちゃうでしょう?(笑) そうしないためには行くしかないんです。とくに最初の頃は、そういう気持ちでした。 ―― 実直で律儀な方だと思っていたら、まさかそんな理由だったとは(笑)。 富井 だって何のために銀行訪問するかといったら、成果を出すためでしょう? 成果を出すためには、回数を重ねて行かなきゃいけないと思っているんだから、それを続けるにはどうするか、なんです。 東川 でもそれはね、確信がないとできないことですよ。やり続けていたら絶対結果が出るという強い確信がないと、大概の人は心折れてしまうんですよ。 富井 不安ですからね。本当にこれを続けていて成果が出るんだろうかって思いながら活動するのは、なかなかつらいところがあると思いますね。でも自信を持つしかない。だって「この分野がだめだったから、はい次」という状況ではないんです。絶対やるんだ、というのが前提。正直、つらいとこだってあるし、心が折れそうなときもありますよね。でも、プラス志向で考えていくしかないので。 ―― そこで、こうして人と会う、リアルな営業をなさっていると。 富井 そうそう、リアルといえば私の広告も…。 ―― えっ、富井さん、広告を出しておられるんですか?

(第4回につづきます)

***************************************************************************** 富井禎文行政書士インタビュー <全5回> 「行政書士×金融機関、仲よくなるコツは?」 【もくじ】 第1回 銀行訪問は月に1日、9店舗まとめて 第2回 士業との連携を求め始めた金融機関 第3回 金融機関訪問を継続させるポイント 第4回 集客はWebじゃなく、リアルで 第5回 行政書士よ、事務所を出よう *****************************************************************************

関連記事

銀行員には紹介を依頼してはいけない 【銀行に嫌われる士業の7大NG (4)】

これをすると、まず、避けられるようになりますね。 こん...

優秀な銀行員を見分けるためのチェックリスト

担当者の善し悪しで、借りられる確率は大きく変わります。 ...